株式会社 中日販売研修センター
チュウニチハンバイケンシュウセンター
2021
業種
新聞
その他専門店・小売/その他サービス
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

356万部以上の総発行部数を誇る中日新聞の
販売に関する一連の業務を担っているのが当社、株式会社中日販売研修センター。
新聞の普及活動から新聞販売店のサポート、セールス方法の研究まで
多彩な活動で中日新聞を支え続けています。
よりたくさんの方に中日新聞を楽しんで頂けるよう、トータルに考え・実行していくことが私たちの使命。
中日新聞と読者の絆をより一層強化していく業務とも言えます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

中日新聞の販売促進◆中日新聞社の100%出資企業です

株式会社中日販売研修センターは、愛知・岐阜・三重の東海三県で圧倒的なシェアを誇る株式会社中日新聞社の100%出資企業。中日新聞販売店の経営指導・支援をメインに行っています。よりたくさんの方に中日新聞を読んで頂くため、販売店の皆さんと力を合わせて活躍しています。みなさんに勤務して頂くのは、名古屋市中区の中日新聞本社。福利厚生も中日新聞に準じ、本社内の社員食堂も利用しているんですよ。中日新聞という安定性と充実した福利厚生からか、定着率が良いのも当社の自慢。穏やかな人ばかりで人間関係で問題が起こったこともありません。そうした雰囲気の良さが、定着率の良さの一番の理由かもしれませんね。

仕事内容

新聞販売店のスーパーバイザー的な存在

新聞販売店の相談役・アドバイザーとして経営指導や社員教育、売上UPのためのサポートなどを行うのが主な仕事内容。その販売店の個性を把握し、その店にあった対応を考えます。人気飲食店を作るスーパーバイザーに近いかもしれませんね。販促用のツールを作ったり、売れている店の情報を共有したり、応援の仕方は様々。一緒に営業の仕方を考え、同行しながらサポートした店の売り上げが伸びたり、担当した店が中日新聞全店舗の中で表彰されたりした時は、販売店の皆さんと一緒に喜びあえる感動の大きな仕事でもあります。お会いするのは販売店の経営者の方々。まずは地道にコミュニケーションをとりながら信頼関係を築くことから始めましょう。

会社データ

事業内容 1:扱い新聞等の普及活動の受託
2:新聞販売店の管理・経営の受諾
3:新聞販売店関係者の指導・育成
4:セールス方法の研究・立案・実施
5:その他
設立 1999年4月5日
資本金 1000万円
従業員数 219名 
平均年齢:35歳
売上高 31億6859万円(2017年実績)
代表者 代表取締役 古田 博史
事業所 本社・管理部・営業部:名古屋市中区丸の内1-3-10
研修部・組織開発部:名古屋市中区丸の内1-3-10(中日会館南館5階)
販売促進部:名古屋市中区三の丸1-6-1(中日新聞社・販売局内)
                  静岡県浜松市東区薬新町45(中日新聞・東海本社・営業局内)
組織 営業部:扱い新聞において普及活動を行う。
研修部:新聞販売店従事者を対象に研修を行う。
管理部:管理店の運営、及び販売店の引き継ぎを行う。
組織開発部:研修会の開催、販売店従事者の育成

販売促進部:新聞販売店での販売促進活動、業務全般の指導・支援。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)