朝日工業株式会社アサヒコウギョウ
  • 株式公開
業種 鉄鋼
化学/建材・エクステリア/農林
本社 東京

先輩社員にインタビュー

営業三部技術営業二課
猪俣 晋(29歳)
【出身】明治大学  農学部 農学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 肥料の営業 肥料の提案から、使ってくれる方の悩み聞き取りまで
各担当地区を回り、それによって得た情報を元に弊社の肥料を取引先に提案しています。時には自分オリジナルの肥料が提案できるなど、ある程度自由度の高い仕事が魅力です。自分が集めた情報を元に提案した肥料が購入者の需要に合い、多くの方が手にしてくれた時の達成感は格別なものがあります。また、そこでお終いではなく、買ってくれた方の話を聞き、新たな肥料への提案へ繋げるなど、人と人との繋がりが重要となってきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な人との関わりで成し得た、新規肥料年間出荷量全国一位
肥料の営業担当を始めて4年が経った頃、昨今の肥料業界が抱える価格上昇という問題を改善するため、新規の原料を開発、それを混ぜ込んだ肥料をPRし始めました。
当時新発売の製品で知名度が無い中、取引先の方と協力し県下の販売店全てを巡回、特長を紹介すると共に最終的に肥料を購入する農家の皆様に少しでも魅力を伝えるため、工場・営業部に協力してもらい、大がかりな当社工場見学の実施等、様々な方法を実施しました。
その結果、販売開始初年度にも関わらず、1年で150t以上を売り上げる人気銘柄となり、同時に、新規の原料を使用した肥料としては全国で1位の販売量を達成しました。
この実績は取引先の方々や、社内の協力がなければ達成できず、1袋の肥料が販売されるまでに、様々な人が関わっていることを改めて強く意識させられました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 様々なジャンルから、日本の根幹を支える事業を展開
就職活動当時、大学では農業関係を学んでいたため、その知識を活かした仕事をしたいと考えていました。
そんな中、この会社はコーポレートマークで表している通り、鉄鋼・農業・環境を事業を展開しており、鉄鋼は建築物を建てるうえで骨組となる鉄筋の製造。農業は作物栽培に欠かせない種苗や肥料。環境はこれから日本が存続していく上で必要な自然の調査など、人々が生活していくうえで必要不可欠な部分を、様々な分野で支えていく事業内容に強く惹かれ、この会社に入ろうと心に決めました。
 
これまでのキャリア 肥料営業 (現職・7年目)

この仕事のポイント

特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは自分の足で会社の説明会などに参加し、実際に入ったら先輩になるであろう社員の話を聞いてみてください。そして、この会社に入ったら、自分は何をするのだろう・何がしたいのだろうということをイメージして、エントリーシートを丁寧に書くことをお勧めします。

朝日工業株式会社の先輩社員

ねじ節鉄筋の商材の開発

鉄鋼)営業部開発課
千葉 雅大
日本大学 生産工学部 建築工学科

製造設備管理担当。工場内製造設備のトータルソリューション

関東工場 製造課
関根 理史
東京理科大学 理工学部 機械工学科

トマトの品種開発。耐病性品種の開発及び栽培業務。

開発部 種苗開発課
神谷 光太
明治大学大学院 農学研究科 生命科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる