株式会社フォノン明和
フォノンメイワ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

株式会社フォノン明和

ファインセラミックス/スマートフォン/BtoB
業種
半導体・電子部品・その他
ガラス・セラミックス/コンピュータ・通信機器・OA機器/機械
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

『ミクロの世界を見てみませんか?』
スマホに入っている部品の中で重要な“ファインセラミックス”を開発から手掛ける専門メーカーです。
IoT=モノのインターネットが注目される現在、スマホでテレビや照明を操作する家庭もあり、
自動車や介護ロボットを動かす日も近いでしょう。フォノン明和の社員は、そんな社会の進化に携わる存在です。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

【創業126年】進化を続ける電子部品素材メーカー

電気・磁気特性に優れたセラミック素材は、電子部品に欠くことができない存在。その中で当社は、電子回路に実装される抵抗器と、インダクタのベースとなるセラミック素体を製造・販売しています。スマートフォン等に使われる当社の製品は、微小化する電子部品の中でも品質レベルが高いと、国内外問わず信頼を得ています。2017年には新潟事業所に新工場を建設、2018年には瀬戸本社も工場の改築、2019年にはベトナム明和の生産規模を拡大しました。多様化するニーズに対応し、成長を続けています。様々なものがインターネットにつながり、暮らしをより便利にする社会「IoT社会」が到来し、当社が求められる役割も非常に大きくなっています。

企業理念

【創造と挑戦】技術・品質を高め、あらゆる分野へ貢献!

当社製品は直取引を行う国内外の大手メーカーのスマートフォンへの搭載のみならず、取引先を通じて自動車や家電、電子部品を搭載する様々な商品に使われています。スマートフォンでは性能の進化とともに搭載個数が増加、自動車でも自動運転などの更なる電子化によるニーズ増が見込まれ、企業としてさらに進化できる可能性を秘めています。今後、あらゆる分野に貢献していく為にも、技術と品質を向上させる「人」を育てることが大切です。どれだけ優れた製品を作れるかは技術を行う「人」にあるからです。「創造と挑戦」を理念とする当社の自由な風土のもと、自らの知識・技術を高め、当社と共に成長できる人材を育成していきます。

魅力的な人材

【あなたも開発の主役に】世界中に自分の開発製品が使われる!

開発職を目指し就活。入社後は各製造工程を3ヵ月かけて研修し、2年目でインダクタ開発に抜擢されました。インダクタはスマートフォンに搭載されるわずか数ミリの電子部品。0.01ミリの違いがアプリの稼働を左右し、スマートフォンを進化させます。車の自動運転システムなどが日常となるIoT社会にとって、当社のインダクタは欠かせない電子部品です。また当社では開発だけでなく、安定した生産方法を考えたり、設備改良にも携われます。自由に発想をひろげアドバイスをもらい、モノづくり全般に携わることができます。私の「こうしたら?」という声が製品というカタチになり世界中で使われていくことに、やりがいを感じます。(大泉・2011年入社)

会社データ

事業内容 電子部品用及び産業用セラミック部品の設計・開発・製造 

◆主にスマートフォンなどの内部に使われている
『電子部品用のファインセラミックス』を手がける、
創業126年の歴史あるメーカーです。 

【主な製品】
インダクタ(コイル)用フェライトコアおよびセラミックコア、
チップ抵抗器用セラミック基板、
固定抵抗器用セラミック碍子ほか 

【主要取引先】
国内外の大手企業各社
設立 1952年7月 / 創業:1894年(明治27年)1月
資本金 3億600万円
従業員数 153名(グループ総数1,147名)
売上高 50億円(2019.3期)
代表者 代表取締役社長 谷 具樹
事業所 ◆本社・瀬戸事業所・研究所
愛知県瀬戸市穴田町965
http://www.phononmeiwa.co.jp/

◆新潟事業所
新潟県阿賀野市  京ヶ瀬工業団地1200番地1

◆VIETNAM MEIWA CO., LTD.(ベトナム明和)

◆台灣豐隆明和(台湾フォノン明和)
沿革 1894. 1
愛知県瀬戸市宮脇町に藤井製陶所創立
1952. 7
組織変更して明和工業株式会社になる(資本金50万円)
1960. 3
春日井市の誘致により春日井工場を建設
1962. 3
姉妹会社である新和通信機株式会社を吸収合併
1963. 1
春日井工場を増築(名古屋工場を閉鎖)
1979. 1
愛知県瀬戸市穴田町に本社及び瀬戸工場を新設し移転
1984. 1
瀬戸市穴田町の企業団地内に瀬戸第2工場を新設
1989. 3
CR事業部・FC事業部の2事業部制をとる
1997. 4
株式会社フォノン明和と合併し、社名を株式会社フォノン明和とする
※CR事業部・FC事業部・CD事業部の3事業部制をとる
(資本金1億4600万円)
2000. 9
新潟県阿賀野市の京ヶ瀬工業団地に新潟事業所を移転
2001. 1
研究所を瀬戸第2事業所へ移転し、春日井事業所を瀬戸事業所へ集約
2001.12
ISO 9001認証取得
2004. 3
ISO 14001認証取得
2006. 4
組織変更して部課制を廃止し、グループ・チーム制を導入
2008. 1
本社・瀬戸事業所を瀬戸第2事業所へ移転統合する
2013 .4
100%子会社である東北明和株式会社を吸収合併する
2015 .2
ベトナム明和の拡張
2017 .11
新潟事業所に新工場を建築
2018 .5
瀬戸本社の工場を改築
2019.12
ベトナムに第5工場を建築
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)