エネサーブ株式会社エネサーブ

エネサーブ株式会社

大和ハウスグループ/エネルギー/電力設備・小売/省エネ・環境
業種 電力・電気
エネルギー/安全・セキュリティ産業/メンテナンス・清掃事業
本社 滋賀、東京

先輩社員にインタビュー

田端   直斗(23歳)
【出身】京都産業大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 省エネの提案で、企業経営を力強く支えています。
現在、私は京滋事業所にて、京都や滋賀エリアの企業に省エネの提案をおこなっています。メーカーの工場などは大量の電力を使用しますから、毎回非常に電力コストがかかります。企業の電力使用状況を確認しながら、新電力や省エネにつながる製品を提案していくのです。企業によっては全く省エネを意識していないところもあります。説明をすると「こんなにコストを抑えられるのか!」と驚かれる方も多いです。コスト意識が高まっている中で、省エネが経営にもたらす影響はとても大きい。その企業経営をエネルギー面で支えるのは非常にやりがいの大きい仕事です。まだ入社7ヶ月でいろいろ勉強しないとならないことは多いのですが、頼りになる先輩がまわりにたくさんいるので心強いですね。様々なアドバイスをもらいながら、提案の場で活かしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
提案内容だけでなく、私のことも信頼していただけました。
やはり初受注の時はうれしかったですね。滋賀県にあるクリーニング工場です。毎日大量の電力を使用しておられたので、新電力への切り替えでいかにコストが下がるかをご説明しました。最終的に納得いただき契約へと至ったのです。ただ、簡単に決まったわけではありません。一回の訪問で決まることもあるかもしれませんが、大体は何回か訪問することになります。私たちだけでなく競合もいますので、その中から選んでもらわないといけないのです。そこで必要となるのが、省エネに関する知識や対応力です。サービスをよくわかっていない営業から買いたいとは思わないですよね。だから、まずは信頼されることが大切。サービスの説明はもちろんですが、何度か訪問しながら私という人間のことも知ってもらう。その関係性づくりが受注につながるのです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き まずは会社の安定性と働きやすさ。事業内容はその次でした。
就活時は、印刷会社やデザイン会社を志望していました。しかし、そういうところは美術系の大学でないと難しい。そこで他の業界も見始めたのです。メーカー、金融、不動産。いくつかの企業を検討し、最終的にエネサーブに入社することを決めました。選んだ理由の一つは大和ハウスのグループ企業であったこと。売上と資本金の高さからそう簡単にはつぶれないだろうと考えたのです(笑)。それから、やはり待遇や福利厚生面ですね。給与や年間休日、残業など、働きやすい環境が整備されていることも決めてでした。面接の印象も良く、物腰の柔らかい方が多い社内を見て安心できました。新電力に関しては、いまいちピンと来ておらず、当初は電力会社みたいなことをしているんだろうなくらいの印象。面接が進む過程で研究し、知識を深めていきました。
 
これまでのキャリア 2018年4月入社。現在、営業本部 関西支社 京滋事業所に勤務。

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの プレゼンテーション能力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

とにかく早い段階から、数をこなしたほうがいいと思います。私ははじめたのが遅く、焦りが生じてしまった部分がありますね。行きたい業界があるのはいいことですが、あまり絞りすぎるのもどうかと思います。自分の可能性を狭めないためにも、様々な業界を見るのがいいでしょう。就活サイトを見る段階で言えば、みなし残業のところは避けていました。残業の多さや前年の新卒採用実績、社員数。数値面を見れば、より会社のことを深く理解でき、会社選びの目安となります。

エネサーブ株式会社の先輩社員

効率良く的確な作業で、工場やビルの「心臓」をしっかり守っていく。

相羽 康寛

チームリーダーとして後輩の育成も大切な仕事です。

中島 弘道

新電力でコストを下げたい企業は世の中に無数あります。

吉井 三賀

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる