農事組合法人 吉浦牧場
ヨシウラボクジョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
本社
島根、広島

私たちはこんな事業をしています

今までのやり方にとらわれることなく、次々と新しい育成技術や管理手法を取り入れながら、自動化やスマート化を進めて効率化を図り、吉浦牧場でしかできない酪農を目指しています。堆肥を利用した野菜づくり、ホルスタイン種へのET(受精卵移植)による和牛育成など、新しい事業にも挑戦しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

センサー技術やAIを取り入れた「スマート酪農」へ

常に新しい酪農の在り方を求めてきた吉浦牧場。今では当たり前のフリーストールも、場内で生まれた子牛を大切に育て、その牛が成長し出産することで乳を出す「自家育成」のスタイルにも、いち早く挑戦して高収益の経営体質を作り上げたように、今まさに、新たな挑戦が広島県の世羅つくし分場で進んでいます。それは、IoT技術やAIを導入した「スマート酪農」と呼ばれるもの。1200頭の乳牛にセンサーを取り付け、行動情報を収集して健康状態を管理するシステムの運用を始めています。今後は、搾乳ロボットの導入も視野に入れており、健康状態や乳量などの収集したデータをAIで解析することで、より効率的な管理の実現を目指しています。

社風・風土

報告アプリを導入し、社内SNSによるマネジメントを推進

体調不良の早期発見などに向け、さらに役立っているのが報告アプリの導入です。スタッフ全員がスマートフォンを携帯し、報告や相談が社内SNSでタイムリーに行える体制を整えています。牛の状態を写真や動画で撮影してアップすれば、場長やリーダーがそれを見て判断して的確な指示を出します。コミュニケーションが素早くスムーズにできるようになったことで、作業効率がさらにアップ。作業マニュアルを動画にして共有できるようにする計画もあり、これからの活用が大変期待されています。この社内SNS をはじめ、IoT技術やAIの導入で、新しい酪農経営に挑戦している世羅つくし分場。自分たちにしかできない酪農を目指す情熱であふれています。

待遇・制度

本気で酪農に向かい、成長したい人材を育てる

自動化やスマート化に取り組んではいますが、酪農という仕事そのものは、生き物が相手。経験を積んで技術を身につけ、積み重ね、少しずつ花開いていく、そんな仕事です。それがわかった上で、ここには、全国各地から本気で酪農に取り組む、たくさんの仲間が集まっています。熱い想いを持って来てくれた人のために、後継者となるリーダーを育てたいと考えています。「失敗しても構わない。責任はすべて私が取る」。そう話す本場長のもと、やる気を原動力にどんどん挑戦してください。手を挙げれば外国の先端の酪農視察も経験できます。新しい酪農経営にも携われます。吉浦流の酪農のすべてを学びながら、あなたならではの酪農を推進してください。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●酪農・・・牛の飼養管理(搾乳・エサやり・哺乳・繁殖・清掃等)、機械整備、その他物造り等(ローテーション制_)。牧場全体の仕組みを理解し、活かせるスタッフとなれるよう、経験を積んでください。
●獣医師・・・入社後1~2年は上記仕事に従事。牛の治療だけでなく、病気にならないためのよい環境の提案も大切な仕事です。
●野菜部・・・牛糞堆肥を使ったキャベツ栽培。作物選定・作業・収穫など計画段階から携われます。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】【WEB開催】 ●書類合格者対応について
(2020.05.25)
広島県・島根県では緊急事態宣言が解除されました。
近県の方はご相談しながら、牧場見学を開催する予定です。
また、緊急事態宣言が続く地域や遠方の方、近県でも移動に不安をお持ちの方は、
引き続きZoom面談を行いますので、お気軽にご相談ください。
実際の仕事の内容や入社後のこと、将来の夢などざっくばらんに、お話ししましょ
う。

(2020.04.20)
当初、書類選考合格の方には牧場見学にお越しいただく予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大が続いている状況の中、「安全第一」を最優先として、
まずはZOOMによるWEB面談をすることとなりました。
実際の仕事の内容や入社後のこと、将来の夢などざっくばらんに、お話ししましょう。
書類合格者の方には、お電話またはメールにて今後のスケジュールについてご案内させていただきます。
事業内容 酪農業 野菜 (島根)
酪農業 野菜 (広島)
設立 昭和45年6月
資本金 1000万円
売上高 21億3000万円  (令和元年度12月期)
20億5000万円  (平成30年度12月期)
20億2000万円  (平成29年度12月期)
代表者名 代表理事 田村雅登
事業所 島根県大田市温泉津町 吉浦牧場
広島県世羅郡世羅町  吉浦牧場世羅つくし分場
従業員数 56名
頭数 成牛/1640頭
メス育成/1530頭
肥育素牛/420頭  
和牛受精卵移植/ 50頭
生産量 生乳 1万4300t
ET和牛及び肥育素牛販売 790頭
初妊牛 100頭

キャベツ 500t
島根吉浦牧場60ha 広島世羅分場58ha
取引先 全農

連絡先

〒722-1731 広島県世羅郡世羅町大字津口810番地
担当 理事 田村
電話 0847-25-4110
メールアドレス yukitamura@yoshiurabokujo.or.jp
※連絡は極力メールでいただければ助かります

http://www.yoshiurabokujo.or.jp/
掲載開始:2020/03/01

農事組合法人 吉浦牧場に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

農事組合法人 吉浦牧場に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)