株式会社吉田石油店
ヨシダセキユテン
2021

株式会社吉田石油店

石油/エネルギー/商社/フリート/卸売・小売/自動車・車
業種
商社(石油製品)
エネルギー/その他専門店・小売/商社(化学製品)/損害保険
本社
香川

私たちはこんな事業をしています

■中四国“No.1”の【燃料商社】、日本全国をネットワークする「エネルギーディーラー」

強みは、日本の物流を支える軽油。取扱高は中四国No1、国内トップクラス。
燃料基地を備えることで安定供給に資しています。

■お客様目線の「立地・設備」

「物流」の要となるサービスステーション(SS:以下略)。
主拠点では24時間、お客様をお迎えしています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

年商1099億円、中四国NO.1総合エネルギー商社

当社は年間売上高1000億円を超える規模を誇り、中四国エリアトップクラスのエネルギーディーラーとして全国に54店舗のサービスステーションを展開する企業です。社名からは容易に想像できない規模であるとは思いますが、ディーゼルエンジン用の軽油(フリート)分野においては国内トップクラスの実績があり、約5,000社と法人契約を行うことによりトラックの燃料である軽油を全国各地の運送会社様へ販売供給し、国内物流を下支えしています。物流は日本経済においてなくてはならないインフラです。全国に店舗を持つという強みを活かし、さらに多くのお客様に必要とされる企業を目指していきます。

社風・風土

田舎の企業ならではの温かい社風が自慢です。

吉田石油店には、良い意味で田舎の企業ならではの温かい風土があります。また若手社員もしっかり意見をすることが可能な風通しの良い社風も当社の自慢です。若いうちにさまざまな経験を積むことは本人にとっても大きな財産となります。自分がやりたい!と思うことにどんどんチャレンジし、仕事を通じて成長を実感できることが、やりがいにもつながります。

事業・商品の特徴

エネルギー供給事業者として、長期的視野に立った会社運営を実現

当社が展開するサービスステーションのメイン顧客は長距離ドライバーです。疲労の大きい職業だからこそサービスステーションならではのリフレッシュが必要と考え、当社では主要幹線道路沿いに24時間体制の店舗を配置するとともに、お客様が利用できる休憩設備を完備した利便性の高いサービスステーションを整備しています。また将来、化石燃料が枯渇しエネルギーの主役が電気や水素に交代する時が来るかもしれません。そうなった時でも安定してお客様にエネルギーを供給できる存在でありたいと考え、時代ごとに顧客の求めるものを提供し続けるため、社員一人一人の育成・成長に力を注ぎます。

会社データ

事業内容 ■石油製品小売・直売・卸販売
■車検整備
■自動車関連商品の販売
■貨物運送取扱
■生命保険・損害保険代理業
■LPガス・ガス器具小売・直売・卸販売
■ソーラー発電システム販売
■電力販売取次店業務
■中古車販売
創業 大正15年
設立 昭和29年3月
資本金 9000万円
売上高 1099億円(2018年3月期)
974億円(2017年3月期)
965億円(2016年3月期)
1135億円(2015年3月期)
1144億円(2014年3月期)
代表者 代表取締役 眞鍋和典
従業員数 750名(男647名、女103名)
設備 ・水出油槽所(香川県詫間)/燃料タンク7基[総容量6300kl]
・相生油槽所(兵庫県相生)/燃料タンク3基[総容量3100kl]
・LPガス充填タンク/6基[総容量1000t]
・直営給油所/54カ所
・タンクローリー/大型8台・小型6台
事業所 ●本社/支店
本社(香川県三豊市詫間町詫間1338-128)
東京支店(東京都港区芝大門2-3-6)
中部支店(愛知県弥富市三好5-5)/弥富セルフSS併設
関西支店(兵庫県相生市若狭野町上松233-1)/相生西SS併設
四国支店(香川県三豊市詫間町詫間1338-128)
九州支店(佐賀県三養基郡基山町長野1030-1)/鳥栖インターSS併設

●サービスステーション(SS)
全国主要国道沿い「54カ所」の直営サービスステーションに加え
「80カ所」の代行給油店のネットワークを有します。
主要仕入元 昭和シェル石油・JXTGエネルギー・太陽石油・三菱商事石油・キグナス石油
フリートSSの展開とその役割 「フリート」とは、もともとは“フリート艦隊”が由来の言葉。
船が連なり航海する様子を、高速道でトラックが連なり走行する様に見立てたもの。

現在では、トラックに使われる燃料(軽油)をフリート軽油、
扱うSS・業者・業界をそれぞれ
フリートSS・フリート業者・フリート業界と呼びます。

当社は、フリート業界の一員。
当社のSSへは、契約企業の大型トラックがどんどんやってきます。

トラックが支えるのは、日本の物流。
現在も国内物流の約9割を担い、トラックなしに現在の日本経済は成り立ちません。

全国で約2万社を数える、SS事業者。
その中で、フリート業界への参入は約15社。
なぜ・・・?は、セミナーでお話しをします。
石油の時代じゃなくなる? 長期的視野で言えば、化石燃料からのエネルギー転換はきっと起こるでしょう。
しかし、それは車やトラックがなくなる・・・というわけではありません。
なくならない以上、車やトラックを必要とする人がそこにいます。

では、その燃料は?
車体自体が重いうえに、重い荷物を運ぶトラック。
電気自動車ではモーターに負担がかかり、パワーも足りません。
水素自動車も結局はモーターを使用するため、同じこと。
結果、軽油を燃料とするディーゼルエンジンに代わるものは今のところないとされています。

これから先も、必ず需要があるモノ。
「燃料」はこれから先も必要不可欠なモノです。
私たちは総合エネルギー企業として、燃料供給の面から物流を支えます。
経営理念 <株式会社 吉田石油店 経営理念>

わが社は、お客様を第一に考え、
従業員が喜びや誇りを持ち、
夢を描ける企業を実現していきます。

経営理念は、一般に『経営者の思い』といわれます。

お客様第一とは、何か?
喜びとは、誇りとは何か?
夢を描くために必要なことは何か?

朝礼にて毎日唱和し、心に落とし、行動をする。
実現のための“クレド”=お客様第一の行動指針も定めています。
CR活動(地域貢献活動) 経営理念に沿い、各地にて
CR活動(コミュニティ・リレーションズ/地域貢献活動)を実施しています。

○お客様感謝祭
設立50年の節目を迎えた年、ここまで当社を育てて下さった地域のお客様に
感謝の気持ちを込め、無料にて文化的な公演・催しを提供しています。
2018年の実施にて14回を数え、例年お客様に喜んでいただいています。

○清掃奉仕活動
“街をキレイに”をコンセプトに、事業所ごと近隣の清掃活動を実施しています。
2006年から活動を始め、本社部門では月1回・時間外にて定期にて活動、
2014年9月には活動回数100回に達し、現在も継続中です。

○スポーツ支援
吉田石油店は、香川県をホームとするサッカーJ3リーグに所属する
『カマタマーレ讃岐』、バスケットボールの『香川ファイブアローズ』のクラブスポンサーです。

○拠点での支援
SSは多くの方が、気軽に立ち寄れる場所。
営業活動としての給油やカーメンテナンス、緊急対応はもちろんのこと
道案内や迷子保護も行い、多くの「ありがとう」を頂いています。
吉田石油店公式キャラクター『ラブちゃん』 吉田石油店には、いっしょに頑張る公式キャラクターがいます。
その名は『ラブちゃん』。
(正式名 : よっしー・すまいりー・らぶ)

吉田石油店にて、独自のキャラクターを策定したい!とプロジェクトチームが
発足したのは、かれこれ10年ほど前のこと。
数年前には3次元にもやってきました。

出会う人に、笑顔と幸せを運ぶラブちゃん。
当社理念に共感し、その活動の幅を着々と拡げています。

現在は、入社式やお客様感謝祭など、社内行事への積極参加に加えて
全国SSでのイベントへの出張や、地域イベントへもお出かけ。

2016年11月に松山市で行われたグランプリイベントでは、
香川県での得票数第1位を引っ提げ、現地へ参戦してきました♪
たくさんのお客様に、笑顔を頂くことができました!

より知名度を上げることで、より大勢の方に笑顔も幸せもお届けできるはず。
活動の記録は、ブログとフォトアルバムに掲載していきます。
皆さんの応援、よろしくお願いします!
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)