株式会社MAHO FILMマホウフィルム

株式会社MAHO FILM

アニメーション制作/実写番組制作/企画/版権管理
業種 芸能・芸術
放送
本社 東京

先輩社員にインタビュー

制作部 作画課
T.O.
【出身】武蔵野美術大学  造形学部 芸能デザイン学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 演出と作画
演出の場合は、いただいたシナリオを元に絵コンテとして如何に面白く膨らませるかを考えて作っています。原作モノをやる場合は特に、答えを持ちながらどうやってそこへたどり着けるのか、その工程を考えながら描く作業が好きです。最初に絵コンテで描いた部分が、沢山のクリエイターさんたちが関わることで、どのように変わって行くのか、その化学変化みたいなものも含めて、作業にあたれるのがとても楽しいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
普通の人から関わった作品が面白いといわれると嬉しい!
学生の頃、プロのアニメーターになることに憧れて、海外のアニメ作家の映像を見たり、自分たちでアニメを作っては発表したり、自主制作アニメのコンペに応募したりしていました。当時は独学で動きを勉強してまして、好きな作品への思いをオマージュして映像に託したりしていました。なので、一番最初に自分の描いたものが映写機で映された時の高揚感は今も忘れられないです。苦労した後で報われる達成感に興奮しました。仕事を長くやっていると忘れがちなんですが、作品が出来て一番最初にいわれて嬉しいことって、仲間や友達ではなく、普通の人からの「面白いね」って言葉なんです。それがあるからやり続けていられるんだと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 本人の気持ち次第で何にでもチャレンジ出来ます!
アニメーターというのは会社員としての資質も必要ですが、同時にクリエイターでなくてはなりません。むしろ、自ら学び、考え、チャレンジし、成長できる人になって欲しいです。また、制作部の作画課と制作課は密接に関係しています。連携によって仕上がり方も数段変わります。是非とも良い仕事をするためにも、ひとりひとりが丁寧な仕事をするだけではなく、チームとして全体を見渡せるような気持ちで仕事に挑んで、高みを目指して欲しいです。ここは、本人がその気になれば色々な事が出来る無限の可能性を秘めた会社だと思います。
 
これまでのキャリア 動画(1年)→原画(1年~)→作監(時々)→絵コンテ(6年~)→演出→監督

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作

先輩からの就職活動アドバイス!

アニメーターは、コツと技術を探求して行けば、専門性を持ったプロフェッショナルにはなれます。問題は、個々のみんなが、その先に何を求めるかです。私の経験を教えることは容易ですが、それが押し付けにならないよう常に注意しております。むしろ、若手の自由な発想やアイディアを後押しすることが、仕事本来の面白さに気付く切っ掛けになると思っております。みなさんが自由な発想やアイディアを膨らませ、新しいもの作りにチャレンジして欲しいと思っております。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる