有限会社将基酪農
ショウギラクノウ
2021
業種
農林
本社
香川

私たちはこんな事業をしています

香川県高松市で酪農牧場を運営する当社は、飼育頭数が四国最大規模を誇っています。平成25年に施設を高松市に移転したばかりの為、若手スタッフの育成に力を注ぎ、更なる成長を目指したいと考えています。また平成27年、29年と牛舎の増築も行い、乳牛は現在850頭ほどを飼育。乳量も約7,000t/年と全国でもトップクラスの生産量が自慢の牧場です。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

愛情を持って接することで、だんだんと懐いてくれますよ!

牛ってのんびりしているイメージありませんか?でも実は臆病で繊細。そして、とても賢い動物なんです。世話をする私たちの事もきちんと認識してくれてます。乳牛はミルクを搾る為、様々なケアが必要です。例えば、お産。毎日新しい命が誕生しています。元気に産まれてくることもあれば難産もあります。また乳牛は乳房炎というやっかいな病気がつきまといます。いずれも早期発見することで牛の負担も軽くなります。だから私たちは牛たちに寄り添い、一頭一頭が健康であるかを見ています。治療した牛が元気になりまた搾乳できるようになると、とても嬉しくやりがいも感じます。そんな牛たちに愛情を持って接してくれる方を私たちは待っています。

社風・風土

先輩スタッフが優しく仕事を教えてくれる、働きやすい職場です!

当牧場では親牛、仔牛、堆肥と作業分担しチームに分かれて作業しています。若いスタッフも多く働いているため、新人の方も馴染みやすく、楽しく仕事を覚える事ができると思います。また各々の作業が分かるように毎日のチームミーティングは欠かせません。一般的にお休みがとりにくいといわれる酪農業ですが、当社は休日がしっかりとれる体制を整え、福利厚生や各種手当も充実しているのが強みです。また、遠方からの就業を希望の方には、住宅手当の支給だけでなく、高松市での物件探しもサポートいたします。施設の見学も受け付けていますので、まず実際に牛たちを見て、酪農の仕事とはどんなものかを知ってください。動物好きな方も歓迎です。

企業理念

成長し続ける酪農ファーム!

1965年に設立。5年前に高松市に拠点を移し『鮎滝ファーム』として新しくスタートしました。5年をかけて規模を徐々に拡大し、現在は乳牛850頭、仔牛は150頭にもなりました。規模の拡大に伴いスタッフの数も急増し、“親牛チーム”、“仔牛チーム”、“堆肥チーム”の3つのチームに分かれて日々の作業をしています。また、社内では働き方改革を実施しており、実際に実労働時間の短縮などを行ってきました。今後は様々な角度から働き方をスタッフと一緒に考え、より良い環境をつくっていきたいと思っています。将基酪農はまだまだ始まったばかりです。スタッフ達の声で将基酪農はこれからも成長し続けていきます。

会社データ

事業内容 酪農業(生乳・仔牛・堆肥の販売)
設立 1965年9月
資本金 6,000万円
従業員数 36名(正社員:16名 パート:13名 外国人技能実習生:7名) 2018年12月時点
売上高 10億8,000万円(2017年12月時点)
代表者 代表取締役 佐々木 英樹  
事業所 【本社所在地】
香川県さぬき市長尾東138番地
【鮎滝ファーム】
香川県高松市香川町安原下第一号184番
HP http://shogi-dairy.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)