株式会社 光文書院
コウブンショイン
2021
業種
出版
教育関連/商社(教育関連)/各種ビジネスサービス/文具・事務機器・インテリア
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

光文書院は、日本全国2万校の小学校を取引先に、教材・教具・教科書を開発・提供している出版社です。
ここ数年、ICTを活用した授業の推進など、小学校教育を取り巻く環境は大きく変化しています。
私たちは日々情熱をもって子どもたちと向き合う小学校の先生方をサポートし、一人ひとりの子どもたちに貢献できるよう、今の時代にあった教材のあり方を考え、柔軟な発想とアイデアを駆使して教材・教具開発に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

コーポレートマークのひまわりは希望に満ち溢れた子どもたちの姿

“学ぶことが好きになる。”とは、学ぶ意欲が心の底から湧き上がってくることであり、無心に没頭することです。学びの楽しさに没頭しているときには、壁を乗り越え新しい能力や自信を身につけることができるものです。光文書院では、"学ぶことを楽しむ子どもたちであふれる未来を創造する"をビジョンに掲げ、子どもたちの学習意欲を呼び起こし、子どもたち自身が本当にやりたいことを発見できる教材開発を行っています。私たちは、教材開発を通じて、教材を使用する子どもたちだけでなく、光文書院で働く社員も“学ぶことが好きになる。”という想いを持って日々新しいことにチャレンジしています。

戦略・ビジョン

ICTの活用、デジタル教材の推進により多様な教育の実現を

ICTを活用した教育の効果は小学校の教育現場でも広く認識され、ICT先進自治体では既に子ども1人に1台のタブレット端末を導入している公立小学校もあります。教材開発においては「いかにICTを活用し、紙とデジタルを連動させて学びの場を楽しく効果的なものにできるか」が重要テーマです。当社でも業界に先がけてデジタル教材開発に取り組み、紙教材との相乗効果を図る取り組みを推進しています。光文書院デジタル教材プラットフォーム「ひまわりポケット」より提供されるデジタル教材は、先生方からも高い評価をいただいています。これからも時代のトレンドに合わせた新しい学びのスタイル、サービスを提供し、業界最先端を実現していきます。

社風・風土

今までの当たり前を捨て社員一人ひとりが集中し創造する働き方へ

光文書院ではここ数年働き方改革を行ってきましたが、2018年には従来の紙が積み重なるオフィスを脱却し、ペーパーレスの全く新しいコンセプトのフロアへオフィス変革を行いました。意識を変え行動を変え、新しい視点、発想、アイデアから新しい価値を生み出すことを目指し、オフィス環境全てを刷新したもの。自らのワークスタイルに合わせ毎日働く場所を選ぶフリーアドレス環境です。その他、週1回会社以外で就業を認める「サテライトワーク」制度や、アイデアを生み出すために時間を使える「アイデアタイム」を導入しています。これからも既存の働き方に留まることなく、新しい価値を生み出すための働き方改革を行い、変わり続けていきます。

会社データ

事業内容 小学校用図書教材、小学校用教科書・副読本、教育書、小学校用教材・教具の開発・出版

[取扱商品]
テスト、プリント、ドリル、資料集、季節教材、音読集、音楽教材、教科書、副読本、教育書、教務用品、新1年生用品、算数用具、画材セット、書写セット、裁縫セット、布教材、
総合評価支援システム、デジタル教材
設立 昭和3年2月(創業)
昭和20年11月(設立)
資本金 4,300万円
従業員数 70名
売上高 80億円(2018年3月期 光文グループ実績)
代表者 代表取締役社長 長谷川 知彦
事業所 本社/東京都千代田区五番町14
加盟団体 日本図書教材協会、全国図書教材協議会、教科書協会、日本書籍出版協会、日本出版クラブ等
取引先 全国2万校の国・公・私立小学校
グループ会社 光文書院流通センター株式会社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)