株式会社デンロコーポレーションデンロコーポレーション

株式会社デンロコーポレーション

鉄塔事業/プラント(産業機械)事業/めっき受託加工事業
業種 機械
金属製品/建設/鉄鋼/プラント・エンジニアリング
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

鉄構技術本部 設計部 設計第一課(東京)
久保 允人
【出身】愛媛大学  工学部 環境建設工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鋼構造物の設計。主に送電線・無線鉄塔等をCADを使用し作図しています。
主に鉄塔(送電用・無線通信用)等の作図・現地調査を行っています。新規に鉄塔を設計・作図するだけではなく、現在建っている鉄塔の改造(補修・補強)を行うために、現地に出向し鉄塔に昇って実測をすることもあります。また、最近では地震や地すべりなどの自然災害が多いため、影響を受けた鉄塔の緊急の対策などに出向することもあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社2年目からの出張で全国制覇目前!!
入社2年目から配属された設計課では、CADで図面を作成する他に、現在建っている鉄塔の改造(補修・補強)を行うため、現地に出向き鉄塔に昇って作業します。『百聞は一見にしかず』と言いますが、実際に自分が作図しているものを目で確かめることができます。工事業者の人と一緒に作業することもあるため、設計ではわからない知識(現地での建て方など)を教えてもらい、非常に勉強になります。鉄塔は全国にあるので、配属されてから足を踏み入れたことがない県は、あとわずかです。高所に昇って作業するという危険が伴う仕事ですが、それ以上に多くの地域へ出向き、いろいろな人と出会うことができるという魅力があり、自分の世界が広がります。仕事だけではなく、いろいろな土地の風習や人との繋がりができるので、この仕事が好きです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 週休2日制で、私生活(打ち込んでいたサッカー)を充実させたかったから!
就職活動で重点を置いていた項目は、土日が休みという点です。というのも、大学でサッカーをしており、社会人リーグにも参加するほど打ち込んでいたからです。今は体力的に昔ほど出来なくなったのと、より仕事が充実してきたので、サッカーより仕事に打ち込んでいます。(笑)働くときは働き、休みにはしっかり好きなことをやる、このメリハリある切り替えが相互に好影響を与えていると感じます。社内の先輩・後輩は仲が良く話しやすい関係ですね。出張やアポイントで外出する時は、食事に行くなどさらに親睦を深めて親密になることができるのも当社の良いところですね。
 
これまでのキャリア 工場実習(1年間)→鉄塔設計(現職・14年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、これからの人生の中で1番大切になる活動の一つといってもいいです。1日の生活の中に占める割合の半分以上は、今まさに活動している企業で過ごすことになります。自分が一体何をしたいのか(ものづくり・企画提案等)よく考えて活動してください。

株式会社デンロコーポレーションの先輩社員

送電用の高圧電線を支える鉄塔の強度設計

鉄構技術本部 技術部 技術第二課
表 宏樹
大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 マテリアル科学コース

お客様から依頼を受けた鉄塔に関する調査・研究

鉄構技術本部 技術開発課
島原 由利江
京都大学大学院 工学研究科 分子工学専攻

鉄塔のメンテナンス(人間でいう医者みたいなもの)をしています。

鉄構技術本部 タワーソリューション部 タワーメンテナンス課
西村 昌宏
鳥取大学 工学部 土木工学科

鉄塔製作の品質管理

鉄構部門 鉄構品質部
後藤 光晴
いわき明星大学 理工学部 機械工学科

鋼構造物の製作管理(工場管理監督者)

鉄構部門 東北工場
中森 研治
広島大学 工学部 第4類 システムエンジニアリング課程

溶融亜鉛めっきの表面改良全般の研究開発

特殊技術開発・推進本部 特殊技術開発第一課
柴田 素子
岩手大学 工学部 応用化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる