FPV Robotics 株式会社
エフピイブイロボティクス
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

FPV Robotics 株式会社

ドローン/輸送機器/空飛ぶクルマ/エンターテインメント/教育
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
航空
輸送機器/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/精密機器/教育関連
本社
東京

私たちはこんな事業をしています


【ドローンテクノロジーで社会創造に貢献する】

ドローンテクノロジーをもとに、新たな価値の創造を行い、産業界や学術界、民間から公企業まで、世界中の市場において最適なソリューションを提供しています。
ドローンという新しいテクノロジーを通じて、大きなインパクトを与えられる企業を目指します。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

新しい市場を自ら切り開き、多種多様な価値を創造する

弊社は航空宇宙・IT・広告・精密機器メーカー・教育出身の人材等、多様なメンバーが集まっております。また、官公庁や自治体からの信頼も厚く、その分、各メンバーは与えられた仕事に対して高い成果を残すように求められます。また、私たちが活動する事業領域は新しいテクノロジーの利用が多く、事業に対して大きな裁量を一人ひとりに与えています。そのため、自分で考えた戦略や施策の実現はもちろん可能です。個人の力量とチーム力において成長を続ける私たちと一緒に、プロダクトグロースに挑戦してみましょう。そしてそれはきっとあなたの新しい未来にむけてのチャレンジの一歩となるはずです!!

企業理念

日本から世界へ。ドローン事業を発展させ、世界中を幸せにする

2040年には140兆円の市場規模になると言われているドローン産業。「空の産業革命」と称され、今大注目の成長分野であり、「空飛ぶクルマ」の登場によるモビリティ変革や、インフラ点検での活用など、日本ではまだまだ成長の余地があります。新たな事業領域から世界規模のビジネスを作ると同時に、世界中の人々を幸せにしたい、という想いで当社は創業されました。今後は仲間たちと一緒に力を合わせ、グローバル展開を視野に入れたビジネスを行い、やるからにはNo.1を目指す。そしてドローンという新しいテクノロジーを通じて、大きなインパクトを与えられる企業へと成長していきます。

戦略・ビジョン

リーダーシップを発揮し、ドローン社会の発展を牽引する人を求む

私たちは、「ドローンテクノロジーで社会創造に貢献する」をビジョンに、世界一のドローンソリューションカンパニーを目指します。2015年の創業とほぼ同時期に日本初のドローンレースを開催、2017年には、小学校の授業でドローンスクールを開始。そしてこのタイミングで加わるみなさまは、会社を牽引する主要なメンバー候補に。共にさまざまな課題を解決し、仲間と達成感を分かち合い、次世代のビジネスを作っていただきたいです。それはFPV Roboticsの仕事の醍醐味であり、基本的な考えでもあります。国内外で事業を展開する当社のビジネスを一緒に作っていける人を募集しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

営業職
クライアントが抱える課題をドローンによってどのように解決できるのかを提案していただきます。また、エンターテイメント事業の企画運営にも携わっていただきます。

技術職
産業用ドローンの製品開発、技術開発、制御開発や空飛ぶクルマの研究開発に携わっていただきます。

事務職
公認会計士の資格をもった社員のもとで、人事、労務、法務、経理、財務などのバックオフィス業務全般を担当していただきます。

会社データ

事業内容 ●産業ドローン技術開発事業
 ・これまで人の手で行っていたインフラ(橋梁、ダム、トンネルなど)点検をドローンを使って行うことができる技術の開発を行っています。
 ・ドローンによって農地に農薬散布ができる機体を開発しています。

●空飛ぶクルマ研究開発事業
 ・空飛ぶクルマの勉強会を通じて、次世代エアモビリティのあり方について研究開発を行っています。

●ドローンエンターテイメント事業  
 ・ドローンレース「Drone Impact Challenge」の企画運営を行っています。
 ・米国インテルのパートナーとしてドローンライトショーを企画運営を行っています。

●ドローンスクール事業
 ・ドローンを使ったプログラミング教育を全国の小中高の学生に提供しております。
設立 2015年9月16日
資本金 30,700,000円(資本準備金含む)
従業員数 15名
売上高 非公開
代表者 代表取締役社長 駒形 政樹
事業所 本社
東京都渋谷区渋谷2丁目7番6号-405
沿革 2015年 FPV Robotics株式会社設立
      日本初のドローンレース「Drone Impact Challenge」を開催
2016年 「Drone Impact Challenge ASIA CUP」の国際大会を開催
       Drone Fundを引受け先とする第三者割当増資による資金調達実施
2017年 文部科学省、経済産業省、総務省の後援ドローンプログラミング共同事業開催
      ドローンスクール事業「Drone Impact Challenge ・Education」を開始
2018年 ドローンを活用したメンテナンスシステム開発事業開始
      FPV Robotics、JR東日本、東京大学、沖電気工業共同実証事業実施
2019年 「Drone Impact Challenge 2019」を開催
2019年 「第46回東京モーターショー2019」にて「500機ドローンライトショー」を開催
2020年 世界最大級のテクノロジーカンファレンス
      「CES 2020 Eureka Park J-Startupパビリオン」に「WAVER」出展    
【新型コロナウイルス感染症への対応】 予定どおり自社にて説明会を実施します。
来社に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます。

連絡先

FPV Robotics株式会社
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目7番6号-4F
採用担当
TEL090-1533-6757
掲載開始:2020/03/01

FPV Robotics 株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

FPV Robotics 株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)