会津オリンパス株式会社
アイヅオリンパス
2021
業種
医療機器
精密機器/総合電機(電気・電子機器)/機械/その他製造
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

★今日も世界中のどこかで私たちの技術は人々を守っています★

当社は、多機能化が進む内視鏡を世界中に送り出す製造拠点です。

社員に共通するのは人の役に立ちたいという想い。
アイデアと技術をぶつけあい、助け合い新しいモノづくりに挑戦しています。
また業務フィールドは幅広く、機械、電気、物理、化学、ITをはじめ
文理問わずそれぞれに強みをもった人々が医療の未来に夢を抱き、日本中から集まっています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

一緒にチャレンジしませんか?不可能に、笑顔に、世界に。

会津オリンパスは、オリンパスグループの一員として、医療用内視鏡の開発・製造を担っています。世界シェア約70%を誇るオリンパスの消化器内視鏡は「MADE IN 会津オリンパス」。ここ会津の地で生産されています。そんな会津オリンパスは、前例のない発想や、加工技術を駆使してものづくりを支える「技術職」。ハイレベルな生産体制を支える情報技術システムを開発する「情報技術職」。安定的な生産を可能にする生産計画の立案や、会社の運営をつかさどる「事務職」。この3つのフィールドから世界の人々の健康と医療に貢献しています。理系・文系問わず活躍できるフィールドは世界に向けて無限大に広がっています。

施設・職場環境

世界トップクラスの内視鏡製造マザー工場は、環境や地域に優しい

1970年に設立されて以来、当社は一貫して医療用内視鏡の生産に取り組んできました。医療用内視鏡は、製品の高精度・高品質化により世界的に需要が拡大。この市場の規模にあわせ、新社屋が2016年春より本格稼動を開始しました。最新設備のさらなる導入により生産力もアップ。そんな当社の工場は、屋上・壁面設置太陽光発電などを導入し、環境的な配慮も積極的。また会津若松市が主催する「環境フェスタinあいづ」へ毎年協賛し、食堂残飯をリサイクルした肥料の無料配布等で、好評を得ています。また、毎年6月と10月には、社員が工場周辺の清掃を行うなど、環境や地域に優しい取組みを行っています。

会社データ

事業内容 医療用内視鏡および周辺機器の開発・製造
設立 1970年(昭和45年)6月1日
資本金 2億1400万円
従業員数 2,176名(2019年4月1日時点)
売上高 511億150万円(2018年3月期)
代表者名 代表取締役社長 山崎 等
事業所 会津工場/ 福島県会津若松市門田町大字飯寺字村西500
北会津工場/ 福島県会津若松市真宮新町北1丁目95
グループ オリンパスグループ
医療用内視鏡、顕微鏡等の「医療・健康関連分野」、デジタルカメラ、ICレコーダー等の「映像・情報関連分野」、半導体・工業用内視鏡、プリンタ等の「工業関連分野」など多岐にわたり、オリンパスグループはOpto-Digital Technologyを基本に大きく躍進しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)