株式会社セブン-イレブン・ジャパンセブン-イレブン・ジャパン

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

「セブン-イレブン」のフランチャイズチェーン本部
業種 コンビニエンスストア
コンサルタント・専門コンサルタント/食品/商社(総合)/外食・レストラン・フードサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

習志野地区OFC (オペレーション・フィールド・カウンセラー)
平岩 丈典
【出身】立教大学  経済学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 何よりもまず『やる気になっていただく』こと。
私たちOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)は、店舗のオーナーさんに対し経営のアドバイスを行っています。「経営」とか「コンサルティング」というと堅苦しいイメージを持つかもしれませんが、この仕事の根幹にあるのは相手を前向きにさせる、やる気にさせることです。実際に行動するのはオーナーさんであり、従業員さんたちなのですから。とにかく相手の話を徹底的に聞く。それは仕事や売上に関することだけでなく、趣味や物の考え方、人生観などにも及びます。私は現在、受け持っている7店舗全てを出勤日は毎朝欠かさず回っています。電話やメールで済むことも、直接顔を合わせてやりとりしているのです。感情やモチベーションの変化を読み取るには、やはり相手の表情を見ないと分かりません。OFCはそういう仕事だと私は思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新しい店のオープンにはドラマがある。
OFCの一番のやりがいは、新規店舗の立ち上げだと思います。幸運なことに、私はOFCとなった初日からそのミッションに取り組むことに。店内のレイアウトを決めて、商品の配置を決めて、従業員さんを採用して…。やるべきことは山ほどあります。今でこそ私は4店舗の新店立ち上げに携わりましたが、当時は手順書(マニュアル)の存在さえ知らず要領を得ない仕事をしていました。それでも何とかたどり着いたオープン前日のセレモニー。オーナーさんと奥さんが挨拶で『まず最初に、一体いつ寝てるんだっていうほど頑張ってくれた平岩くん、本当にありがとう』と泣きながら、誰よりも先に語りかけてくれた瞬間、全てが報われたというか、この仕事に就いてよかったなぁと心から思うことができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分が活躍しているシーンが浮かんだ。
特にやりたいことをハッキリとは持っていなかったので、業界も職種も絞らずに様々な企業を受けました。金融系や石油メーカーなど、様々な企業の中からセブン-イレブン・ジャパンを選んだ理由は、働いている自分を具体的にイメージできたからです。本当に様々な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくことが必要なこの仕事は、自分を成長させてくれると思いました。そして、商品開発や物流はもちろん、グループ全体で見れば更に幅広いビジネスがあり、将来性や可能性といった面でも魅力を感じたのです。
 
これまでのキャリア 2003年入社。トレーニングストアで副店長、店長を務め、成田地区OFCを3年半。2009年3月より習志野地区OFC

この仕事のポイント

職種系統 スーパーバイザー
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 経営ノウハウが身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活ではツラい思いをすることもあるでしょう。仮に選考を受けた企業にご縁がなかったとしても『相手の見る目が無かった』位の気持ちでいたほうがいいと思います。また、大切なことは『入社することが目的ではない』ということ。その会社、組織、雰囲気にフィットして働き続けることが大事。そのためには、周囲が決まったからといって焦る必要もないし、背伸びして自分を過剰演出する必要もありません。素のままの自分を気に入ってもらえるよう、自然体でいきましょう。

株式会社セブン-イレブン・ジャパンの先輩社員

経営について、一緒に考える。

熊谷地区 OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)
齋藤 貴英
東洋大学 経営学部

日々異なる経営課題に向き合い続ける

越谷地区OFC (オペレーション・フィールド・カウンセラー)
大日方 洋平
神奈川大学 経済学部 貿易学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる