ヒビノ株式会社
ヒビノ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

ヒビノ株式会社

JASDAQ上場/音響/映像/音楽/PA/イベント/コンサート/機器/機材
  • 株式公開
業種
商社(電機・電子・半導体)
家電・AV機器/各種ビジネスサービス/放送/専門店(音楽・書籍・インテリア)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、音と映像のプロフェッショナル集団ですが、
実は、皆さんの生活にも密着しているんです!

それは、テレビやラジオから流れる音、ライブハウスで耳にする音や
街頭で目にするLEDディスプレイ…etc.

日常生活からエンターテイメントシーンまで、実に様々な場面の
音と映像に携わっています。

これまでにない新しい価値や体験から生まれる
「!」=夢、感動を提供し続けることが私たちの使命です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

音と映像のプレゼンテーター

ヒビノは、音と映像の分野において、販売とサービスの事業を展開しています。販売ではプロ用音響機器を輸入し、ホール等や放送局へ納入しています。ただ機器を販売するだけでなく、システム設計・施工・修理まで一貫したサービスを提供し、メーカーと同等レベルのサポート体制を築いています。私達は販売する機器に愛と矜持と技術力を注ぎ、お客様が求める最高のモノを提供しています。また、サービスでは、ホール等の会場に音響・映像機器をレンタル、設置し、業界トップレベルのエンジニアがオペレーションを行います。音と映像に関わるモノとサービスを提供し、「音と映像のプレゼンテーター」として感動を届けるのが、私達の仕事です。

戦略・ビジョン

成長の"その先"を見据え「進化」する

2019年11月に設立55周年を迎えたヒビノ。最新鋭の機材とプロフェッショナルな人材で、音と映像の「こだわりカンパニー」という業界でも稀有な存在として成長してきた当社はいま、第二創業期へと移行し、変革の時を迎えています。「売上高1,000億円」「世界のヒビノ」という壮大なビジョンを実現するために不可欠なのは、社員一人ひとりの「進化」。どの分野であっても、現場の最前線に立つ社員が現状に甘んじることなく未来を切り拓いていくことで、ヒビノは次なる100年へ向け「進化」していきます。

社風・風土

ヒビノイズム

私達には、創業以来大切にしていることがあります。それは、今までやったことがないこと、オンリーワンであることへのチャレンジを続ける【ヒビノイズム】です。たとえば、屋外ライブの先駆けと言われる「箱根アフロディーテ」への音響機材の提供、日本最大規模と言われる20万人を集客したコンサートでの音響と映像の演出を担当するなど、今まで誰もやったことがない新しい試みを具現化してきました。これまで培ってきた技術力やノウハウを武器に、音響や映像演出のリーディングカンパニーとして、これからも新たな試みに果敢にチャレンジし、エンターテイメント業界に貢献してまいります。

会社データ

事業内容 業務用音響機器の販売・システム設計及び施工・メンテナンス
映像ディスプレイ及び周辺機器の開発・製造・販売
コンサート・イベント用音響システム及び映像システムの企画立案、機器の貸出、オペレート
コンサート・イベントの録音、中継、トラックダウン、オーサリング
設立 1964年11月13日
資本金 17億4,865万円(2019年3月31日現在)
従業員数 単体:523名(2019年3月31日現在)
連結:1,128名(2019年3月31日現在)
売上高 単体:181億円(2018年度)
連結:339億円(2018年度)
代表者 代表取締役社長  日比野 晃久
事業所 ■本社(A館):東京都港区港南3-5-14
■本社(B館):東京都港区港南3-5-12
■東雲:東京都江東区
■札幌:北海道札幌市西区
■仙台:宮城県仙台市太白区
■横浜:神奈川横浜市港北区
■名古屋:愛知県名古屋市中村区
■大阪:大阪府吹田市豊津町
■福岡:福岡県福岡市博多区
沿革 1956年:ヒビノの前身となる、テレビ販売修理店を開業
1964年:ヒビノ電気音響株式会社を設立。
      業務用音響機器の設計・販売・修理業務を開始
1971年: コンサート音響事業へ参入
1984年: 映像部を設置し、本格的に映像業務を開始
1988年: 社名を、ヒビノ電気音響株式会社から「ヒビノ株式会社」へ変更
2002年: 映像製品の開発・製造・販売事業へ進出
2006年: ジャスダック証券取引所(※1)に株式を上場(証券コード:2469 )
             (※1現 東京証券取引所JASDAQ<スタンダード>)
      株式会社メディア・テクニカル(※2)を完全子会社化
     (※2 現商号:ヒビノメディアテクニカル株式会社)
2007年: Hibino Europe Limitedを設立
       Hibino Asia Pacific Limitedを設立
       株式会社ヘビームーン(※3)を完全子会社化
             (※3 現商号:ヒビノインターサウンド株式会社)
2008年: スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社を完全子会社化
2010年: Hibino Asia Pacific(Shanghai) Limitedを設立
      ビクターアークス株式会社(※4)を持分法適用関連会社化
     (※4 同社は2014年7月、株式会社JVCケンウッド・アークスに商号を変更。)
2013年: 株式会社ベスコ(※5)を完全孫会社化
     (※5 現商号:ヒビノベスコ 株式会社)
       株式会社エィティスリーを完全子会社化
       株式会社ファーストエンジニアリング(※6)を完全子会社化
     (※6 現商号:ヒビノライティング株式会社)
2014年: コバレント販売株式会社(※7)を完全子会社化
     (※7 現商号:ヒビノイマジニアリング株式会社)
       設立50周年
       株式会社メディアニクスを完全孫会社化
2015年: 日東紡音響エンジニアリング株式会社(※8)を完全子会社化
     (※8 現商号:日本音響エンジニアリング株式会社)
2016年: 4月 株式会社エレクトリを完全子会社化
      12月 株式会社JVCケンウッド・アークス(※9)を子会社化
     (※9 現商号:ヒビノアークス株式会社)
2017年: アメリカに現地法人(完全子会社)Hibino USA, Inc.及びH&X Technologies, Inc.を設立
2018年: 子会社日本音響エンジニアリング株式会社がタイに現地法人(子会社)NOE Asia        
              Pacific Company Limitedを設立
2018年: 5月 ヒビノエンタテインメント株式会社を設立
            12月 株式会社テクノハウスを完全子会社化
2019年: 1月 韓国Sama Sound Inc.、Sama D&I Co., Ltd.及びSama CDS Inc.を子会社化
              2月 子会社Hibino USA, Inc.がアメリカTLS PRODUCTIONS, INC.を子会社化
              4月 日本板硝子環境アメニテイ株式会社を完全子会社化
       (※10 現商号:日本環境アメニティ株式会社)
              8月 子会社日本音響エンジニアリング株式会社が株式会社サンオーを完全子会社化
グループ会社 ヒビノアークス株式会社
ヒビノインターサウンド株式会社
株式会社エレクトリ
ヒビノイマジニアリング株式会社
株式会社テクノハウス
日本音響エンジニアリング株式会社
日本環境アメニティ株式会社  
株式会社サンオー
ヒビノメディアテクニカル株式会社
ヒビノベスコ株式会社
ヒビノライティング株式会社
株式会社エィティスリー
ヒビノエンタテインメント株式会社  
Sama Sound Inc.
Sama D&I Co., Ltd.
Sama CDS Inc.
NOE Asia Pacific Company Limited
Hibino Asia Pacific Limited
Hibino Europe Limited
Hibino Asia Pacific (Shanghai) Limited
Hibino USA, Inc.
TLS PRODUCTIONS,INC.
H&X Technologies, Inc.
平均年齢 43歳7ヶ月(2019年3月31日現在)
従業員比率 男性:80%
女性:20%
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)