株式会社中央電機工業
チュウオウデンキコウギョウ
2021

株式会社中央電機工業

パワーエレクトロニクス業界
業種
重電・産業用電気機器
総合電機(電気・電子機器)/プラント・エンジニアリング/設備・設備工事関連/商社(電機・電子・半導体)
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

★…オーダーメイドの特殊トランス、リアクトルのリーディングカンパニー…★ 超高層ビルのエレベーターやビル管理システム、工作機械の電源、工場の非常用電源などに使われる「トランス(変圧器)」「直流・交流リアクトル」の開発、設計、製造を一貫して行っています。先端分野で使われる高付加価値な特殊トランスの、オーダーメイド開発の分野で、多方面から一目置かれるパイオニア的存在として知られています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

超高層・世界最速クラスのエレベーターのトランスで高いシェア。

「電力」を「使える電気」に変換・制御するパワーエレクトロニクス。当社は60年の歴史とともに、 トップレベルの実績を持つ、パワエレ業界のリーディングカンパニーです。高付加価値な「特殊トランス」や、ニーズが急増中の高性能な「リアクトル」を、三菱電機をはじめ、日立、東芝などトップメーカー各社と共同開発。手のひらサイズ、500VAのものから人の背丈を超えるようなサイズ、250kVAのものまで、多彩な製品が様々なエレクトロニクス製品に採用され、人々の暮らしを豊かにしています。こと「巨大なものを動かす」電源、インバーター機器向けノウハウはトップクラス。世界中の超高層ビルのエレベーターに使われ、高いシェアを誇っています。

仕事内容

電気専攻ならば、悶絶もの?の奥深い経験を積んでいけます。

「分速1000mを超えても微動だにしない、超高層エレベーターに搭載されるトランス開発」「電力を自給自足するスマートタウンの中心設備、蓄電池向けパワーコンディショナーを設計」「この隙間に収まるように薄く軽く」など、スケールの大きな先端テーマに取り組む設計グループは49歳の部長をリーダーに20~40代の7名。トランスやリアクトルはあらゆる電気機器の基幹部品なので、電気の基礎と応用の繋がりが見え、ワクワクする瞬間が何度も味わえます。若手が壁に当たれば「この図面を参考に」など、気軽なアドバイスが飛び交う社風。広々とした岐阜県大垣市の本社は2014年にできたばかり。働きやすさと成長を手助けする環境には自信があります。

魅力的な人材

量産品ではない、「自分の考えを反映できる」モノづくりが魅力。

「地元の大手で働きたい」と考え就活をスタート。大手メーカーに絞って数社を訪問する中で気づいたのは、「大量生産ではなく、一つひとつ丁寧に開発するようなモノづくりに打ち込みたい」という、自分の素直な気持ちでした。そこで中小企業にも視野を広げ、地元開催の合同説明会に足を運び、そこで待っていたのが、僕のメンターとなる高橋さん(写真左)。楽しく丁寧に開発する活気を感じ、「ここだ!」と確信できました。今、入社4年目でトランスの設計を担当していますが、お客様に「このようにカスタマイズしてはどうでしょう?」と提案できるところまできています。(設計部 広瀬 2011年入社 滋賀県立大学 電子システム科卒/写真右)

会社データ

事業内容 乾式変圧器、交流・直流リアクトル、耐雷トランスなどの製造・販売 ★昇降機や産業・通信機、電力配電などで使われる、高付加価値、高性能な特殊トランス、リアクトルの開発から製造までを一貫して行う専門メーカーです。
★高付加価値トランスのオーソリティー 私たちは特に、昇降機や産業・通信機器、電力配電などの分野で使われるトランス(変圧器)の開発から製造までを一貫して行っています。なかでも力を注いでいるのが高機能・高精度・高付加価値を要求される特殊トランスやリアクトルです。これらはエレベーターをはじめビル管理システム、インバーター制御システム、太陽光発電などの発電設備、非常用電源など世界最先端を競うエレクトロニクス製品の中枢部分に使用されています。
設立 1965年9月
(創業1955年5月)
資本金 1000万円
従業員数 85名
売上高 23億2988万円(2017年4月実績)
22億3770万円(2016年4月実績)
22億8230万円(2015年4月実績)
21億3750万円(2014年4月実績)
代表者 取締役社長 仙石日出子
事業所 <本社工場>岐阜県大垣市横曽根3丁目2番7 (横曽根工業団地内)
製品の一例 【昇降機向け】
・薄型トランス
・三相トランス
・リアクトル各種

【産業・通信機器向け】
・耐雷トランス
・電源トランス
・単相トランス
・UL規格トランス
・EN規格トランス
・リアクトル各種

【電力配電機器向け】
・単相トランス
・特殊トランス
・三相トランス
・スコットトランス
・ケース入りトランス
主要取引先 大手電機メーカー
輸送機器メーカー
重電産業
機械商社 など
沿革 昭和30年5月
「中央工業株式会社」を創業
(電気計測器の製造・販売を目的とする)  
昭和32年9月  商号を「中央工業株式会社」と改称
昭和37年4月  「中央工業株式会社」より営業権・商標権の譲渡を受け分離独立
昭和37年4月  「中央電機工業株式会社」を設立。計器用変成器の生産開始
昭和38年2月  低圧用計器用変成器の生産開始
昭和38年4月  乾式変圧器の生産開始(Aタイプ)
昭和40年9月  法人化改組「株式会社中央電機工業」とする
昭和41年10月  三菱電機株式会社名古屋製作所の協力工場となる
昭和44年7月  本社工場を新築(大垣市割田3丁目50番地)
昭和47年5月  起動用リアクトル生産開始
昭和50年8月  乾式変圧器Sタイプの生産開始
昭和52年10月  三菱電機株式会社稲沢製作所の協力工場となる
昭和56年4月  乾式変圧器H種トランス生産開始
昭和57年11月  新田工場を新設(大垣市新田町5丁目8番地)
昭和58年4月  乾式変圧器SBタイプの生産開始
昭和61年1月  標準化に対する研究を始める
          (標準化・改善提案・社内報・QCサークル各委員会発足)
昭和63年5月  品質保証部を設置 品質保証体制の強化を図る
昭和63年7月  乾式変圧器NSタイプの生産開始
昭和63年12月  新田第二工場を新設(大垣市新田町5丁目8番地)
平成6年12月  EN規格品 TUV認定工場となる
平成9年3月   ISO9001 認定取得 JQA-1682
平成10年6月  単相乾式変圧器UNシリーズ生産開始 UL規格(UL506)認証品
平成12年12月  EN規格認証取得(CEN、3CENシリーズ)
平成13年5月  UN/CSA規格認証取得UNS/UNTタイプ 生産開始
平成16年4月  UNタイプにCSA規格追加認証
          ISO14001 認証取得JQA-EM4009
平成21年4月  ISO9001:2008年版 (更新)
平成21年4月  ISO14001:2008年版 (更新)
平成26年5月 本社工場を大垣市横曽根工業団地に移転
経営理念 「 国内有数のトランスメーカーを目指す」
私たちは、市場・顧客の視点に立って公平かつ持続的な事業活動を通じて、企業価値の向上に努めます。
指針 1. 地域、社会に必要とされ、貢献できる企業であること。
2. 顧客、業界から喜ばれる、期待され、信頼される企業であること。
3. 業界から信頼され、安心して取引が継続できる企業であること。
4. 従業員が働き甲斐を持ち、家族と共に幸せになれる企業であること。
経営方針 1. 仕事イコール成果と考え、プロ意識に徹した人づくりを目指す。
2. 電源機器の中継役としての製品、生産技術、サービスを確立した製品づくりを目指す。
3. 重点主義に徹した当社の特性を作り出し、一層強化・差別化した会社作りを目指す。
中期展望 1.経営システムの改善を図る。
2.事業基盤を整備し、強化する。
3.選択と集中による合理化と、企業の強みの強化を図る。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)