神星工業株式会社
シンセイコウギョウ
2021

神星工業株式会社

デンソーグループ/自動車部品製造/輸送機器/生産設備
業種
自動車
輸送機器/金属製品/半導体・電子部品・その他/機械
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

当社はデンソーグループの一員として、
主にデンソーから生産の移管を受けた自動車の電装部品
(スタータ、オルタネータ、マグネットクラッチコイル、インバータなど) を製造しています。
新車への搭載部品はもちろんのこと、  
その車種の生産終了後もユーザー様が 大事な車を長く乗り続けて頂く為の補給部品の生産も行っています。
自動車を「安心して長く乗り続けていくため」私たちは重要な役割を担っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界のDENSOを支える自動車電装品の専門メーカー。

創業直後よりデンソー(当時は日本電装)から依頼を受け、60年に亘り世界のDENSOを支えています。当社の電装部品は新車へ搭載される一方でモデルチェンジ後の車にも搭載されます。このような部品を「補給部品」と呼ぶのですが、長く大事にクルマを使われている世界中のユーザー様がこの先、部品の交換が必要になった際でも、安心して乗り続けていただけるよう、私たちは重要な役割を果たしています。原則、その部品を求められるお客様がいる限り生産し続けることが神星工業の使命であり、責任です。 創業60周年を機に、新たな領域である電動化製品にも挑戦していくなど、今後も積極的に事業を展開していきます。

戦略・ビジョン

“多品種中少量品”の生産で、世界トップを目指す。

当社の強みは、多品種中少量品で、世界トップクラスの品質とローコストを実現していること。しかも、単に自動車の部品を生産するのではなく、機械加工からアッセンブリ(組み付け)まで一貫して行い、完成品をメーカーに直接納品できる体制を整えていることが特色です。そして、同じラインで通常なら数品目程度のところ、当社では最大1800品目を生産できる柔軟な生産システムや設備を考えて実現する「生産技術力」が、他社には負けない大きな強みとなっています。デンソーから生産を移管する場合も、生産ラインをそのまま持ってくるのではなく、当社で効率的に生産できる生産設備や工法を考えることで、コストダウンを実現しているのです。

技術力・開発力

SHINSEIにしかできないモノづくりを推進!

高い生産技術力を活かして、“SHINSEIにしかできないモノづくり”を極めていきます。当社は多品種中少量生産を行っていますから、同じ生産ラインを使って、異なる製品を作る事で、効率的な生産を実現しています。大量生産ラインなら数品目の製品を作るのが限界ですが、当社では独自の発想で1800品目も作ることを可能しました。あるいは、これまではアルミのフレームに別の製品を圧入する時に、工業用ドライヤーで温めていましたが、高周波加熱器を導入して瞬時に加熱することに成功。作業時間を大幅に短縮できました。この他にも人とロボットが共存して加工するシステムの導入など、新しい技術を積極的に取り入れています。

会社データ

事業内容 インバータパワーコントロールユニット(ハイブリッド車向け)
スタータ
オルタネータ
コントローラデバイスなどの
各種自動車用電装部品の製造

※多品種中少量生産を得意としており、
部品の製造からアッセンブリまで一貫して取り組める体制を確立しています。
大量生産とは異なる、我々にしかできないモノづくりをテーマに掲げて、
自動車が長期間にわたって安全に走れるようにするための「電装部品」の生産で、
社会及び自動車業界に貢献しています。

※将来を見据えて、当社の「新たな領域」となる電動化製品にも挑戦していきます。
設立 1957年8月
資本金 3億円
株主構成 (株)デンソー/34%
ほか
従業員数 487名(2018年3月末現在)
売上高 240億円(2018年3月期)
225億円(2017年3月期)
代表者 代表取締役社長 佐治良平
事業所 本社・広美工場/愛知県豊田市広美町北繁82番地1
上郷工場/愛知県豊田市上郷町城下41-1
鳳来工場/愛知県新城市海老奴田畑25-1
物流センター/愛知県豊田市福受町下ノ切225-1 カリツー(株)岡崎物流センター内
パーツセンター/愛知県豊田市福受町中ノ切214-1
特機工場(特機事業部)/愛知県豊田市永覚町深田18-1
関連会社 SHINSEI KOGYO(THAILAND)CO,.LTD.
株式会社マルイ 矢作工場
株式会社マルイ 根羽工場
神星グループ会社 株式会社シンテックホズミ
株式会社GSエレテック
神星工機株式会社
株式会社神星
神星電機株式会社
主要取引先 (株)デンソー
沿革 1957年08月 資本金150万円で神星電機工業株式会社を設立
1958年05月 資本金350万円に増資。トヨタ系各社の協力工場として発展
1959年04月 「電装協力会」発足、会員となる。刈谷市元刈谷に巻線工場開設
1960年01月 刈谷市丸田町に新工場開設。本社とする。
1960年12月 社名を神星工業株式会社に改称。神星電機株式会社を設立
1964年12月 愛知県知事から優良工場の表彰を受ける
1965年04月 電装協力会の労務部会長・経営部会長に就任
1966年12月 豊田市上郷町に豊田工場(現上郷第1工場)建設
1976年04月 電装協力会の会長に就任
1978年05月 資本金を7,200万円に増資。4階建ての新工場を建設
1980年07月 電装協力会・機工会の会長として労働大臣賞受賞
1982年04月 豊田市永覚町に豊田第2工場(旧上郷第2工場)を建設
1985年03月 豊田第3工場(現上郷第3工場)を建設
        資本金1億4,400万円に増資
1986年03月 日本電装より品質管理賞を受賞
1990年05月 新豊田第2工場(現上郷第2工場)を建設
1991年06月 愛知県鳳来町(現新城市)に鳳来工場完成
1995年09月 資本金2億5,000万円に増資。デンソー関係会社となる
1997年12月 資本金3億円に増資
1999年02月 豊田市広美町に広美工場を建設
2002年08月 SHINSEI KOGYO(THAILAND)Co.,LTD.を設立
2004年01月 豊田市福受町に物流センター開設
        ISO9001認証取得
2004年12月 ISO14001認証取得
2006年09月 広美第2工場開設
2012年11月 EHV部品生産開始
2016年12月 本社を刈谷市丸田町から広美工場へ移転登記
2018年03月  IATF16949認証取得
2018年10月  豊田市福受町にPARTSセンター開設 
60年の歴史を振り返ると 1957年8月に創業した当社は、2017年8月に創業60周年を迎えました。

60年を振り返って見ると、
第一世代(1957年~1984年)は巻線を中心とした事業を展開。
第二世代(1985年~1999年)は、電子事業に力を入れた時代。
第三世代(2000年~2015年)は、アッセンブリにも事業を拡大。
第四世代(2016年~)は、従来の製品に加え、
 これからの「核」となる熟成製品の生産を開始。
 そして、当社の未来の柱として育てたい「電動化」製品に力を入れていきます。

「電動化」製品とは、今後の自動車の中心となる
ハイブリッド車や電気自動車などに必要となる製品のことです。
企業理念(創業の精神) 誠実
 何事にも「まごころ」をもって取り組みます
和合
 一人ひとりの力を伸ばし、和をもってより大きな力へ高めます
挑戦
 夢の実現に向けて、勇気を持って挑みます
探求
 愚直に粘り強く、技術・技能を究めます
感謝
 お客様・仲間、そして家族に感謝の気持ちで励みます
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)