鈴鹿農業協同組合スズカノウギョウキョウドウクミアイ

鈴鹿農業協同組合

JA鈴鹿(鈴鹿農協)
業種 団体・連合会
共済/政府系・系統金融機関/農林/その他サービス
本社 三重

先輩社員にインタビュー

営農部営農指導課
村嶋 峻介(27歳)
【出身】東京農業大学  生物産業学部 生物生産学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 営農指導、獣害対策、学校給食用野菜の荷受け・出荷等をします。
営農指導課の職員として、日々組合員皆様の農業のサポートを行っています。入職当初は、私なんかよりも生産者の方のほうが知識も経験も多く、頼ってもらえるまでは苦労しました。先輩職員に同行し現場で農作物に関する栽培技術等を実践的に学びながら徐々に的確なアドバイスをできるようになってきました。また、地元の小・中学校の給食で使用される野菜の指導・集荷・出荷を担当しているため、栽培野菜にあった営農指導が行えるよう、知識をしっかりと身につけなければいけません。 大学では野生動物に関することを学んでいたので、現在担当している獣害対策の指導としては、今まで学んできたことを活かしながら仕事ができています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
生産者の皆様との信頼関係
農作物を栽培する上で自然相手のため様々な要因で被害が発生します。私が一番最初に配属された支店では経済を担当しており、生産者の方に「キャベツの菌核病が出て困っている」「じゃがいもをもう少し大きく実らせい」などの質問に対し指導を行いました。その後、現在の部署で圃場巡回をしているときにお会いし「指導されたとおりに防除や施肥をしたら改善した」と喜んでいただき、生産者の方に「ありがとう」と言って頂いたときはとてもうれしく思うと同時に、今後も的確な指導ができるように日々精進しなければいけないと思いました。生産者さんからの評価は自分の仕事量につながると思っていて、信頼度が高いほど相談事も増えていきます。忙しくはなりますが、その分、充実感に満たされます!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域農業に密着しながら仕事ができるから
私の家はサラリーマンの家庭で全く農業に縁がない環境でした。高校進学時に野生動物に関して学ぶことのできる農業高校に入学した時から「農業」に対する興味のきっかけが生まれました。大学卒業の際に「生まれ故郷で地域に密着し農業に関わる仕事」がしたいと思い、JAは農業との関わりが一番強い組織で、ここなら今まで学んできたことを活かせる仕事ができると思い選びました。もともと営農関係の配属を希望していたので、現在の営農指導課での仕事にはとてもやりがいをもって仕事を行っていますし、この営農部がJAの花形部署だと思って誇りも感じています。
 
これまでのキャリア 営業:営農経済渉外(1年間)→本店営農部:営農指導(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 販売促進・営業推進
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

JAと聞くと農業から金融まで様々なイメージがあると思います。説明会などではぜひ自分の気になる部署の話ももちろんですが、+αでぜひ違う部署の話も聞いてみてください。意外とそっちのほうが自分に向いていたり興味がわくこともありますし、実際にそういう職員も少なくありません。みなさんの納得のいく就職活動になることを応援しています!

鈴鹿農業協同組合の先輩社員

広報誌・新聞・HPで情報発信する広報を担当しています。

本店(総務課)勤務 総合職
林 和哉
中部大学 経営学部 経営学科

ライフアドバイザー(共済専任渉外員) お客様に共済を提案する仕事です。

支店勤務(川崎支店) 総合職
大原 学
中京大学 体育学部 健康科学科

金融共済渉外員です。

支店勤務(野登支店)  総合職
牛久 智瑛
名城大学 法学部

農産物が街中に出るまでに必要な流通業務

営農部
河嶋 英里
大阪体育大学 体育学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる