社会福祉法人東光学園
トウコウガクエン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人東光学園

児童養護施設/保育
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

★エントリー・説明会予約受付中★

当法人は、戦前に英国宣教師が公娼制度の犠牲となった婦女子と乳幼児を救済した事業の取り組みから発展しました。
現在は児童養護施設『東光学園』と高齢者複合施設『ふれ愛の家』の2つの福祉事業を担っています。

創設の精神であるキリスト教の「隣人愛」を土台に、その時代のニーズに応え、
つねに助けを必要とする人びとに寄り添った最善の支援に努めています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

一人ひとりに寄り添い、子どもたちの自立を前向きに支援できる人

保育士として活躍していただく方には、当法人が運営する児童養護施設「東光学園」において、子どもたちの日常生活のサポートや、豊かな心身を養うための支援全般をお願いしたいと考えています。「東光学園」では、12名のユニット制で、子どもたち同士お互いに助け合いながら、自主性・自立性を育んでいます。生活の中で特に意識しているのは、常に「子どもの最善の利益」を考えること。個性豊かな子どもたち一人ひとりに寄り添い、真摯に向き合いながら、それぞれの成長を支えていきたいと考えられる、熱意のある人材のご応募をお待ちしております。

戦略・ビジョン

キリスト教精神を礎とした社会福祉事業を展開する

社会福祉法人東光学園は、戦前に英国宣教師が公娼制度の犠牲となった婦女子と乳幼児を救済した事業から発展して設立されました。現在は児童養護施設「東光学園」と特別養護老人ホーム「ふれ愛の家」の2つの福祉事業を行っています。当法人の土台となっているのは、創設の精神であるキリスト教の「隣人愛」。助けを必要とする人びとに寄り添い、時代のニーズに応じた最善の支援を提供できるように努めています。1946年、「東光学園」は戦災孤児の保護をはじめました。今後も、移り変わるニーズの中子どもたちが必要とするサポートを的確にキャッチし、気持ちに応えることを使命とします。

事業・商品の特徴

自立支援や権利擁護をはじめ、多方面でのサポートに注力

現在「東光学園」では、子どもたちの自立支援や権利擁護に重点を置いたサポートをおこなっています。子どもたちが、それぞれに自分のやりたいこと、すべきことを見極め、のびのびと成長していくためには、自立心を育てることが欠かせません。そのためにも、私たちは子どもだけでなく周囲を取り巻く環境へも気を配らなければなりません。家庭支援専門相談員や里親支援専門相談員、心理療法担当職員と連携をとりながら、子どもが、家族が、社会がどうあるべきか常に考えています。子どもの心理的ケアにも注力し、健やかな未来がひらけていくよう、ともに支援していきましょう。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【保育士、児童指導員】
当法人が経営する各施設にて、保育士・児童指導員として活躍していただきます。

【看護師】
施設内における利用者さんの体調管理、そのほか看護業務をお願いします。

【栄養士】
施設内で提供する食の管理や栄養指導をお願いします。

会社データ

事業内容 ・社会福祉事業(児童養護施設事業)
児童養護施設の運営
・社会福祉事業(高齢者介護等事業)
特別養護老人ホーム、ショートスティ、デイサービスセンター、ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターの運営
設立 1952年5月
資本金 社会福祉法人のため非公開
従業員数 144名(2018年4月時点)
売上高 社会福祉法人のため非公開
代表者 理事長 渡邉純
事業所 ■本部
〒599-8234 
堺市中区土塔町2028
TEL:072-237-6161
FAX:072-235-6005
沿革 1918年 創設者・ジョージ・デンプセイは日本伝道隊の招聘により講師として来日。
帰国後、グラスゴー市に本部を置き、日本の娼妓を救済するジャパン・レスキュー・ミッションを創設
1939年 デンプセイ・日本聖公会執事、翌年司祭に、また、木川田正毅も執事となる
1941年 デンプセイ夫妻をはじめ21人の宣教師は帰国、婦人事業は、大阪婦人ホーム分館で継承
1941年 ジャパン・レスキュー・ミッションを、財団法人東光学園と改名。木川田正毅初代園長に就任。児童保護の事業を継承。しかし、ほどなく東光学園の土地と建物は軍部によって接収され、児童と職員は姉妹施設の博愛社と弘済会に移住する
1946年 米軍従軍牧師ヨセフ・ケラーマンの尽力により、土地と建物が東光学園に返還され、戦災孤児と浮浪児などの保護施設として事業を再開
1947年 学園内に堺市立東百舌鳥小学校の分校を設置(1951年本校に合併)
1948年 児童福祉法による児童養護施設になる
1952年 社会福祉法人に組織変更。木川田正毅理事長就任
1953年 聖ルカ幼稚園を設立(~1990年)
1980年 セント・ジョージ館新築(児童棟・事務所)児童定員を204名に変更
1996年 特別養護老人ホームふれ愛の家、在宅介護支援事業所および東光学園附属診療所新築開設
2000年 特別養護老人ホームふれ愛の家、介護保険法に基づく介護福祉施設に指定
2011年 児童養護施設シロアム館新築(鉄筋2階建て、定員154人)
2015年 渡邉純理事長就任
ホームページ https://tokogakuen.com/
【新型コロナウイルス感染症への対応】 少人数での見学会を随時実施いたします。マスクの着用でお越しください。
施設に入られる際には、アルコールで手指消毒をお願いしております。

連絡先

社会福祉法人東光学園
〒599-8234 
堺市中区土塔町2028
TEL:072-237-6161
Email:toko-shidou-b@grace.ocn.ne.jp
掲載開始:2020/03/01

社会福祉法人東光学園に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人東光学園に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)