株式会社セントラル・フルーツ
セントラルフルーツ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社セントラル・フルーツ

農業・流通・小売・食(事業)
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
その他専門店・小売
百貨店/外食・レストラン・フードサービス/商社(食料品)/食品
本社
京都

先輩社員にインタビュー

営業部 マネージャー
内田 啓太
【年収】非公開
これが私の仕事 店舗運営、スタッフ育成、関東グループの運営・育成サポートをしています。
店舗リーダー、関東4店のグループリーダー、採用プロジェクトリーダーが主な仕事です。

週に一回はグループリーダーが集まってミーティング。グループリーダーとして他店舗の運営・育成サポートを行い、採用プロジェクトでは「現場で実務を実感している若い社員が積極的に採用活動に参加する」という方針の下新卒採用を行うと共に、スタッフが前向きに働くための取り組みを行っています。

店舗リーダーの業務は様々。1日のスケジュールや目標を立て、スタッフの配置を考えます。商品の鮮度維持はもちろん、仕入れ数・売価を確認し、売場づくり、発注を行い、取引百貨店様との販促企画や商品構成なども考えます。
1日の始まりは朝礼から。私は必ず、スタッフの調子を確認します。一同、お客様をベストな表情でお迎えしたいと思っているからです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自身とメンバーの成長の大きなきっかけ。
入社3年目、店舗リーダーとしてチャンスを貰いました。目標を立て、施策を用意し、意気揚々と臨んだ結果は、失敗。お客様のこと、メンバーの気持ち。どれも掴めていなかったひとりよがりな施策だったのです。

「このままではダメだ」私は先輩に八百屋の基礎を教わることを始め、商品部やマネージャー、沢山の人からアドバイスを聞いて廻りました。目標達成には関わる人たちのことを理解していなければならない。お客様が求めるもの、共に目標へと向かうメンバーがどんな性格で、どんな長所を持っているのか。メンバーとのコミュニケーションを深め、お客様のご指摘やクレームからは改善点を学び、知るよう努めました。

一人ひとりが力を発揮し、目標が達成できた時。メンバーの成長と自分の成長を感じられたことがとても嬉しく思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人柄に惚れて、「この人と共に仕事がしたい」 そう思いました。
友人が農家をしていたこともあり、もともと農業や飲食、畜産・・・第一次産業には興味を持っていました。その時丁度当社の求人があり、私は早速応募。同時期に農家や家畜も受けていましたが、面接時に話した専務の人柄に惚れ込み、入社を決めたのです。

入社当初、興味を持っていたとはいえ、実は青果物のことはほとんど何も知りませんでした。はじめは野菜の名前も絵本を読んで覚えていった。そんな私でしたから入社してからの毎日は自分にとってどれも新鮮で、学ぶことも数えきれない。とても濃厚な日々だったと今でも思います。

先輩や上司、周りの人の支えがあって3年目で店舗リーダーに、今ではグループリーダーまで任されました。どんどんチャンスを与えて頂ける、素敵な会社です。
 
これまでのキャリア 販売・接客(2年)
店舗リーダー(1年)
関東事業部サブマネージャー(2年・店舗リーダー兼任)
グループリーダー(現職・店舗リーダー兼任)

この仕事のポイント

職種系統 店長(店舗経営など)
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活は終わってゴールではありません。入社してからどれだけ成長できるのか、自分にできることを増やしていけるのかが勝負です。
その道の途中には、自分一人ではどうしようもない状況もあるかもしれません。そんな時に支えてくれるのは周りのみんなです。
いろいろな会社を廻ってみて、「この人達と一緒に仕事がしたい」と素直に思える会社を見つけてみてください。

株式会社セントラル・フルーツの先輩社員

採用プロジェクト、スタッフの面談や研修企画を行っています。

総務人事部
宮本 早紀

果物を専門に、販売商品の企画、販促企画を行っています。

商品部
佐々木 真美

商品構成や売り方を決めています。

商品本部 販売促進 部長
滝井 富生

チームワークから生まれる細やかなサービスで、お客様をお迎えしています。

京都八百一本館 レストラン SAVORY 接客
峯 清一郎

丹波農場で、ミニトマトの水耕栽培を行っています。

八百一の郷 丹波農場
戸倉雄大

お客様の生活に触れる1対1の接客が反響を生む。

京都八百一本館店 クック1/2担当
上田早紀

掲載開始:2020/03/01

株式会社セントラル・フルーツに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社セントラル・フルーツに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)