株式会社アド近鉄アドキンテツ

株式会社アド近鉄

総合広告代理店、鉄道系媒体社、ハウスエージェンシー
業種 広告
設備・設備工事関連/建設/その他サービス
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

交通広告事業本部 販売オペレーション第一部
黒田 春奈(28歳)
【出身】近畿大学  文芸学部 文化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 営業担当者と鉄道会社との橋渡し
営業部門から問い合わせがあった際に、広告枠への掲出予約の申込受付から実際に掲出されるまでの後方支援や空枠の管理等を日々行っています。
広告の掲出場所が公共交通機関であることから、鉄道広告の掲出には各鉄道会社と取り決めた場所のルールや広告表現(意匠)についてのルールがたくさんあります。営業部門と鉄道会社との橋渡しの役割や、内部事務処理関係の仕事が主になります。
意匠審査は日々勉強ですが、無事に掲出された看板を見るとやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ミスから学んで仕事に活かせたこと
「最近ダブルブッキングのミスを聞かないけど何か対策しているの?」という話題から、「担当がきちんと管理している」と評価していただいたことです。
何気ない会話の中でしたが、社会人1年目のときに一つの予約枠に2社の掲出予約を同時に入れてしまうダブルブッキングのミスをし、各所にご迷惑をおかけした経験から一層気を付けていた点なので、認めていただけたことがとても嬉しかったです。
苦い経験でしたがいつの間にか数年が経っていて、気を付けていた成果を日々感じることができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面接時の空気が心地よかった
「人」が決め手でした。
就活中に面接を多く受ける中、アド近鉄が一番学生に興味を持って話を聞いてくれている空気を感じ、緊張しながらも楽しく面接を受けることができました。
履歴書の細かいところまで質問されたり「もっと詳しく教えて」と言われたこともありました。
面接のときにすれ違う社員の方々が挨拶してくださったり、言いたいことをきちんと伝えることができたので、もし面接の結果ご縁がなくても「この会社に面接に来られてよかった」と思っていました。
初めて内定の連絡をいただけた会社でもあるので、ご縁を大切にしたいと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア 交通広告 媒体管理(現職・今年で6年目)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活は外から見ているよりずっと厳しくて大変なものだと思います。
内定・就職はご縁なので、誰が悪いわけでもありません。落ち込むばかりでなくうまく切り替えることが大切だと思います。
内定がゴールではないので、就職活動をするみなさんが充実した社会人生活を送ることができる企業に出会えるよう応援しています。
自分らしく頑張ってください!

株式会社アド近鉄の先輩社員

駅構内のサインをはじめ、屋外広告物の提案・設計

交通広告事業本部 施設部
深尾 武伸
大阪市立デザイン教育研究所 スペースデザイン科

営業として、プロジェクトを進める中での「かじ取り」的な役割

広告事業本部 営業部
小野澤 京香
関西学院大学 社会学部 社会学科

クライアントそれぞれの課題解決のお手伝い。企画立案から現場指揮まで。

ソリューション本部 エリアソリューション部
渥美 諒
名古屋市立大学 人文社会学部 現代社会学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる