社会福祉法人 江南会
コウナンカイ
2021

社会福祉法人 江南会

障害者支援施設
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/その他サービス
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

●単調な生活を豊かに、快適に。

障害者支援施設を運営している私たち。
そんな私たちの役目は、
利用者様の生活を豊かに、そして快適にすることです。

豊かな生活ってなんだろう?
快適な生活ってなんだろう?

それは利用者様一人ひとり違います。
だから私たちは、
利用者様一人ひとりに寄り添った支援をこれからも続けていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

文系の大学から、福祉の世界へ。(27歳/新卒入社)

私は看護系の仕事をしている母の影響もあり、文系の大学から福祉の世界へ飛び込みました。そんな私なので、知識も全くない状態。でも先輩方が丁寧に指導してくださり、仕事を覚えることができました。仕事自体も一人で行うのではなく、他のスタッフと協力して行うことが多いので、安心の環境だと思います。友人からはよく「福祉ってしんどくないの?」と聞かれることがありますが、私はこの仕事をやめたいと思ったことは一度もありません。しんどい時はもちろんあります。でもそれはどの仕事も同じでしょ?そして、そのしんどさなんて、利用者様の笑顔を見ていると吹っ飛んじゃいます。だから私はこの仕事が大好きなんです。

企業理念

地域の方々とつくる“笑顔の絶えない施設”

平成7年、前理事長が熊谷にも障害者を支援する施設が必要だと感じ、当施設を開所しました。開所以来ボランティアなどを通じて、地域のみなさまに支えられながら私たちは利用者様の支援を行ってきました。利用者様にとって地域の方々のような外部の方と交流するということは、非常に刺激的で、豊かな生活を送る糧になります。そのため、私たちからも、地域の方々にお声掛けしイベント等を開催。その時の利用者様の“笑顔”は私たちを元気にしてくれます。私たちはその“笑顔”を守るため、地域の方々との関わりをこれからも大切にし、“笑顔の絶えない施設”づくりにこれからも励んでいきます。

施設・職場環境

ダンス、書道、俳句…、当施設自慢のサークル活動!

開所当初、利用者様のご要望から月1回の“サークル活動”という取り組みが始まりました。この活動では、プロの講師やボランティアの方が参加。車椅子ダンスや書道、押し花や俳句など様々なサークルが活動しており、利用者様が今までできなかったことを経験するきっかけになっています。このような経験が毎日に潤いを与え、生活もより豊かに。また、発表会等を通して外部の方と接する機会にもなっています。私たちスタッフもこの活動に参加。それぞれが顧問のような役割を担っており、講師の方と相談をしながら、安全に、そして楽しい活動ができるようサポート。利用者様が楽しそうに活動を行っていると、私たちも一緒に楽しんじゃいます。

会社データ

事業内容 ◆身体障害者支援施設の利用者様に対する介護業務

【サービス内容】
(1) 季節ごとの行事食を始め、
   各種イベントには利用者様と職員が一緒に計画し参加して豊かな環境づくりを心がけます。
(2) 日中活動、サークル活動、趣味活動を充実させつつ、
   単調な生活を快適にするように努めます。
(3) 防災訓練を定期的に実施して安全管理に努めると共に、
   日常生活の中でも事故防止に努めます。
設立 1995年10月
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員数 45名
売上高 社会福祉法人のためなし
代表者 理事長 斉藤 忠義
事業所 埼玉県熊谷市野原1064-1
協力施設 社会福祉法人  埼玉慈恵会 埼玉慈恵病院
公益財団法人  西熊谷病院
基本方針 (1) 利用者様の人格を尊重し、豊かな生活の場づくりを目指しています。
(2) 医療に重点を置いた健康管理に努め、
   リハビリ訓練により日常生活の自立向上に努めます。
(3) 地域社会との交流、施設開放、ボランティアの育成に努めます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)