株式会社 特水
トクスイ
2021
業種
商社(食料品)
食品/水産/その他商社/その他サービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

特水の使命は「消費者と生産者を繋ぐこと」です。皆さんには、その社会的意義のある仕事に、挑戦していただきたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

寮完備!社歴に関係なく給与がどんどんアップする制度も!

業界大手の名に恥じない待遇・福利厚生を整えている特水。これから入社される新入社員に対しても、その対応は変わりません。例えばWi-Fi完備の寮は即日入居可。家具・家電付きなのでカバン一つで引越しできます。もちろん、プライベートで必要なグッズ(ゲーム、マンガなど)もどんどん持ち込んでもらってOKです。他にも頑張ったら頑張っただけ給料が増える昇給制度も確立。賞与は業績にもよりますが、直近10年連続で支給されており、安定した業績を維持していることが分かります。配送用の車両にはカーナビ、バックモニター、ドラレコ、GPSを完備しており、仕事をする上でも安心です。

仕事内容

総合職と一般職、それぞれがスペシャリストとして

特水のビジネスは鮮魚流通の要となることですが、それは各職種の働き方ともリンクします。営業は担当する魚介類(特水ではアジやイワシはAチーム、エビや貝はBチーム…のように分かれています)に応じて売上の全責任を担っており、いわば中小企業の経営者と同じような感覚で働けます。加工場ではスタッフをいかに効率よく配置・稼働できるかが勝負。責任者としてこちらも大きな裁量を担います。事務も24時間体制で顧客対応にあたるなど、顧客満足を重視したチーム編成で、他にはない価値提供を目指します。このように、それぞれがプロのビジネスパーソンとして躍動できるのが、特水の最大の魅力です。

事業・商品の特徴

卸売業者と小売業者を仲介する「仲卸」としての自信と責任

水揚げされたばかりの魚や貝は、それだけで食卓に並ぶことはありません。仲卸業者の手によって「価格」が付けられ、市場から小売店に届けられるのです。私たちはその仲卸業で関西屈指の規模を誇る会社。価格・流通・鮮度を守ることが最も重要なミッションですが、一方でスーパーや小売店のバイヤーさんと組んで産地直送を実現するなど、より顧客ニーズに沿ったビジネスモデルも確立しています。一部では「魚の消費量が減っている」といった報道もありますが、日本の食卓から魚が消えることは絶対にありません。そんな時でも安定して商品を供給できる存在になるため、私たちは日々創意工夫を凝らしながら新たなスタイルの構築を目指しています。

会社データ

事業内容 水産物・冷凍品・塩干物・淡水魚・貝類等の卸売・加工
設立 1950年5月
資本金 1億円
従業員数 110名
売上高 90億円(2019年3月実績)
代表者 代表取締役社長 尾崎 喬
事業所 ■本社(納品部・量販部・外食部・総務部)
大阪府大阪市福島区玉川3丁目5番20号
■大阪市中央卸売市場(量販部売場)
大阪府大阪市福島区野田1丁目1番86号
■北部支店(大阪府中央卸売市場内)
大阪府茨木市宮島1丁目1番1号
■岸和田工場
大阪府岸和田市地蔵浜町11番1号

【関連会社】タック・フードサービス株式会社
大阪府大阪市福島区玉川3丁目5番20号
主要取引先 大手スーパー、有名ホテル、料亭、外食チェーン等(イトーヨーカ堂、コノミヤ、スーパー松源、ライフ、阪食、関西スーパーマーケット、万代、阪急フレッシュエール、リーガロイヤルホテル、帝国ホテル、ザ・リッツ・カールトン大阪、ホテルモントレ、ホテル日航、都ホテル、ホテルオークラ神戸、ニューオータニ、阪急キッチンエール、他)
社員インタビュー 学生の皆さんのために、特水で働く社員に特別インタビュー!社内の雰囲気をほんの少しでもご理解いただければ嬉しいです☆

【営業】 原(2017年入社) 山口県出身
祖父も親父も、寿司屋・魚屋を経営していました。そのまま自分も後を継ぐのだろうと考えていたら、両親から「修行してこい」と言われ、家を追い出されることに…。そこで出会ったのが特水でした。深夜から働き始めて午前に仕事が終わる毎日に、正直へこたれそうになりましたが(友達と休みも合わないですし…)、それでも頑張ろうと努力した結果、今のポジションを任されるようになりました。今はさすがに当時ほどハードワークではありませんが、それでも最初は苦労もあると思います。私も「諦めなかったから今がある」と思っているので、皆さんもぜひ真剣に仕事に向き合い、結果を残してほしいですね。私もプロの目利きとして、もっともっと大きな商いに挑戦したいと思っています。

【営業(課長)】 中川(2004年入社) 大阪出身
両親が市場で働いていたこともあり、就活でも自然と市場を意識するようになりました。特水を選んだのは、とにかく伸びている会社だと聞いたから。入社後は3年間配送を経験し、その後営業サブとして3年間経験を積みました。この時に魚のことを一通り学びます。バイヤーの癖なども分かるようになってきて、営業の仕事にやりがいを感じるようになったらいよいよ独り立ち。今は課長として売上管理を任されていますが、一方で直接バイヤーさんと取引を行うなど、この仕事ならではのやりがいを感じています。特水の魅力は、とにかく先見の明があること。40年以上前にスーパーマーケットと取引を始めたり、15年以上前に産直ビジネスに挑戦したり…そういう会社はほとんどありませんでした。チャレンジ精神あふれる会社だからこそ、営業としてももっと頑張りたいって思えるんですよね。

【加工(係長)】 石原(2018年入社) 大阪出身
私が通っていた大学は下関の水産大学です。「卒業後は水族館で働けるといいなぁ」と考えていたのですが、そもそも募集すらなく、だったら…ということで市場関係の会社を中心に面接を受けていました。結局、どこにも受からずにフリーターをすることになったのですが、その時に和歌山共和水産という会社に入社し、その会社がM&Aされて特水の社員になりました。もともと働くことに高いモチベーションがあったわけではありませんが、それでも多くのメンバーを任されるようになり、マネジメントの大切さを実感。今ではどうすれば効率よく仕事がこなせるのか、日々頭を悩ませながら生産性の改善に取り組んでいます。特水に出会ったからこそ、仕事にも前向きに取り組めるようになりました。そんな特水に感謝しています。

【加工(主任)】 門口(2018年入社) 大阪府出身
入社した時は配送・仕分けのアルバイトでした。そこから正社員になり、魚を加工したり、捌いたりする仕事を任されるようになりました。魚の加工は種類によって全然異なります。特にフグは難しいですね。口、ひれ、皮、頭、カマ、身…それぞれを取り、サメ肌の除去も行います。フグの加工は免許もいりますし、間違って毒が残ってしまうと一大事。神経を研ぎ澄ませて作業にあたりますが、だからこそやり遂げた時は大きな達成感があるんですよね。職場仲間との付き合いも多いですよ。よく飲みに行きますし、先輩の家族と一緒に遊びに行くこともあります。オンオフ分け隔てなくフランクに付き合えるのは、同じ職場で長く働く上でとても大切なことだと思いますね。居心地の良さは自慢できます!

【事務】
はじめは会社の雰囲気になじんでください。社会人としてのマナーなどの研修から、基礎を学んでください。2年目からは少しずつ自分で判断できることを増やしていって頂き、3年目から1人で顧客を担当できるようになってもらいたいです。・サポート体制はしっかりしています。どの先輩に聞いても、わからないことはお教えできますので、安心してください。
電話対応も最初は内線を中心に覚えていってもらいます。ゆくゆくは外線にも応対できるようになってください。残業もほぼなく、定時、もしくは仕事が終わればそれより早く帰れる時もあります。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)