社会福祉法人大和の園
ヤマトノソノ
2021

社会福祉法人大和の園

やまと保育園
業種
福祉・介護
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、「やまと保育園」を運営する社会福祉法人です。昭和52年5月、前理事長菅原宗一夫妻が幼い子を育てながら働く母親が安心して託せる施設を提供できたらと願い、理事長が提供した敷地内に本園は開園しました。子ども達の最善の利益を最優先に考え、親と連携しながら一人一人の子どもの成長を見守り、全職員と講師とのチームワークで充実した保育環境を整えるよう努めています。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

暖かい雰囲気に包まれ全員で協力し合いながら仕事できる環境

やまと保育園で働く職員はみな明るく優しい人ばかり。職場の雰囲気もアットホームで、ベテランから新人まで和気あいあいとした雰囲気のなかで日々の業務を行っています。休憩時間には一緒にご飯を食べたり、旅行先のお土産を持ち寄ったりと、互いにコミュニケーションを図りながら仕事の楽しさや大変さを共有しています。当法人の職員は、穏やかで協調性があり、お互いを尊重するような人が多いです。トラブルに直面してもひとりだけが背負うのではなく、協力しあい、皆が自分の問題として対処します。新しく入ってこられた方も安心して仕事ができる環境です。

施設・職場環境

職員が主体的に活動できるようにさまざまな取り組みを実施

当法人では、子どもが快適に園内で過ごせるための環境の充実はもちろん、職員が仕事しやすい環境をめざして、さまざまな工夫を行っています。たとえば職員をクラス関係なく4名~5名のグループに分け、それぞれでテーマを決めて、ディスカッションしながら改善や解決を図っていく制度。遊具に見つかった問題や片付け方法が統一されていないこと、パズルのピースがなくなっていること、おもちゃが壊れてしまっていることなどをテーマとして選定し、解決・改善に向けて話し合います。このような活動をベテラン、新人に関わらず職員一人ひとりが主体的に考えることで、働きやすい環境を生み出しています。

企業理念

子どもたちの豊かな心と生きていく力を育んでいく

当法人がめざすのは、子どもたちの最善の利益(幸せ・喜び・育ちなど)を最優先に考え、地域における子育て支援の中心的存在として、多くの住民のみなさんから信頼される施設運営。園児ひとり一人の要求を十分に受け止め、保育士との強い信頼関係のなかで、豊かな心と生きていく力を育む保育方針を打ち出しています。また、年に数回地域支援子育て事業を実施。お店屋さんごっこやプール遊び、芋煮会などを行い、地域の皆様との交流を深めています。他にも、子どもの健康を考慮したヘルシー有機野菜を中心とした給食や看護師の常駐などさまざまな特色を打ち出し、子どもたちの成長を支援しているのです。

会社データ

事業内容 やまと保育園の運営
設立 昭和52年5月
資本金 非該当
従業員数 40人(パート職員、派遣職員を含む)
保育事業収入 2億2千万円(平成29年度)
代表者 理事長 菅原房代   やまと保育園園長 佐瀬弘
事業所 東京都板橋区大和町2-2
沿革 昭和52年5月 法人設立
ホームページ http://www.yamato-hoiku.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)