株式会社 サッポロドラッグストアー
サッポロドラッグストアー
2021
業種
専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局)
スーパー・ストア
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

私たちは大小多様な消費圏がある北海道を中心に、国内では先駆けとしてドラッグストア事業を展開してきました。現在は地域ごとのニーズにマッチしながら調剤、地域マーケティング、卸・商品開発、エネルギーなど、多岐に渡る事業に取り組んでいます。合計200以上の店舗をベースに、ドラッグストアという枠組みを越えて、地域の暮らしになくてはならない「生活インフラ企業」となることを目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

自社商品拡大と他店との連携でブランド力を増々強化

私たちは核であるドラッグストア事業を基本に多様な事業展開を継続しており、その1つに自社商品開発があります。当社を象徴するようなPB商品の開発に、積極的に取り組んでいます。インバウンドが盛んな現在は、特にアジア圏で注目度の高い北海道の優良な素材を使用したサプリメント、基礎化粧品などの開発にも力を入れています。また地域の異業種・他店とマーケティング連動させるポイントカードプログラム「EZOCA」も展開中。道内500店舗以上と連携し、会員数は180万を突破しました。連携各社の収益アップだけでなく、北海道全体を活性化させる、他社には真似できない差別化戦略の一環として力を入れています。

仕事内容

地域の生活インフラとして不可欠な存在を目指して

各店舗では従来のドラッグストアで取り扱う品目だけでなく、デイリー・冷凍食品やアパレル、季節商品など、品揃えを強化中。調剤薬局を併設するなど、地域に欠かせない商業施設としての発展を目指しています。商圏の規模、地域の需要に柔軟に対応できる店舗のフォーマットを確立しているのが当社の特徴の1つです。また北海道のライフスタイルをテーマとした「北海道くらし百貨店」をオープンしたほか、地域の魅力的な素材を日本中、世界中の日常の中に届けるべく発信しています。ドラッグストアという枠を超え、ますます幅広いニーズに対応していくのが私たちの仕事です。

社風・風土

従業員1人ひとりにあわせた働き方を叶える環境を重視

「多様性のある組織づくり」をテーマに、従業員1人ひとりの希望やライフスタイルにあわせた働き方を叶える制度を取り入れています。例えば女性の活躍においては様々な制度の導入も行なっています。独自の時間短縮制度などを設け、女性が働きやすい環境づくりにも取り組んでいます。そうした取り組みにより、女性が活躍できる環境が優良な企業として、厚生労働省が認定する「えるぼし」の最高ランク、3ツ星を取得しています。このほかにも、女性だけではなくすべての従業員を対象にサツドラジョブスタイルなど様々な制度を充実させています。

会社データ

事業内容 地域医療対応型ドラッグストアチェーンの営業、運営
設立 1983年4月
資本金 1億円
従業員数 3,451名(2019年5月15日現在)
売上高 784億円8,200万円(2018年5月期)
代表取締役社長 富山浩樹
事業所 本社 北海道札幌市北区太平3条1丁目2番18号
事業所 サツドラ218店舗(2019年5月15日現在)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)