マックス株式会社
マックス
2021

マックス株式会社

東証一部上場
  • 株式公開
業種
機械
文具・事務機器・インテリア/その他製造/総合電機(電気・電子機器)/家電・AV機器
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

ホッチキスのイメージが強い当社ですが、釘打機や浴室暖房・換気・乾燥機等でも国内トップの市場シェアを保有しております。今後は海外事業の拡大を重点に行っていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

現場主義・顧客主義による自在な創造活動でニーズに応える

マックスは、お客様の要望を細かく分析して、ニーズにマッチした商品やサービスを市場に送り出し、お客様の支持を得てきました。「世界初」や、ロングセラーでマーケットシェアの高い商品が数多くあります。徹底した現場主義・顧客主義による主体的で自在な創造活動を、チームで実践し続けることが、人を成長させ事業を成長させる、それがマックスの戦略の基本です。

事業・商品の特徴

それぞれの地域・文化・用途に合わせたグローバルな活動

釘打機、鉄筋結束機等のインダストリアル分野、ホッチキス、タイムレコーダ等のオフィス分野、それぞれユニークなマックス商品が海外の地域、文化、用途にマッチして、世界中で活躍しています。今後は、更に海外での事業拡大を重点とし、欧米では釘打機、中国・東南アジアでは文具、事務機器を中心に拡大を図ります。

技術力・開発力

マックスの機構設計技術と電子制御技術が、新しい製品を創ります

マックスは、世界初、国内初の商品をいくつも開発してきました。お客様ニーズに技術革新で応えようとする「技術者のハート」が、独自の「機構設計技術」と「電子制御技術」の深耕と展開を一層加速しています。こうして積み重ねたメカトロ技術により、これからも世界で初めての独創商品を創り続けます。

会社データ

事業内容 【インダストリアル機器】エアネイラ(空圧式自動釘打機)、エアコンプレッサ、鉄筋結束機、ガスネイラ、ハンマドリル、充電式インパクトドライバ、充電式丸のこ、充電式剪定ばさみ、野菜結束機、浴室暖房・換気・乾燥機、全熱交換型24時間換気システム、床暖房システム、ディスポーザシステム等
【オフィス機器】オートステープラ、ホッチキス、紙針ホッチキス、タイムレコーダ、カッティングマシン、プリンティングマシン、ラベルプリンタ、チューブマーカー、封函機、紙折り機等

上記製品の研究開発、製造、販売および貿易実務
設立 1942年11月26日
資本金 123憶6700万円(2018年3月期)
従業員数 【単独】
957名(単独2018年4月現在)

【連結】
2,648名(連結2018年4月現在)
売上高推移 【単独】
2013年3月期 528億7300万円
2014年3月期 594億5600万円
2015年3月期 585億7000万円
2016年3月期 596億6800万円
2017年3月期 602億5100万円
2018年3月期 611億4700万円

【連結】
2013年3月期 575億7000万円
2014年3月期 647億9100万円
2015年3月期 649億5000万円
2016年3月期 665億5100万円
2017年3月期 669億6700万円
2018年3月期 681億3800万円
代表者 代表取締役社長  黒沢 光照
事業所 本社/東京都中央区
販売拠点/東京、大阪、名古屋、福岡、広島、札幌、仙台、ニューヨーク、アムステルダム、香港、上海、シンガポール他
開発拠点/群馬(玉村)
生産拠点/群馬(玉村・藤岡・吉井)、マレーシア、中国(深セン・蘇州)、タイ
売上構成 インダストリアル機器/62.1%
オフィス機器/33.1%
その他/4.8%      (2018年3月期)
財務指標 【単独2018年3月期】
経常利益 / 53億7600万円
売上高経常利益率 / 8.8%
自己資本比率 / 76.5%

【連結2018年3月期】
経常利益 / 60億7600万円
売上高経常利益率 / 8.9%
自己資本比率 / 76.8%

沿革 1942年 山田航空工業の名称で航空機のウィング部品メーカーとして設立
1952年 国産第1号の10号タイプホッチキス(SYC-10)発売
1962年 国産第1号のエアネイラ(T2-A)発売
1964年 社名をマックス(株)に改称
1970年 東京・大阪・名古屋証券取引所市場第1部に指定
1988年 図形機器の主力工場として群馬県に玉村工場を新設
1991年 玉村工場内にネイラ専用工場を新設
1997年 第2回東京証券取引所ディスクロージャー賞受賞
2000年 浴室換気乾燥暖房機メーカーのシンワハイテクグループを買収
2002年 第7回東京証券取引所ディスクロージャー賞受賞
         高崎工場を開発中心の高崎事業所に改編
2003年 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得
         中国に電子事務機の生産を目的とする美克司電子機械(深セン)有限公司を設立
2005年 タイに釘打機の生産を目的とするMAX(TAHILAND)CO.,LTD.を設立
2007年 住環境機器事業の主力工場として、吉井工場を新設・移動
2009年 床暖房システムメーカーであるサンサニー工業の全株式を古河電気工業(株)から
         取得。住環境機器事業の領域を拡大
2010年 中国に販売会社邁庫司(上海)商貿有限公司を設立
     中国に住環境機器の生産を目的とする美克司電子機械(蘇州)有限公司を設立
     シンガポールに販売会社MAX ASIA PTE .LTDを設立
2013年 (株)カワムラサイクルの株式を取得し、完全子会社化。
2014年 表示作成機「ビーポップ」欧州代理店のLighthouse(UK)holdco Limited社の全株式取得。
2016年 ISO22301事業継続マネジメントシステムの認証を取得
使う人が満足するものづくり 『ホッチキス』で親しまれている当社は、『打つ』『綴じる』『描く』などの分野を中心に、『使う人が満足するものづくり』にこだわり、メカトロニクス技術をもとにユニークな製品を自社で開発・生産・販売をする完成品メーカーです。
経営基本姿勢 『いきいきと楽しく力を合わせ、皆揃って成長していく集団を目指す』を経営の基本姿勢とし、『人』が尊重され、『人』が成長することによって、会社も成長すると考えます。
2016年度 日本文具大賞 デザイン部門 優秀賞受賞 ハンディタイプのホッチキス「カラーギミック」が日本文具大賞のデザイン部門で優秀賞を受賞しました。この製品は、筆箱にも収まるサイズにたたんで携帯することができます。一見、ホッチキスには見えない斬新なデザインと仕掛け(ギミック)が評価されました。
2013年度 グッドデザイン賞受賞 業界初の紙針ホッチキス「P-KISS」がグッドデザイン賞を受賞しました。従来の紙に切れ目を入れて綴じる針なしタイプとは違い、別に用意した紙テープで綴じるため従来品よりも多くの枚数を綴じられる点、同時に取り外しも簡単にでき、紙を傷つけず、紙の再利用を促進する点が評価されました。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)