株式会社IZUMIYA
イズミヤ
2021

株式会社IZUMIYA

業務用食品専門商社
業種
商社(食料品)
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

飲食業が外食産業と呼ばれだしたのは、昭和40年代に入り貿易の自由化に伴い、外食系の「フードサービス」業が相次ぎ上陸を始めてからでした。
弊社はその少し前昭和38年(1963年)創業で、ようやく業務用食材卸売業の体裁も整い始めた頃でした。創業50周年となる平成25年には年商100億円を越え現在の「IZUMIYA」へと成長してまいりました。現在首都圏に6事業所展開。関東一都六県と静岡、山梨に展開中!

当社の魅力はここ!!

仕事内容

知らず知らずに「食」のスペシャリストへ!

1日に15~40件程度を廻る様々な食料品のルート配送業務です。まずは決まったコースを担当することになります。覚えやすいので、未経験でも入社したセールスドライバーも多数活躍しています。試食会で食べた新商品をご案内してみたり、運転中は基本一人、でも人とのふれあいはたくさん!運んで終わりではなく、お客様との関係づくりから関わっていけるからやりがいの幅も個人の頑張り次第で広がっていくんです。

社風・風土

美味しい食材を提供するには、「職場の雰囲気の良さ」が大事!

「職場の上下関係?あんまり感じたことないな(笑)」現役社員のだれに聞いても同じような回答が返ってくると思います。忘年会・新年会・懇親会など、部署の枠を超えた交流の機会も多く、職種や職歴・部署に関係なく声を掛け合い、協力し合っています。もちろん、会社ですから上司・先輩・後輩の関係は存在します。仕事上では厳しいことを言われる場面もあるかもしれません。でもそれは、新人を育てたいという愛情表現の一つ。社員みんながお互いに本音でつきあえる。それもこの職場の魅力です!

事業優位性

新規メニューは、IZUMIYAから!食材の提案がメニューになる!

ある若手社員も「自分の目で良いと思った商品をユーザーに提案したものが、メニューなどに組み込まれて採用となり、商品化されたときにやりがいを感じました。」と語っています。豊富な食材を扱っているIZUMIYAは、クライアントへのメニュー提案も積極的に行います。メーカーからは毎日のように試食会が営業所で行われ、味も香りもわかったうえで、提案します。「このハンバーグ、これまでと違いますよ。和風ソースと合わせて出すと、売れますよ!」こんな一言提案をクライアントは待っているのです。

会社データ

事業内容 和・洋・中・旅館・ホテル等の営業給食店
事務所・百貨店・病院・介護施設等の営業給食店・デパート・スーパー・コンビニ等の弁当惣菜部門・ベーカリーショップ等 5000余への創業食材商社
設立 昭和38年(1963年)8月26日
資本金 9,500万円
従業員数 190名
売上高 104億円(2017年4月期)
代表者 代表取締役(CEO)鈴木雅治
事業所 本社        神奈川県小田原市飯泉736-1
東京支店    東京都品川区南大井5-26-12
横浜支店    神奈川県横浜市瀬谷区卸本町9308-13
東京北支店   埼玉県川口市坂下町4-19-19
北関東支店   群馬県前橋市古市町1-45-7
うな忠事業部  神奈川県愛甲郡愛川町角田2199-1
加入団体 首都圏業務用食品卸協同組合
神奈川県料理材料卸商協同組合
全日本外食流通サービス協会
100%子会社 デンマークベーカリー(株)
日本給食設備(株)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)