不二電機工業株式会社
フジデンキコウギョウ
2021

不二電機工業株式会社

東証一部上場
  • 株式公開
業種
半導体・電子部品・その他
重電・産業用電気機器/電力・電気
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

<社会インフラを支える電気制御機器メーカー>

発電所や変電所、鉄道、工場、ビル設備、環境施設…。

不二電機工業は、さまざまなシーンで社会インフラを支える
電気制御機器の専門メーカーです。

中でもメインとなるのが電力・交通分野です。

発電所の安全・安定運転に寄与する製品や、
電車の安全走行を支える製品などを開発。

国内のみならず、世界中に供給しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

電力や交通インフラを支えることで、社会に貢献します。

電力や鉄道、環境施設などの社会インフラ分野で活躍する電気制御機器のメーカーです。いわば社会の健やかさ、快適さ、安全性を陰で支える重要な役割。国内・海外で高い評価を得ている背景には製品が持つ高い信頼性がある一方、景気の影響を受けにくい事業モデルを早くから確立した「経営の安定性」も挙げられます。製品の優秀性や技術力、人材の力、地域社会への貢献などあらゆる面でバランスがとれた企業づくりに努め、その中でも特に「人を育てること」を最重要と考え進めてまいりました。今後もずっと社会から信頼される企業でありたいと願っています。

事業・商品の特徴

「社会貢献度が高い」×「モノづくりのすべてに関わります」

社会インフラに関われるメーカーは他にもあります。しかし、分業制が進む昨今において一人の技術者がモノづくりのすべてに関われるメーカーは多くありません。両者を兼ね揃えた当社は稀有なメーカーであると言えます。電気制御機器と言っても、その開発には回路やメカなど多様な技術が必要です。モノづくりの全工程に関わるわけですから、ときには専門外の知識・技術を求められることもあります。未知の領域へ挑戦することを楽しめるか。それが当社の技術者に求められる条件です。また当社では開発以外にもキャリアが開かれており、品質保証や製造、営業等にもチャレンジが可能。さまざまな経験を通して、自分の可能性を追求することができます。

社風・風土

男性社員も育休を取得

「労使は二つにあらず」を社名の原点とし、創業以来、労使が一体となった全従業員参加型の「共感の経営」を実践してきました。社内制度や福利厚生においても従業員と会社が対等な立場で議論を交わし、日々改善を行っています。また、ダイバーシティも積極的に推進。すべての従業員が仕事と家庭生活を両立させながら活躍できる企業風土の確立をめざしています。その一環として、育休・産休制度や時短制度等も使いやすく整備。最近では男性社員の育休取得者も増え始めています。さらに育休・産休取得者が安心して職場へ復帰できるよう復職教育を実施。このような取り組みの結果、制度を利用した多くの従業員が、復職後も引続き活躍しています。

会社データ

事業内容 【営業品目】
制御用開閉器
接続機器
表示灯・表示器
電子応用機器
設立 1958年5月
資本金 10億8,725万円
従業員数 317名 ※2018年1月
売上高 38億9,961万円 ※2018年1月
代表者 代表取締役社長 八木 達史
事業所 【本社】
〒604-0954
京都府京都市中京区御池通富小路西入る東八幡町585番地
TEL:075-221-7978(代)/FAX:075-251-0425
【営業拠点】
●技術営業部 草津営業チーム(営業本部) 滋賀県草津市野村3丁目4-1
●技術営業部 東京営業チーム 東京都港区芝公園1丁目1番12号
【生産拠点】
●草津製作所 滋賀県草津市野村3丁目4-1
●みなみ草津工場 滋賀県草津市野路東2丁目5-5
●新旭工場 滋賀県高島市新旭町太田字西川原905‐1
沿革 1953年 京都市中京区二条に「不二電機」を創業
1958年 資本金350万円で、不二電機工業(株)を設立
           京都市中京区柳馬場に第2工場を建設
1963年 草津製作所完成、操業を開始
1977年 草津製作所にコンピュータを導入
1992年 新旭工場完成、操業を開始
1994年 東京営業所を開設。株式店頭公開を行う
1997年 草津製作所および新旭工場にてISO 9001認証取得
2001年 電子商取引(不二電機工業Web EDI)開始
           代表取締役社長に小西正が就任
2002年 本社、草津製作所および新旭工場にてISO 14001認証取得
2004年 日本証券業協会への店頭登録を取消し、 ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年 スイッチ、落下式故障表示器で中国強制認証規格(CCC)取得
           東京営業所にてISO14001の認証取得
2006年 東京証券取引所 市場第二部に上場
2008年 2008電設工業展で「配線脱落防止端子台」が会長奨励賞を受賞
2011年 滋賀県草津市野路東に新工場『みなみ草津工場』を完成、操業を開始
2014年 東京証券取引所 市場第一部に上場
2017年 みなみ草津工場1号館増築
2018年 代表取締役社長に八木達史が就任
鉄道分野におけるオンリーワンの存在 車両側面や前後方向に取り付けられる表示灯、運転台で用いられるスイッチ、鉄道変電設備で用いられるインターフェイスユニットetc.当社では鉄道車両や鉄道変電設備に用いられる製品を多数供給しています。競合企業が複数ある中で、電気制御機器を専門に手掛けるメーカーは当社だけ。独自の技術を応用した製品群は、他社にはない特色があり、国内外で高い評価を獲得しています。
世界に広がる信頼のブランド 米国、中国、中近東、東南アジアなどの国・地域においても重電機や鉄道車両メーカーの製品に組み込まれるなど、信頼のブランドとして広く認知されています。今後は海外市場への拡販をさらに強化していく考えです。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)