株式会社アイロムグループアイロムグループ
業種 医療関連・医療機関
医薬品/化学/医療機器/食品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

Nさん(2018年入社)
【年収】非公開
これが私の仕事 海外グループ会社と連携し医薬品開発を支援
オーストラリアにあるグループ会社のCMAXと連携し、グローバル開発を迅速に進めたい日本のバイオベンチャー・製薬企業の医薬品開発支援を行っています。治験の実施に必要な書類準備や実施中の試験の進捗管理にとどまらず、クライアントやCMAX、検査センターなどの関係者との細かな調整を行うことで、開発が円滑に進むよう支援をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
世の中の患者様の役に立っていること
医薬品開発の早期段階からの支援になるため、最先端の医療技術に触れることが出来るのが魅力的です。また、新しい医療開発により、患者様の力になることができることにもやりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 加速するグループのグローバル展開の架け橋に
日本のクライアントとオーストラリアのCMAXや関係者とをつなぐ今の業務にやりがいを感じています。 自分はスコットランド出身なのですが、自身の経験からも、文化の違いを擦り合わせることがグローバルに業務を行うためには必要だと思っています。オーストラリアを中心にグローバルな展開の架け橋になることが目標です。また、CRO事業を拡大することで、再生医療など最先端の医療品や医療技術の実用化にも貢献できたら、と思っています。
 
これまでのキャリア 大学卒業後、スコットランドのCROにて勤務。観光で訪れた日本にて、その文化、国民性に感銘を受け、日本での生活を決意。国内メーカーを経てグローバル展開する事業を求め、入社。

この仕事のポイント

仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

熱心に勉強し続け、知識とグローバルな視点を持つことがこの分野には重要だと思います。
親しみやすく親切な人が多いので、スムーズに職場に馴染むことが出来ると思います。

株式会社アイロムグループの先輩社員

神奈川エリアの施設及び人員の調整をして取りまとめるグループ長

Kさん(2005年入社)

複数の治験のプロジェクトを管理するプロジェクトリーダー

Sさん(2000年入社)

薬剤師として医師と患者様の橋渡し役に

Uさん(2000年入社)

中国で学んだ医学の知識を存分に発揮

Lさん(2012年入社)

ベクターを応用した最先端の研究開発

Mさん(2018年入社)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる