北野建設株式会社キタノケンセツ
  • 株式公開
業種 建設
住宅/設備・設備工事関連
本社 東京、長野

先輩社員にインタビュー

東京建築事業本部 建築部
関口 友裕(33歳)
【出身】東京工業大学大学院  理工学研究科・建築学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建築現場の施工管理
ひとつの建物をつくるには非常に多くのプロフェッショナルがそれぞれの役割を決められた順番にこなさなければなりません。これを中心となってまとめるのが私達の仕事です。まず、設計図をもとに施工図と建物の各部位の製作図を作成し、例えば外壁と窓といった、異なる部位同志の取り合いの調整を行います。次に、部位ごとの数十の工種の施工を行う専門工事業者がいつ、どうやって施工するかを計画し工程表や施工計画を作成します。現場で工事が始まると、作成した工程表通りに各工種が進んでいるかの工程管理と品質、安全の管理を行います。施主・設計・専門工事業者との打合せを行うコミュニケーション能力、現場を引張るリーダーシップ、建築の詳細納まりまで管理する知識と技術力など多岐にわたる能力とバランスが必要な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
どんなに大変な物件でも最後に苦労が報われる瞬間が必ずある
まずは建物を囲っていた足場が無くなり全容が現れたとき、また、竣工しお客様(施主)に引渡す際に感謝の言葉を頂いたときに大きな喜びと達成感、やりがいを感じます。どの物件でも竣工までには大変な苦労が伴いますが、頑張ってきて良かったと思える瞬間です。国家プロジェクトである羽田国際線ターミナルビルの現場に従事した際には、竣工後にテレビや新聞等のマスコミで頻繁に取り上げられ、空港としてオープンした後に多数の人が利用しているところを実際に見たときには誇らしい気持ちになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 早くから責任ある立場で仕事ができる
私の就職活動ははじめ不動産とゼネコンの両方を視野に入れて行っていましたが、具体的な業務内容を聞いてゼネコンに決めました。当社を選んだ理由としては、少数精鋭で早くから責任ある立場で仕事ができること、様々な用途の建築物の施工実績があること、海外での施工実績が豊富なこと、説明会や先輩社員から感じた会社の雰囲気が自分に合っていると感じたことです。実際、私は3年目から4年目にかけてほぼ1人で現場管理を任され、何とか無事に竣工させることができました。また、国家プロジェクトである羽田国際線ターミナルビルの現場に約2年従事することができ、非常に良い経験となりました。会社や社員の雰囲気も、就職活動時に感じた通りだったと思います。
 
これまでのキャリア 入社1年目より現職・現在9年目。分譲マンション、賃貸マンション、個人邸(高級住宅)、国際空港ターミナルビルの現場を経験し、現在高層ホテルの施工管理業務に従事。

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社のホームページや会社説明会だけでなくOB/OG訪問等で社員と会話をし、会社の雰囲気や社風が自分に合うか、日々の具体的な業務内容が想像していたものと合っているかなどをよく確認した方が良いと思います。それから、ゼネコンはどこも建築が好きな人を求めていると思いますので、いかに建築が好きかをアピールして下さい。

北野建設株式会社の先輩社員

【建築施工管理】つくるための準備

東京建築事業本部 建築部
加藤 直子
職業能力開発総合大学校 応用課程 建築施工システム技術科

“建築設備管理”快適な生活空間の提供するために。

東京建築事業本部 建築部 設備課
菅沼 一希
工学院大学 工学部 建築学科

建物の新築やリフォームの営業及び土地や建物の有効活用等の企画提案営業

本社建築事業本部 営業部
大久保 直貴
日本大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる