ディアンドアイ情報システム株式会社
ディアンドアイジョウホウシステム
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

ディアンドアイ情報システム株式会社

IBMグループ(日本IBM・りそなホールディングス共同設立)
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
情報処理
ソフトウェア/インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
大阪

先輩社員にインタビュー

技術第一部
N・H(41歳)
【出身】京都大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 経済の血液を循環させるシステムのインフラ部分を構築する仕事
「銀行システムの基盤構築」が私の所属部門の仕事ですが、ひとくちに「銀行システム」といっても色々なものがあります。
銀行アプリやATMなど、銀行のお客様が利用するシステムから、営業店ではなく本社で、行員さんが利用する、融資や投資の判断に利用するシステム、メールや掲示板などコミュニケーションに利用する一般的なシステムまで多岐にわたります。
これらの仕組みが滞りなく動くように、しっかりとした土台をつくるのが基盤担当の私の部門の仕事です。
どの機械を使い(最近では仮想環境も多数です)、それをどこに置いて、どのOSを導入して、どのソフトウェアを導入して、利用するか、
想定通りに動作していることをどのように監視して、障害発生時にどのように復旧するかを考え、システムとして組み立てていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新しい技術や仕組みを使ってお客様にサービスをお届けする醍醐味
常に最新技術を使って仕事をするわけではありませんが、銀行システムは一つとして同じものはなく、
オーダーメイドなので、都度、自分にとって新しい学びがあります。
また、一人で完結する案件はなく、必ず他のメンバーと協業して進めていきます。
システムのサービス開始、新システムへの入れ替えの作業の時は、お客様の利用時間を制限しないよう、
できる限り問題なく、かつ安全なやり方で作業が進められるよう、メンバーの作業内容、作業場所、作業可能時間を考慮して、
綿密なスケジュールをたて、ウォークスルーやリハーサルを行います。
チームワークがうまく発揮でき、成功裡にシステムのご提供開始ができた時は、達成感を感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 金融に携わりながらモノづくりができる会社です
経済学を専攻していたこともあり、金融関連の業界へと思いつつも、
モノを作ることが好きなのでメーカー企業への憧れもあり、二つの業界を中心に就職活動をしていました。
たまたま参加した合同説明会で、金融関連でモノづくりができる当社に出会い、まずはこのような企業があることを知り、
面談を重ねる中で、風通しの良さそうな社風にふれ、入社を決めました。
勤続約20年の今、一番助かったと感じていることは、当社においては人生の各フェーズに合わせて、勤務体系の変更ができることです。私自身は入社時には全く意識できていなかったことです。
初めての産休後の復帰の時は6割勤務、慣れてきたら8割勤務を経て、現在はフルタイムとなりました。制度を実際に利用することができる、文化があります。
 
これまでのキャリア グループウェアの保守開発運用を担当、端末導入保守の担当を経て、現在はシステムの基盤構築、保守を担当している。
その間、3回の産休・育休を取得し、11年の短時間勤務を経て、フルタイムとして就業中。

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりたいことが明確な人、今、正に探している最中の人、色々だと思いますが、
自分の大事にしていることが実現できる会社かどうかを見ていただきたいと思います。
大事なことは「やりたい仕事ができる」かもしれないし、「ライフスタイル」や「働く場所」、
「人間関係を築く」ことかもしれません。
実際に働いている人を良く見て、数年後の自分をなるべく具体的に想像してみてほしいと思います。

ディアンドアイ情報システム株式会社の先輩社員

年金管理のシステムの保守を担当。

開発第四部
Y・S

サーバーの運用・保守及びセキュリティ関連作業を担当。

技術第一部
Y・M

りそなグループのシステムを陰ながら支えています

技術第三部
Y・M

銀行様のシステムの保守を担当

開発第五部
Y・T

お客様が抱える問題を、ITを駆使して解決すること

開発第四部
T・M

システムが稼働するための土台(基盤)の構築・運用保守

技術第一部
S・T

先輩社員をすべて見る
掲載開始:2020/03/01

ディアンドアイ情報システム株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ディアンドアイ情報システム株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)