Sky株式会社スカイ

Sky株式会社

ソフトウェア/IT/独立系
業種 ソフトウェア
コンピュータ・通信機器・OA機器/情報処理/通信/インターネット関連
本社 東京、大阪

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:しっかり育てます! 教育体制に自信を持つ企業

着実なステップアップで、入社2年目の独り立ちを目指す。

入社後の1年間は、着実にステップアップできるように、研修・サポート体制を充実させています。まずは全職種共通の研修、職種別研修、配属前研修を実施。各部署への配属後には、3名のチューターを中心とするOJT、フォロー研修、成果発表会、定期ヒアリングなど、多様な研修をバランスよく行っています。実務に活かせる研修を行い、内容を確実に身につけられることを大切に。たとえば、開発職向けのプログラミング研修では、当社の業務内容に合わせたオリジナルテキストを使用し、各自が課題に取り組みます。理系出身で開発のスキルを持っている方から、未経験の方まで、それぞれの知識・進捗に合わせて講師が指導を行い、みなさんの確実な成長をサポートしています。また、年度ごとのテーマに沿った研修を全社員に実施しており、今年度のテーマは “Thank you”です。また、Skyは改善文化を大切にしていますので、みなさんが入社された際には、研修もさらに改良されているかもしれません。ちなみに、私たちが所属するキャリアアップサポート部は2015年10月に新設されました。現在は25名に拡大し、研修スペースも増設など、人材育成に力を入れています。

プロフィール

写真左:キャリアアップサポート部 課長代理 島田和幸

写真右:キャリアアップサポート部 サブチーフ 中山沙織

◆島田:1995年、新卒入社。開発職として7年間ほど複合機やプリンタの開発を経験したのち、社員教育に携わり、現職。◆中山:2012年、新卒入社。開発職として4年間経験を積んだのち、現職。現在、内定者・新入社員研修をはじめとする社員向け研修を担当。

[じっくり育てるのはなぜ?]

企業の健全な成長は、社員の成長が支えている。

今、Skyは業績や従業員数が伸び続けています。そんな中、企業が「健全に」成長していくためには、必要な人材を確保するだけではいけません。人材に対して丁寧な育成・フォローを行い、一人ひとりの成長を促す支援が不可欠であると考えています。当社では、事業の成長に合わせて、新卒の採用人数が4年前から100名規模に拡大し、それに伴って研修と現場でのOJTも年々充実してきています。

[育成方針]

全体研修、職種別研修、OJTで、着実なステップアップをサポート。

入社2年目での独り立ちを目指して、新人研修とOJTによる段階的な育成を行っています。まずは入社後の全体研修で、社会人マナーやSkyの事業、大切にしているマインドについて学びます。その後は職種別研修で、職種ごとに必要な基礎知識を習得。配属先が決定すると、各部署での業務に必要な基礎知識を、研修を通して身につけます。配属後のOJTでは、チューターによるサポートのもと、職場環境に慣れ、徐々に仕事を覚えていきます。配属先によって必要なスキルや知識は異なるため、OJT後の具体的な目標やスケジュールは、新人とチューターが話し合って決めています。

[会社の雰囲気]

チューター3名体制のOJTとフォローで、独り立ちまで伴走する。

OJTではメインチューター1名(中堅社員)、サブチューター2名(若手社員、管理職)のサポートのもと、業務を通して知識や経験を積んでいきます。各自がチューターと話し合って年間目標を設定し、達成度を定期的にチェック。また、進捗や成果についての発表会や、ヒアリング・懇親会を通して、目標達成に向けたフォローアップを実施。入社1年目のフォローアップ研修(全職種対象2回、職種別1回)では、入社後の研修で学んだ内容のレビューや、OJTで直面している課題について相談会を実施。研修には同期全員が集合、久しぶりに同期に会うことで、お互いに良い刺激を与え合う機会にもなっています。

[私はこれを身に付けた]

実務に直結する研修とOJTで、スキルが高まった。

中山:私はプログラミング経験がほとんどない状態からスタートしましたが、
配属までの職種別研修で、開発の基礎知識が身につきました。配属先には、育成担当だけでなくチーム全体で新人をフォローする文化がありました。先輩方にたくさんフォローしてもらい、ひとつずつ業務を理解することができましたね。多くの先輩方と関わることができた分、学びも多かったです。
島田:研修内容を仕事で実践する習慣がつきました。一般の研修でよくあるのが、研修を実践に活かせないことや、内容を忘れてしまうケース。Skyの研修は実務で活かせる内容にこだわっているため効果が出るのだと思います。

研修では、一人ひとりの習熟度に合わせてマンツーマンで指導しています。

研修や教材は、現場の意見を取り入れ、日々ブラッシュアップしています。

OJT前後にはチューター研修を実施。育成レベル向上にも取り組んでいます。

他の取材記事を読む

会社・仕事

特集テーマ:世の中を支える「モノづくり企業」

国産のシンクライアントシステムの開発へ。

自社パッケージ商品の開発・販売を行う「ICTソリューション事業」と、業務系・組み込みなどクライアントのシステム開発を行う「クライアント・システ…続きを読む

特集テーマ:世の中にしかける IT業界

社会の広範なフィールドで、時代が求める技術を提供する。

「全社員一丸となって事業に取り組む『ALL Sky』の社風が当社の魅力です。」そう語るのはクライアント・システム開発事業部取締役、多田昌弘。1995年…続きを読む

特集テーマ:関西の企業特集

規模も技術力の高さもトップクラス。

京都生まれ京都育ち。大学まで関西で過ごし、就職活動でも「関西で勢いのあるIT企業」を探して入社を決めたと語るのは、ICTソリューション事業部営業…続きを読む

特集テーマ:女性がイキイキ働ける職場

性別に関係なく、1人のエンジニアとして活躍できる場所。

「さまざまな事業領域の中で、自分に合った分野で活躍できそうだと感じて入社しました。会社全体が明るい雰囲気で、社員全員が楽しそうに仕事をしてい…続きを読む

特集テーマ:文理問わず活躍できるITの仕事

文系の私にも分かりやすい研修カリキュラムになっていました。

商学部出身で、学生時代のプログラミング経験はゼロ。就職活動も、最初は多くの友人と同じように金融業界を見ていたという、クライアント・システム開…続きを読む

理系の仕事

特集テーマ:建築・土木系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

建築とはカタチが違うものづくりを、毎日楽しんでいます。

小さい頃から絵や工作が大好きで、ものづくりに興味があったという鈴木(早稲田大学創造理工学部建築学科卒・2018年入社)。大学では、そのスケール感…続きを読む

特集テーマ:女性エンジニアが活躍する企業特集

すべての人に、チャンスを与えてくれる会社です。

入社して12年目。「女性を支える環境が充実しているSkyだからこそ、ここまでキャリアを積むことができました。」と村田は振り返る。ITの専門学校か…続きを読む

特集テーマ:化学・生命・環境資源系卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

医療とIT。両方に関わりたいと思い、Skyを選びました。

高校まではサッカー少年。ケガの影響で医者や理学療法士と関わる機会が多く、もともとは医療分野への関心が一番強かったという、ビジネスソリューショ…続きを読む

特集テーマ:機械系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

開発の基礎は、機械もITも同じ。学生時代の専攻が役立ちました。

大学では材料力学、熱力学を専攻。大学院に進学し、歩行リハビリ支援装置の開発を行う研究室に所属した。大学・大学院で研究開発をする中で、人と協力…続きを読む

特集テーマ:電気・電子系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

ハードの知識があること。それが、自分の武器になりました。

「理系の仕事に進むことは、幼稚園の頃から決めていました。」小さい頃から機械好き。テレビや冷蔵庫、電子レンジなど、さまざまな家電に興味を持ち、…続きを読む

特集テーマ:情報・数学・物理系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

幅広い事業領域と、仕事を楽しむ社員の姿に魅力を感じました。

2018年入社の渡辺。大学では理学部の研究室に所属、機械学習の研究に力を入れていたという。「音声を自動認識して、文字に起こすプログラムを開発して…続きを読む

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる