山九グループ(山九株式会社/山九プラントテクノ株式会社/山九重機工株式会社)サンキュウ
  • 株式公開
  • グループ募集
業種 プラント・エンジニアリング
機械/設備・設備工事関連/建設/重電・産業用電気機器
本社 東京

先輩社員にインタビュー

プラント工事部 西日本工事事業所
木下 賢人(28歳)
【出身】近畿大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 2度目の現場で得た、確かな手応えと今後の課題
私の場合、2度目の現場研修は「プラント」。プラント工事部東日本工事事業所に所属して、茨城県鹿島市の現場へ赴きました。東日本大震災の約半年後で、地震によるダメージを考慮した設備の増設工事が業務内容でした。その時は、上司からの指示で監督者として現場に立つことになったのですが、座学で学んだ知識を活かせたり、これから身につけるべき能力に気づけたり…いずれにせよ、非常に良い経験になりました。1年目の社員が現場を監督しているため「そんなことを言う権利があるのか」という話が出たりもして、コミュニケーション能力の重要性を痛感しましたね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
プロの技術・知識が一から身につく
「機工マスターコース」という3年間の能力開発プログラムは「鉄」「プラント」「化学」に関わる施設での各1か月半ほどの現場研修と、座学研修。まず始めに「鉄」を扱う施設での現場研修があり、6月の中旬ぐらいから10月にかけて座学研修が行われます。その後「化学」「プラント」、いずれかの施設へ2度目の現場研修へ。これは2年目以降の配属希望に沿った現場へ行くのが原則です。そして最後に残り1つの現場へ向かうというのが大まかな流れになっています。私は機械工学科出身ですから、現場で使う知識は一通り学んでいるつもりでしたが、抜け落ちている部分もありました。理系の社員といっても化学系の人間もいれば生物系の人間もいるので、座学研修で力学の計算などの基礎的な知識を一から学べるのは、非常に有益なのではないでしょうか。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 現場研修と座学研修、両面から業務を学ぶ
山九の新入社員は、長崎県の「平戸錬成館」で行われる約3週間の研修に参加した後、技術系のみ「機工マスターコース」という3年間の能力開発プログラムに進みます。1年間の集合研修と各拠点に配属されてから2年間の実務研修が実施されるのですが、特に集合研修のカリキュラムは充実しています。
 
これまでのキャリア 2度目の現場研修にてプラント工事部 東日本工事事業所に所属

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

同期と築いた信頼関係も、大きな財産に!!
山九の「機工マスターコース」は同期と1年間を過ごすことによって、それぞれの特性が分かるようになり、その後の仕事で一緒になる際もスムーズに意思疎通が図れています。当然、絆も深まりましたね。たくさんの同期と、ともに学び、ともに成長していける。これも「機工マスターコース」の魅力だと思います。

山九グループ(山九株式会社/山九プラントテクノ株式会社/山九重機工株式会社)の先輩社員

着実に経験を積み世の中を支える人材に

海外プロジェクト部 プロジェクト第一グループ
中尾 悠士
東京大学大学院 工学系研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる