株式会社メルシーフラワーメルシーフラワー

株式会社メルシーフラワー

お花(カジュアルフラワー)の企画・仕入れ・加工・製造・販売
業種 農林
商社(インテリア)/スーパー・ストア/専門店(音楽・書籍・インテリア)/その他商社
本社 神奈川、埼玉

先輩社員にインタビュー

販売部
吉田圭佑(29歳)
【出身】明星大学  経済学部経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 花の売り場を作る、販売部のサブリーダー!
スーパーマーケットや量販店で見かける「無人の花売り場」。
そこのディスプレイや管理をして「専門店化」に取組んでいます。

この仕事で面白いのは、何と言っても、
やったらやった分だけ、スグに結果に反映されるところ。
自分で「売れる!」と見込んだ商品を週末のタイミングに合わせて納品し、
後日、実際にその商品が完売しているのを見た時の
喜びや、達成感は言葉には言い表せませんよ。

現在、エリアごとに数名でチームを組んでいますが、
私が属するチームは6名体制。チームの「サブリーダー」として
約30店舗のお店を管理して、企画や発注、
部下のサポートをメインに取組んでいます。

サポート体制はバッチリですので安心してくださいね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
アイデアと取り組み一つで、売上が150%もアップした!
一口に「花・園芸品の売り場」と言っても、色々。
お店の特徴、地域性、立地など、
状況によって売り場作りも変わってきます。

メルシーフラワーでは、決められた商品を納品するだけでなく、
それらの様々な状況に合わせて
『イングリッシュガーデン』と題したフェアを行うなど、
売り場を自分なりにアレンジできるのが魅力です。

以前担当していた世田谷の店舗は
「駅隣接」「外から売り場が見える」などの利点の割に、
売上が思うように伸びていませんでした。
そこで「もっと提案型の売り場にしていけば、売れるかもしれない」と考え、
テーマ性のあるフェアを実施したところ、
見事昨月対比で150%の結果を出すことができました。
店舗スタッフからも好評で、什器をお店で用意してもらえるなど、
信頼関係にもつながりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「花」も「人」も魅力的。一度辞めたけど、また戻ってきました。
学生時代、熱中していた音楽活動。
卒業後も続けていくつもりでしたが、たまたま大学の教授に
「就活だけでもしなさい」と紹介されたのがこの会社です。

もともと学生時代に花屋でアルバイトをしていたのですが
「委託販売」という自分の知らないやり方で
花の普及に取り組んでいるこの会社に興味を持ち、入社を決めました。
とりあえず4年働きましたが、やはり音楽への夢は立ち難く
「外の世界を見てみたい」と思い立ち、会社を辞めることに。

その後、音楽業界、アパレル業界と仕事を転々とした後、
2018年、再びメルシーフラワーに戻ってきました。
決め手となったのは「人」です。
どんな時でも味方になってくれたり、意見に耳を傾けてくれたり。
目をかけてくれた上司のためにも、もう一回頑張りたいです。
 
これまでのキャリア 入社(2011年4月)
→加工部(2013年10月まで)
→直営店勤務(2015年3月まで)
→2015年、会社を退職し、音楽業界・アパレル業界へ
→再就職(2018年1月)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 短期間ですぐに結果が分かる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

人生は一度切り。だから仕事も、やっぱり、
自分の好きなこと・やりたいことで選んだ方がいいと思います。
僕も音楽・アパレル・お花など「好き」を活かした仕事に
色々チャレンジしてきました。

正直、転職しないでずっとここで働いていればよかった
と思うこともありますが、そうやって思えるのも、嘘偽りなく、
自分の気持ちに素直に動いてきたからこそ。
人生を前向きでいるために、みんなも失敗を恐れず、
好きなことに全力で向かっていってほしいです。

株式会社メルシーフラワーの先輩社員

私らしい売り場作り!

販売部
鈴木陽音
東京テクノ・ホルティ園芸専門学校 フラワービジネス学科・フラワーデザインコース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる