大石建設株式会社
オオイシケンセツ
2021
業種
建設
住宅/プラント・エンジニアリング
本社
長崎

私たちはこんな事業をしています

大石建設は長崎県佐世保市に本社を構える今年で創業85周年を迎える県内有数の総合建設会社です。港湾工事やビル建築などの総合建設業を通じ、地元である長崎の発展や、地域の皆さまの快適な暮らしに貢献しております。また近年は、地球環境の保全に貢献することを目的として開発した特許技術「サブマリンクリーナー工法」が水産庁をはじめ各方面から高く評価され、日本各地やベトナムをはじとする海外からも注目を集めています。

会社データ

事業内容 ■土木工事業     ■建築工事業    ■大工工事業
■左官工事業     ■とび・土工工事業 ■石工事業
■屋根工事業     ■管工事業     ■タイル・れんが・ブロック工事業 
■鋼構造物工事業   ■鉄筋工事業    ■舗装工事業
■しゅんせつ工事業  ■板金工事業    ■ガラス工事業
■塗装工事業     ■防水工事業    ■内装仕上工事業
■熱絶縁工事業    ■建具工事業    ■水道施設工事業 
■解体工事業
設立 1933年(昭和8年)7月10日 創業
資本金 4,850万円
従業員数 92名
売上高 41,7億円(2017年5月期)
代表者 代表取締役 宅島 壽雄
事業所 【本社】長崎県佐世保市ハウステンボス町4-52
ホームページ http://www.ohishi-net.co.jp/
沿革 1933(昭和 8)年 7月 長崎県北松浦郡生月村(現:平戸市生月町)で大石義雄が港湾土木業を創業

1949(昭和24)年10月 長崎県知事登録業者資格取得

1950(昭和25)年 4月 対馬出張所(現在の対馬支店)開設

1968(昭和43)年 6月 資本金1,000万円にて「(株) 大石組」へ法人成り

1972(昭和47)年 6月 資本金を4,850万円に増資

1973(昭和48)年12月 関連会社「大起建設(株)」設立
            小ヶ倉ケーソン工場 操業開始

1974(昭和49)年 5月 建設大臣許可(特定49)第4204号受理

1989(平成元)年 4月 「大石建設(株)」に商号変更

2000(平成12)年 4月 宅島建設(株)と業務提携

2004(平成16)年 3月 長崎本社を旭町に移転

2006(平成18)年12月 長崎県知事許可(特-18)第11913号受理

2010(平成22)年 6月 本社登記を平戸市生月町から佐世保市ハウステンボス町へ移転

2015(平成27)年 9月 西海営業所を開設

平均勤続勤務年数 14.3年
月平均所定外労働時間 10時間(2016年度実績)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)