鈴鹿農業協同組合スズカノウギョウキョウドウクミアイ

鈴鹿農業協同組合

JA鈴鹿(鈴鹿農協)
業種 団体・連合会
共済/政府系・系統金融機関/農林/その他サービス
本社 三重

先輩社員にインタビュー

支店勤務(川崎支店) 総合職
大原 学(34歳)
【出身】中京大学  体育学部 健康科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ライフアドバイザー(共済専任渉外員) お客様に共済を提案する仕事です。
万一の保障や入院保障など人の体に関する共済や、建物や自動車など物の関する共済などの商品の営業をしています。
 若い方からお年寄りまで、幅広い年齢層のお客様に接する機会があります。私は商品を提案するとき、なるべく多くの選択肢を用意し、お客様と話をしながら決めていく方法をとっています。
 無理矢理ではなく納得した形で契約していただくことで、今後の取引にもつながり、自分自身も自信を持って仕事ができると思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
こども共済をご契約いただき、同年代や若い世代に選ばれたとき
共済の商品の中のひとつに、こども共済というお子様のために将来の資金を貯蓄していくものがあります。
 どの会社の商品が良いのか迷っているお客様が多く、その候補のひとつとしてJAのこども共済の説明をさせていただくことがあります。商品自体を気に入ってご契約いただく場合が多いのですが、中には営業マンで決めたと言っていただく方もみえ、嬉しく思います。
 私自身も二人の子供を育てる親として共感する部分が多く、実感を込めて話ができていることがいい結果に繋がっています。
 若い世代に満足していただく取引を増やすことで、JAのお取引はお年寄り中心というイメージを変えていきたいと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 生まれ育った地で、人と関わる仕事がしたい
高校時代の野球部の先輩がJA鈴鹿で働いており、幅広い分野の仕事が出来ると聞いていました。
 実家には職員が毎月集金に来ていて、JAへの馴染みもありました。面接では金融や営農などいくつかのコースがあり、適性を見ながら道筋が分かれていくという話を聞き、守備範囲の広いJA職員という仕事に魅力を感じました。
 また、土日祝日が休み、鈴鹿市・亀山市内での異動という点も選ぶ根拠になりました。
 
これまでのキャリア 経済・購買担当(1年半)→金融外務員(1年半)→金融共済渉外員(6年半)→共済専任渉外員(3年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学生の目線から見える仕事ごとのイメージは本当にごく一部のもので、実際にその仕事に就いてみないと分からないことがほとんどだと思います。
 家族や知り合いなど周りの人に相談し、出来る限りイメージと実際とのギャップを埋めておくと、就職活動もしやすく、また就職してからも働きやすいと思います。

鈴鹿農業協同組合の先輩社員

広報誌・新聞・HPで情報発信する広報を担当しています。

本店(総務課)勤務 総合職
林 和哉
中部大学 経営学部 経営学科

営農指導、獣害対策、学校給食用野菜の荷受け・出荷等をします。

営農部営農指導課
村嶋 峻介
東京農業大学 生物産業学部 生物生産学科

金融共済渉外員です。

支店勤務(野登支店)  総合職
牛久 智瑛
名城大学 法学部

農産物が街中に出るまでに必要な流通業務

営農部
河嶋 英里
大阪体育大学 体育学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる