株式会社ビック・ツール
ビック・ツール
2021

株式会社ビック・ツール

【月光ドリル】 自動車整備用機器・産業用機器 開発/製造/販売
業種
機械
精密機器/商社(自動車・輸送機器)/商社(機械)/機械設計
本社
鳥取

私たちはこんな事業をしています

オンリーワン技術をもとに独創的な形状の「月光ドリル」を開発し、自動車車体業界において確固たる地位を確立。「月光ドリル」は工業界に留まらず、医療用ドリルとしても整形外科医を中心に全国の医療機関が使用。海外の大手医療メーカーとも商談がはじまっています。また、航空機用特殊ドリルを開発し世界最大手航空機メーカーと商談を開始するなど、「鳥取から世界へ」を合言葉に商品開発を進めています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「鳥取から世界へ」世界規模の事業展開を目指す

「月光ドリル」をはじめとする当社の製品はさまざまな国に輸出され、「鳥取から世界へ」を合言葉に、グローバルなものづくりに寄与しています。「月光ドリル」の技術は国からも注目され、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定。ドリル事業は緒に就いたばかりですが、今後この技術をもとにいろいろな事業展開が考えられる、将来有望で面白い事業分野です。ドリル事業以外ではイオン装置付き塗装ブースやドリル研磨機などに、当社が誇る「オンリーワン」の技術が活かされています。当社の商品開発は常にユーザー目線で行なわれており、日々汗を流して働いているものづくり現場の方々の負担を、少しでも軽減できる商品づくりを心掛けています。

事業・商品の特徴

シャープな切れ味で世界を驚かせた「GEKKOU DRILLS」

当社の代表製品「月光ドリル」は、独自の先端形状により切削抵抗を大幅に削減した結果、これまでにない切れ味と耐久性を実現。これにより、苦労をともなうステンレスへの穴あけが簡単に行なえるようになるとともに、穴あけ初期段階の滑り現象がなくなり、パイプなどの曲面にも容易に穴をあけることが可能になりました。世界中に販路を拡げる「月光ドリル」の特長は医療機関からも着目され、現在は医療用ドリルの製造もスタート。この成果は航空機用途の難削材を対象とする研究へとつながり、すでに開発開発がはじまっています。やがては「月光ドリル」の穴開けによってつくられた飛行機やロケットが、空を飛ぶ日も夢ではないと思っています。

会社データ

事業内容 ◆自動車整備用機器・産業用機器の製造販売
設立 1980年9月
資本金 1600万円
従業員数 60名(2018年4月時点)
売上高 100,000万円(2017年5月決算期)
代表者 代表取締役社長 新井 高一
事業所 【本社・工場】
鳥取県西伯郡日吉津村日吉津38

【東京営業所】
埼玉県さいたま市浦和区大東2-12-30
沿革 1980年 5月 鳥取県米子市西福原にて車体修理工具メーカーとして創業
1980年 7月 鳥取県西伯郡日吉津村75-2に移転
1999年 2月 埼玉県浦和市(現さいたま市)に東京営業所開設
2000年 7月 鳥取県西伯郡日吉津村日吉津38に移転
2001年 5月 社団法人中国ニュービジネス協議会特別賞を受賞
2002年10月 社団法人発明協会主催 中国地方発明表彰鳥取県知事賞を受賞
2003年10月 エンドミル研磨機アポロ13 2003-2004グッドデザイン賞受賞、社団法人発明協会中国地方発明発表会奨励賞受賞
2004年 5月 精密工学会中国四国支部技術賞受賞
2015年 1月 医療機器製造業登録
2016年 5月 ISO9001:2008、ISO13485:2003を取得
ホームページ http://www.bictool.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)