社会福祉法人睦月会ムツキカイ

社会福祉法人睦月会

障害児・者支援【通所・入所施設/総合福祉サービス/介護】
業種 福祉・介護
本社 東京

先輩社員にインタビュー

ケアホーム西東京
橋本(30歳)
【出身】神戸医療福祉大学  社会福祉学部介護福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 施設長。管理業務
施設長として職員の勤務管理や施設管理、財務管理を行っている。日々の支援内容を確認し、精査しより良い支援へ繋げることを行っている。職員が一丸となって支援に取り組み、利用者が日々変わっていく姿が見て取れることが面白さや喜びを感じる場面である。グループホームとして、生涯支援を行うこと、またどんな障害があっても地域で生きることを実現していくことが日々の課題である。その中で、利用者がグループホームに住み始めて3年目ということで「その人らしさ」が出てきている段階であり、一人ひとりの個性を活かせる支援を考えていくことが重要となってきている。どんな障害があっても地域で生きることのチャレンジでもあるグループホームなので、常に変わることを怖れず、変わることを楽しむことを大切にしている。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
職員が一丸となって支援を行い利用者が安定した
利用者全体を見る立場であり、一人ひとりと接する機会は少なくなってくるが、職員と共に支援を考え、話し合い、落ち着きがなかった利用者が落ち着いてきたり、身体を少し動かすことで利用者が身体を動かしやすくなったり、気持ちが安定することがあった。その時に対人の仕事であるが故に数字には起こせないが、職員が一丸となって取り組めたからこその結果である。本当に支援方法が合っているのか正解がない中で不安や葛藤を繰り返し行なえたことに喜びを感じた。特定の利用者だけでなく、話し合いを行い、当たり前って何なのか、利用者の特性を理解していくことその中での支援を考え、実行していくこと、より良い支援方法を考えることの大切さが重要だと学んだ。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 福祉における新たなチャレンジを行っていることが魅力的だった。
就職活動として、前職の事業所とは違う形で、どんな人でもどんな障害があっても地域で生きていくことを考えている、スキルアップ、キャリアアップができる職場を探していた。就職活動らしいとは思えないが、とにかく興味のある講演会には足を運び続けていた。多くの情報(国の動きや他法人の情報)を収集する場としては活用できると思う。なぜこの法人に決定したのかは、現法人理事長の講演会や実際に新たなチャレンジを行っているところを見学し、目の当りにし、自分自身もこの法人の中で携わってみたいと思い決意した。また、スキルアップや管理としての勉強も徐々にできていくこともポイントとなった。
 
これまでのキャリア 前職:居宅介護支援事業所サービス提供責任者(6年間)→当法人へ転職:支援課長(7か月)→施設長(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

しっかりと企業を見極めること、その中で自分らしさがどう活かせるかをアピールすることが大切。また、就職活動や勉強なども含めて、自ら動くこと、自ら学びに行くことがすごく大切だと思います。仕事においては報連相ができること、「考動」ができることが重要だと思います。どちらにしてもバイタリティがあることが成長していく過程で必要なことなのだと思っています。

社会福祉法人睦月会の先輩社員

相談支援専門員。 障がい児・者のサービス等利用計画作成、その他相談支援

地域活動支援センターブルーム
石塚
4年制の福祉系大学 福祉学部

地域活動支援センターの支援員。相談員。

地域活動支援センターブルーム
荒井
4年制の福祉系大学 社会福祉学部 社会福祉学科

障害を持つ子どもの療育、支援

ジョブチャレンジひばり(児童デイ)
佐藤
筑波大学 情報学部

知的障害者支援。主に作業の補助。

ほうや福祉作業所(就労継続B)
羽生田
日本社会事業大学 社会福祉学部 福祉計画学科

障害児の日常生活を過ごす能力を高めるための支援。

療育型児童デイサービスさざんか
岩松
目白大学 人間学部人間福祉学科

支援員

児童発達支援事業みらい
頴川
早稲田大学 人間科学部健康福祉科学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる