朝日工業株式会社アサヒコウギョウ
  • 株式公開
業種 鉄鋼
化学/建材・エクステリア/農林
本社 東京

先輩社員にインタビュー

開発部 種苗開発課
神谷 光太(28歳)
【出身】明治大学大学院  農学研究科 生命科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 トマトの品種開発。耐病性品種の開発及び栽培業務。
現在、私が担当している仕事はトマトの新品種開発です。この仕事は扱っている対象が植物という点に面白さを感じます。当然生き物ですので、自分の思う様にトマトが成長しないこともあります。その場合は速やかに対応し納得のいくトマトを作れるように努力しました。その努力が実って、良いトマトを作ることができたときには大きい喜びを感じることができました。また、生き物であるため一本一本違った特徴をしています。その中からどのトマトが一番農家さんに喜んで作ってもらえるか想像しながらトマトと向き合うので、自分の想像通りに合致したときにも大きな喜びを感じました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
農家の方に喜んでもらえること。
この仕事を通じて一番嬉しかったことは農家の方に感謝されたことです。私の仕事はトマトの新品種開発なので、農家の皆さんに喜んで栽培してもらえるような品種を作ることが一番の目標となります。そのため、農家の方に「朝日工業のトマトはいいね。」と褒めてもらえたときに一番の喜びを感じました。それまでは食味も良くて病気に強いトマトを作ることに苦労していましたが、開発だけでなく営業の方や農家の方など様々な意見を聞いて品種開発をすることができました。自分の意見だけでなく他の方とも協力して、一つの物を作る達成感を大きく感じることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社員のことを良く考えてくれる社風に惹かれました。
私は朝日工業の社風が働きやすい環境と感じ、入社する決め手となりました。その社風は就職活動中に会った先輩社員の方から感じることができました。就職活動中に全ての社員と会って細かい話を聞くことはできません。人事の方とは良く会えますが、先輩社員の方と会って話をする機会・時間は限られます。そんな中、朝日工業は人事の方は勿論のこと、他の部署の先輩方もとても親切に話を聞いてくださりました。そのことから、朝日工業は社員を大切にしてくれる企業だと私は感じました。私が就職活動中は働きやすい環境を求めていたので、朝日工業の社風はそんな私の理想にピッタリだと思い入社を決断するに至りました。
 
これまでのキャリア 品質管理(半年間)→研究開発(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で一番大切なことは楽しむことだと思います。私は人見知りな性格なので就職活動がはっきり言って苦手でした。しかし、先輩に「人生は1回きりなんだし楽しんだらいいよ。」と言われ精神的に楽になりました。そのときから肩の力も抜け、面接では自分のやってきたこと、やりたいことを笑顔で説明できる様になりました。人事や面接官に「笑顔で楽しそうに説明する人となら一緒に仕事できる」と思わせることが一番大切かと思います。

朝日工業株式会社の先輩社員

ねじ節鉄筋の商材の開発

鉄鋼)営業部開発課
千葉 雅大
日本大学 生産工学部 建築工学科

製造設備管理担当。工場内製造設備のトータルソリューション

関東工場 製造課
関根 理史
東京理科大学 理工学部 機械工学科

肥料の営業 肥料の提案から、使ってくれる方の悩み聞き取りまで

営業三部技術営業二課
猪俣 晋
明治大学 農学部 農学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる