社会福祉法人恵泉会ケイセンカイ

社会福祉法人恵泉会

特別養護老人ホーム/保育/こども/シニア/地域福祉/相談支援
業種 福祉・介護
教育関連
本社 山形

先輩社員にインタビュー

障害者支援施設 鶴岡市立愛光園
佐藤 優也(24歳)
【出身】国際こども・福祉カレッジ  介護福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 障がいのある方の日常生活の援助や相談支援
生活支援員は、施設や地域で暮らす障がいのある方の日常生活を支援する仕事です。
私の業務内容は、入所されている利用者さんの一日の生活上のお手伝いと相談を受けたときの支援です。日中は主に生産活動を利用者さんと一緒に行い支援します。利用者さんが福祉サービスを受けるための手続を行うために市町村の担当者との調整も行います。その他に行事の企画、障がい者スポーツ、レクリエーション活動の支援も行います。利用者さんの頑張りでスポーツ大会では何度も入賞しています。職員も一緒に楽しむことで理解や支援の輪が広がります。全てを支援するのではなく、できることはどんどんと伸ばして自信を持って頂きたいと考えています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ご利用者だけでなく、職員も笑顔で楽しく働ける環境であること
私が考える理想の施設は「利用者さんも職員も笑顔でいられる、明るい環境であること」です。私は、今勤めている施設でしか経験がありませんが、ここは理想の施設だと実感しています。その理由として、職員と利用者さんの人間関係・信頼関係がとても良く、毎日笑顔があふれています。また、愛光園では、季節に合わせたイベントや行事を多く企画しており、利用者さんと一緒に職員も楽しみながら仕事をしています。その行事も、職員だけで作るのではなく、利用者さんと一緒に盛り上げていく感じが何より嬉しく感じます。職員も楽しく仕事が出来なければ、より良い支援はできません。私は日頃から『笑顔を引き出す支援』を心がけて、より良い支援ができるよう励んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 専門学校の先生から紹介していただきました
私は県外から地元の就職探しをしていました。現在勤務している法人を知ったのは、専門学校の先生からの紹介でした。面接を受けさせて頂き、私は介護士として勤務したいという希望と障がい福祉にも関心があるという話から、障害者支援施設への配属となりました。初めは介護施設でなかった事に戸惑いがあり、業務内容の違いに苦労しましたが、ここでの経験は自分を大きく成長させてくれたと思います。
 
これまでのキャリア 障害者支援施設 生活支援員(現職・今年で4年)

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

福祉の仕事は、高齢者の介護のイメージが強いですが、障害や保育など幅広く活躍できる職業です。また、福祉の資格は実務経験を積んでいくと取得できるものが増えていくので、自身のスキルアップもできます。誰かの役に立ちたい、人の為になる仕事をしたいと言う方にはおすすめしたいと思います。私もそんな理由からでした。最後に、私の経験から、面接では堂々と自分の思いを伝えてください。あなたの一生懸命な姿を面接官に見てもらいましょう。

社会福祉法人恵泉会の先輩社員

高齢者やそのご家族から介護についての相談を受けて介護計画を立てる。

永寿荘居宅介護支援センター
阿部 えり
東北公益文化大学 公益学部公益学科

「やりたい」という気持ちを引き出すこと!

鶴岡市立東部保育園
工藤 香奈
東北文教大学短期大学部 子ども学科

お年寄りの生活に寄り添う仕事

特別養護老人ホーム永寿荘
栗本 貴子
高崎健康福祉大学 健康福祉学部社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる