一番食品株式会社イチバンショクヒン
業種 食品
商社(食料品)/コンサルタント・専門コンサルタント/各種ビジネスサービス/その他サービス
本社 福岡

先輩社員にインタビュー

研究開発部 商品規格課
小鯛 加菜(23歳)
【出身】佐賀大学  農学部 生命機能科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 食品表示の作成、栄養成分分析などを行っています!
当社で開発している調味料、主にスープやたれ等に使用されている原材料の表示作成や、
その商品規格書の作成、栄養成分の分析などを行っています。原材料表示が正しく表示される
ことが、食の安全・安心を伝えるためには必要になってきます。様々な規則に従い表示する
必要がありますが、知識が足りていない部分に関しては、先輩たちの力を借りながら、
正しく表示することを心がけています。また、営業がお客様に提出するものまので、より注意して作成にあたっています。成分分析の仕事に関しては、今は様々な分析を学んでいるところですが、分析を行う意味や理論、手法を先輩に教わることで、日々知識を吸収し、自分の経験として蓄積しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
商品のパッケージに自分が作成した表示が書かれていること。
入社1年目で自分が作成した原材料表示が商品という形としてあらわれたことです。表示を作成するには様々なルールを踏まえ、適切な表現をする必要があります。その際に、まだ自分の知識では足りない部分もあり、それを補ってくれたのが周りの先輩方でした。
もともとは研究開発志望でしたが、現在は食品表示という、自分では考えてもいなかった仕事をしています。また、入社1年目で食品表示検定を受験し、初級食品表示診断士の資格を取得できました。日々の業務が試験勉強でもあり、業務を通して自分の知識量を増やし、入社前とは違う自分へ成長していくことに大きな喜びを感じています。成長していくことで自分のできる業務の幅が広がっていき、商品という目に見える形として現れることにやりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き すべてにおいて、常にお客様目線を忘れない考えに共感したから。
就職活動では主に食品業界を中心に探していました。また、その中でも商品開発に携わる仕事がしたいと考えていたため、研究開発職のみを志望していました。この会社に決めた理由は大きく分けて2つあります。1つは商品開発に携われること。多品種少量生産だからこそ入社間もない自分でも市場に並ぶ商品の表示に携わることが出来ているし、チャンスが巡ってくる機会も多いと感じたました。2つ目は会社の「美味しい食」に対する考えに共感したからです。お客様目線を大切にしていることが伝わってきました。実際には食品表示関係の仕事を担当していますが、様々な商品を知り、新商品の開発に携わることができてとても楽しく仕事が出来ています!
 
これまでのキャリア 研究開発部 商品規格課(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は自分がしたいこと、興味があることばかりに目がいきがちです。もちろん大切なことですが、それに捉われて自分の可能性を狭めてしまわないようにしてほしいです。
色々な仕事を知り、自分がしたいと思える仕事を見つけることができるように頑張ってほしいです。

一番食品株式会社の先輩社員

食品業者へオーダーメイドで調味料(ソース、たれ、スープ)の味を提供!

大阪営業所
坂口 文太
崇城大学 生物生命学部・応用生命化学科

調味料を中心とした商品開発を行っています。

研究開発部
山平 昌志
長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科

調味料の営業並びに企画提案

営業部
関根 将史
日本大学 商学部 商業学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる