株式会社ノリタケカンパニーリミテド
ノリタケカンパニーリミテド
2021
  • 株式公開
業種
ガラス・セラミックス
化学/機械/重電・産業用電気機器/その他製造
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

◆食器製造で培ったセラミックス関連技術をコアに、様々な産業に製品を提供しています◆
【工業機材事業】研削砥石、ダイヤモンド・CBN工具、研磨布紙など
【セラミック・マテリアル事業】電子ペースト、厚膜回路基板、蛍光表示管、セラミック中子など
【エンジニアリング事業】各種エンジニアリング装置、設備など
【食器事業】ボーンチャイナ、白色磁器、グラス、カトラリーなど

当社の魅力はここ!!

社風・風土

受け継がれるチャレンジ精神

-国家富強のために海外貿易を志す-開国後間もない明治初期。金の流出による日本の衰退を憂えた創業者は、海外貿易を始めることを決意しました。飛行機などない時代に、アメリカに出店。事業を拡大する中で洋食器に着目し、1904年に名古屋に洋食器製造工場を設立しました。その後、日本初のディナーセットを完成させ、白色硬質磁器の量産技術を確立、近代工業化の先駆けとして大きな役割を果たしました。それから100年余り、創業の志は今もノリタケのDNAとして社員一人一人に受け継がれています。社会に貢献すること、そして保守に甘んじることなく挑戦すること。変わらぬチャレンジ精神が、ノリタケの次の世紀を切り拓いていきます。

技術力・開発力

世界を見据える総合セラミックスメーカーとして

粉砕・混合・印刷・乾燥・焼成などの食器の製法に関する技術と、材料であるセラミックスの技術。これらの技術をコアテクノロジーとして磨き上げることで、現在の4つの事業が発展しました。自動車部品や半導体の精密加工用の研削研磨工具や携帯電話などの回路を形成する電子ペースト、高耐熱な厚膜回路基板、リチウムイオン電池の電極用焼成炉などのプラント設備など、扱う製品は多種多様。ノリタケの提供する商品は、高い技術と幅広いラインナップで、私たちの生活に身近なところで活躍しています。セラミックスの力で社会をもっと豊かに・・・そんな思いを胸に、ノリタケは日々進化し続けます。

戦略・ビジョン

次世代エネルギー分野におけるノリタケの躍進

ノリタケが目指す新たなフィールド、それは次世代エネルギー分野です。環境問題への機運の高まりと共に普及が急がれるクリーンエネルギーに、コアテクノロジーで貢献しようとしています。その一つが太陽電池製造関連技術。太陽電池のシリコンインゴット用加工工具から電極を形成する電子ペースト、太陽電池セルを焼成する設備装置まで、既存の事業と開発の力を合わせたノリタケの総合力でアプローチしています。併せて、燃料電池関連の材料開発にも注力しています。

会社データ

事業内容 ●工業機材事業
「切る・磨く・削る」という、製品の製造工程に欠かせない技術。素材を高精度に加工し、自動車、鉄鋼、航空機、ベアリング、半導体など、様々な産業の技術開発を支え、研削研磨の総合メーカーとして今も発展を続けています。

例えば…
・研削研磨用素材
・ダイヤモンド工具
・CBN工具
・研磨布紙 など

●セラミック・マテリアル事業
ノリタケ独自のセラミックス関連技術を活かして特徴ある素材を提供しています。高い技術力はナノテクノロジーの領域に達し、大きく注目されています。
例えば…
・スマートフォンや各種電化製品などに欠かせない電気的特性を持つ電子材料
・自動車のエンジンルームに搭載されエンジン部分を制御する厚膜回路基板
・自発光で見やすいVFD(蛍光表示管)ディスプレイ など

●エンジニアリング事業
食器製造で培った混合・焼成・乾燥といったテクノロジーを、エンジニアリング装置の分野に応用した事業です。国内にとどまることなく、海外でも高い信頼を得て、市場を拡大しています。
例えば…
・リチウムイオン電池など先端電池材料を焼成する加熱装置
・食品や化粧品などの材料を省エネで混合するスタティックミキサーなど

●食器事業
ノリタケの創業事業。ホテルやレストラン、エアラインなど、食のシーンを豊かに演出しています。
例えば…
・ボーンチャイナ
・白色磁器
・和食器
・グラス、カトラリー など
創立 1904(明治37)年1月1日
沿革 1904年 日本陶器(名)創立
1914年 ディナープレートの製造に成功、日本初のディナーセット完成
1917年 衛生陶器部門を分離し、東洋陶器(株)設立(現:TOTO(株))
1919年 碍子部門を分離し、日本碍子(株)設立(現:日本ガイシ(株))
1939年 工業用研削砥石の本格的製造開始
1947年 米国ノリタケ(Noritake Co., Inc.) 設立
1971年 世界初のビトリファイドCBNホイール完成
1981年 日本陶器(株)を(株)ノリタケカンパニーリミテドと社名変更
1993年 世界初のリブグリッド蛍光表示管を開発
2001年 ノリタケの森を開設
2007年 太陽電池セル用高性能焼成炉を販売
2008年 太陽電池用電極ペースト MAXSUNNY(マクサニー)を販売
2009年 中国に常州億晶太陽漿料有限公司設立(太陽電池用電極ペーストの製造・販売)
2010年 リチウムイオン電池、燃料電池材料用加熱装置の一括テストセンター開設
2011年 タイにNORITAKE SA(THAILAND)CO., LTD. 設立(超砥粒研削工具製造、販売)
      上海に食器直営店開設
      中国に則武磨料磨具(蘇州)有限公司設立 (研削砥石製造)
2014年 本社工場を三好事業所に移転
資本金 156億3,200万円
従業員数 1,888名(連結5,091名)
※2019年3月現在
売上高 1,258億200万円(2019年3月期連結)
代表者 代表取締役社長 加藤 博
事業所 本社/名古屋
事業所・工場/三好、神守、港、小牧(愛知)、松阪(三重)、
       久留米、夜須(福岡)、伊万里(佐賀)
支社/東京、大阪
営業拠点/仙台、小山(栃木)、埼玉、千葉、横浜、
     岡谷(長野)、富山、浜松、豊田(愛知)、
     京滋(滋賀)、加古川(兵庫)、岡山、安来(島根)、
     山口、四国(徳島)、福岡、北九州、鹿児島
直営ショップ/銀座(東京)、栄、名古屋、神守、三好(愛知)
海外拠点/アメリカ、ドイツ、オーストラリア、
     中国、台湾、タイ、インドネシア、スリランカ
社是 良品・輸出・共栄
平均年齢 43.3歳(2019年3月末)
平均勤続年数 20.3年(2019年3月末)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)