一番食品株式会社イチバンショクヒン
業種 食品
商社(食料品)/コンサルタント・専門コンサルタント/各種ビジネスサービス/その他サービス
本社 福岡

先輩社員にインタビュー

営業部
関根 将史(25歳)
【出身】日本大学  商学部 商業学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 調味料の営業並びに企画提案
NB商品(調味料全般)の販売や、PB商品(お客様の希望に沿った味作り)を提案する営業を
行っています。現在、秋田エリアを担当。もともと九州出身ということもあり、食文化や言葉が
違うため、最初は戸惑いの連続でしたね。スーパーで売り出し中の商品を試食したり、人気の
外食店へ食べに行ったり、といった市場調査を行い、東北の味覚に慣れることからスタート
しました。もちろんお客様から教えてもらうことたくさんありました。お客様と一緒に味作りを
行うため、お客様との信頼関係構築はこの仕事において欠かせません。お客様の要望を
くみとりながら、いちから商品を作り出していくところがこの仕事の面白い点です、
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分自身の考えでお客様に提案できること。
営業において一番の喜びは売り上げが上がることです。
その中でも、商品作りに一から携わっていることによって、喜びも倍増されるものです。
商品作りをしていくことにあたって、驚いた点は食文化の違いです。
営業していることもあり、九州と東北では味の傾向であったり、気候も違いますので、
必然的に食文化が違います。しかし、その違いを深く知ることができたのも、
この職業に就いたからだと思います。地域や文化が違っていても、
お客様の要望に応えるために、自分自身の経験や味覚から、自分の考えでお客様に
提案できる点は非常におもしろいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 総務の方の人柄と考え方に共感したから!
会社説明会の中で、総務の方から「大企業に入って働くこともよいが、中小企業で
自分のやりたいことを開拓していく喜びもある」という言葉が決め手になりました。
考え方に非常に感銘を受けたことを今でも覚えています。
『この方のような社会人になりたい!』そう思い、入社を決意しました。
また、高校から実家を離れていたため、実家の近くに本社があることも魅力でしたね。
今は離れた場所で営業をしていますが、全国に支店があるので、
様々な土地の食文化に触れられることも魅力だと感じました。
 
これまでのキャリア 営業本部で研修(半年間)→仙台営業所で研修(半年間)
→仙台営業所(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は大きな出会いの場であると私は思います。私のように、会社説明会での人との
出会いによって決める人もいれば、自分の夢・目標の実現に向けて就職先を決める人も
いるかと思います。
説明会で知らなかった職種があるかもしれません。やりたいことが決まっていない人は、
会社説明会で話を聞くことによって、やりたい事、興味を持てることが見つかるかもしれません。
ですので、行動あるのみだと思います。

一番食品株式会社の先輩社員

食品業者へオーダーメイドで調味料(ソース、たれ、スープ)の味を提供!

大阪営業所
坂口 文太
崇城大学 生物生命学部・応用生命化学科

調味料を中心とした商品開発を行っています。

研究開発部
山平 昌志
長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科

食品表示の作成、栄養成分分析などを行っています!

研究開発部 商品規格課
小鯛 加菜
佐賀大学 農学部 生命機能科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる