サンコーリサイクル株式会社
サンコーリサイクル
2021
業種
プラント・エンジニアリング
各種ビジネスサービス/建設/化学/陸運(貨物)
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

◆土リサイクルのスペシャリスト!
1993年の創業以来、環境に取り組み続けている当社。地球の限りある資源をいかに大切にするかを第一に考え、土木・建設現場等から主に発生する廃棄物の処理・リサイクルを行っております。全国で有数の企業しか取得していない「汚染土壌処理業」の許可も取得しており、他では扱えない特殊な土も扱えます。ゼネコンや地域の建設会社からの信頼も厚く、今後も事業は拡大し続ける見込みです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

【土のリサイクルって、どういうこと!?】

建設現場等から出てくる泥土は廃棄物とみなされるようになり、厳しい認可を受けた業者によって適切に処理しなければならなくなりました。その泥土を自社プラントに搬入し、適切な処理を施しているのが私たちです。ちなみに、キレイになった土は埋め戻しに利用される商品として再利用されます。建設現場から出た土を、キレイにしてまた地球に返す。土のリサイクルとは、そんな優しくて社会貢献性の高いものであり、環境意識が高まってきている今、注目を浴びている分野なのです。

事業優位性

【マーケットの拡大スピードを上回る成長率】

2020年に向けて、関東を中心に建設業界は活況を呈しています。愛知県内においても、リニア中央新幹線の開業や栄地区の再開発などを控えており、建設汚泥処理業者のニーズは確実に高まります。しかし、この事業の認可を受けるには厳しい基準をクリアしなければならず、需要に対して処理業者数はさほど増えていません。そんな中、当社は創業時からのお客様との繋がりや立地の良さもあり、事業のフィールドは拡大し続けています。愛知県内のみならず関東からも建設汚泥を受け入れ、その成長率はマーケットの拡大スピードを上回ります。財務基盤の安定性と将来性を併せ持つ会社です。

社風・風土

【10年後、20年後の会社をリードするのはあなたたちです】

土の廃棄物処理を広く展開する一方で、東山動植物園の動物スポンサーを担ったり、地域の方々が利用できる避難所を建設したりなど、地元に貢献するCSR活動にも注力しています。今後も関連する環境ビジネスや、全く新しい分野に進出する可能性は十分にあります。そんな当社の将来を、あなたたちの手で創ってほしいのです。その素地を養うための人材教育、スキルアップのサポートは手厚くするつもりです。現に入社2年目から現場のリーダーや、プラント設備の自動化プロジェクトを若手社員たちに任せたりなどは、ここでは珍しくありません。私たちと一緒に環境への取り組みや新たなビジネスの可能性を探りながら、会社を成長させていきましょう。

会社データ

事業内容 ■産業廃棄物処分業
■産業廃棄物収集運搬業
■汚染土壌処理業
設立 1993年8月5日
資本金 2,100万円
従業員数 29名
売上高 15億円(2018年度 3月)
代表者 代表取締役 金田 英和
事業所 ■本社/〒476-0006 愛知県東海市浅山三丁目190番地
許認可 【汚染土壌処理業】許可番号 愛知県 第0231000004号
【産業廃棄物処理】許可番号 愛知県 第02320015340号
【産業廃棄物収集運搬】許可番号 愛知県 第02300015340号
主要取引先 海部建設(株)、(株)安藤・間、(株)大林組、鹿島建設(株)、清水建設(株)、太平洋セメント(株)、大成建設(株)、東急建設(株)、名工建設(株)、矢作建設工業(株)、鈴中工業(株)、他
(五十音順)
加盟団体 (公社)全国産業廃棄物連合会
(一社)愛知県産業廃棄物協会
(一社)日本汚染土壌処理業協会
名古屋東山ロータリークラブ
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)