名古屋青果株式会社
ナゴヤセイカ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
商社(食料品)
その他商社/その他専門店・小売/各種ビジネスサービス
本社
愛知
残り採用予定数
5名(更新日:2020/06/02)

私たちはこんな事業をしています

<農家と食卓をつなぎ、新鮮な野菜や果物をお届けしています>

名古屋青果は、名古屋市中央卸売市場で全国各地の新鮮な野菜や果物の卸売業を行っています。市場で青果物に適正価格をつけて、大手スーパーや仲卸業者に売る(せり)ことで、全国の農家さんとみなさんの食卓をつないでいます。

「食」は私たちの生活に欠かせないものです。名古屋青果は、これからも安心安全で美味しい青果物を通じて社会に貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

東海地区1000万人に青果物をお届けし、「食」で社会に貢献する。

名古屋青果は、野菜や青果などの卸売業を手がけてきました。全国の中央卸売市場で卸売業を担えるのは80社しかなく、当社はその一社です。私たちの役割は青果物をスムーズに流通させ、価格を公正に決めることです。名古屋市中央卸売市場本場には全国から新鮮な青果物が届き、その日のうちに「せり売り」などで売買され、東海地区の1000万人に届けられています。みなさんも知らないうちに、私たちが関わった青果物を食べているはず。また、農家さんやJAとも積極的に交流を行い、最新の生産技術や消費者ニーズをお伝えすることで新たな食文化の創造にも取り組んでいます。今後は取扱数量の拡大、顧客満足度と社員満足度の向上を目指していきます。

仕事内容

青果市場をコントロールする、すべてを知り尽くした「プロ」へ。

青果物はその産地や収穫量、ニーズによって価格が変動し、さらに天候などの影響も受ける商品です。青果物の販売は「せり売り」と相対売り(せりにかけない売り方)の2種類。市場は目まぐるしく動くため、特にせり売りでは一瞬のミスも許されません。少しでも高く売りたい農家さん・JAと、少しでも安く買いたいお客様(大手スーパー・仲卸業者など)との間に入り、信頼関係を築きながら取引していきます。さらに大手スーパーのバイヤーと商談なども行い、市場で経験を積むことで、産地や味、品質などすべてを把握し、市場をコントロールできるようになる。実務経験を2年積み、「せり人」の資格を取得して「青果のプロ」を目指しましょう。

待遇・制度

ハワイ研修をはじめ様々な社員研修制度を設け、成長をサポート。

当社では、ハワイでの社員研修(5年に1回)をはじめ、様々な教育制度・研修制度を設けています。新入社員研修や新入社員フォロー研修、OJT研修はもちろん、階層別研修や職能別研修などを通じて一人ひとりの成長をサポートしてきました。さらに、せり人などの資格取得にかかる費用も全額負担しています。また、福利厚生制度の充実にも取り組んでおり、賞与は年3回、8日間連続リフレッシュ休暇制度(年1回)、社員寮(独身用)、社員食堂(朝食・昼食一部補助)なども完備。これらの制度により、新卒離職者は2015年から2018年まで4年間0名で一人も辞めていません。今後も、社員全員が安心して働ける環境を整備していきたいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

<募集職種>
○営業職/野菜や果物の品目を担当して値付け(せり)をしたり、生産地に出向いて情報収集なども行います。

全国各地の青果物を、サイズや品質などを見極めて値段を付け、農家やJAなどの生産者と、大手スーパーや仲卸業者との間に入り、価格を決めていく仕事です。また、産地にも足を運び、青果物の生産状況を見たり、情報収集を行います。


<キャリアパス例>
営業職(約2年)→せり人(せり人資格取得)

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 新型コロナウイルス感染症対策 最新情報(5月15日更新)

学生の皆様ならびに弊社従業員の健康・安全を第一に考え
下記の対応をさせていただいております。

【説明会】
・予定通り自社にて説明会を開催いたします。

・説明会会場にてマスクを配布いたします。
アルコール消毒液を用意いたします。

・少人数でおこないます。

【選考】
・予定通り自社にて選考を開催いたします。

・選考会場にてマスクを配布いたします。
アルコール消毒液を用意いたします。

・少人数でおこないます。

学生の皆様におかれましても、大変ご不安な状況かと存じますが、
当社としてもできる限りの対応策を検討して参ります。
マスクの着用や手洗いの実施を心がけて、十分にお気をつけてお過ごしください。

※来社に不安がある方は、お電話やメール等でご相談ください。
事業内容 <生鮮青果物卸売業>

○野菜・果実、その加工品の委託販売・売買
○青果物、その加工品の輸入販売
○青果物を主要原料とする食料品の加工販売
○上記に付帯する一切の業務

※国内外より生鮮青果物を集荷し、市場内仲卸業者などを通じて、大手量販店、スーパー、小売店等に卸売を行っています。
設立 1947年10月

【創業】
1631年(寛永8年)
※江戸時代で第三代将軍の徳川家光の時代です。
資本金 4950万円
従業員数 201名(正社員167名・パートアルバイト34名)
※2018年10月1日付
売上高 459億円(2017年3月実績)
代表者 代表取締役社長
吉田 真太郎
事業所 名古屋市熱田区川並町2-22
名古屋市中央卸売市場本場 中央管理棟6階
主要取引先 全国農業協同組合連合会
JA全農、各県本部
日本園芸農業協同組合連合会
各県経済農業協同組合連合会
各県園芸農業協同組合連合会
全国主要農業協同組合
名古屋本場青果卸売協同組合(仲卸会社26店舗)
小売業者(約600店舗)
関連会社 株式会社エム・ティ
グリーンビル株式会社
沿革 1631年/吉田孫助、問屋業を営む
1938年/吉田幾太郎、東枇杷島の青物問屋「問孫」継承
1947年/名古屋青果(株)設立(資本金18万円、即増資250万円)
1957年/名成貿易(株) 設立
1958年/資本金増資2070万円
1969年/名青貿易、チキータバナナ工場竣工
1974年/吉田春樹、代表取締役社長に就任
1977年/資本金増資4140万円、名青貿易をエム・ティに社名変更
1982年/QC活動導入、第1回管理職QC研修会
1986年/取扱高目標300億円を達成
1988年/資本金増資4950万円
1998年/創立50周年記念ハワイ研修実施
2006年/吉田真太郎、代表取締役社長に就任

連絡先

名古屋青果株式会社
〒456-8688 名古屋市熱田区川並町2-22
名古屋市中央卸売市場本場 中央管理棟6階

担当:総務部 社本
TEL:052-681-8810
URL http://www.e-meisei.com
E-MAIL k_shamoto@msi.biglobe.ne.jp
掲載開始:2020/03/01

名古屋青果株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

名古屋青果株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)