株式会社合同資源ゴウドウシゲン
業種 化学
鉱業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

千葉事業所 鉱業部 管理課
菅原啓太(30歳)
【出身】秋田大学 大学院  工学資源学研究科 地球資源学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 私の仕事は「水溶性天然ガスの井戸掘削・管理」です。
鉱業部は天然ガスとかん水の生産を行っています。私が所属する管理課坑井係ではガス井戸の開発計画立案から掘削現場の管理、完成後の管理まで、井戸に関連する業務を行います。また、既存のガス井戸の計測、圧力・温度の測定をして、異常がないかを調査したり、井戸にトラブルがあれば修復したりと、井戸の生産能力の維持・向上に努めています。200本近い稼働井戸を管理するのは非常に大変ですが、規模が大きいだけにとてもやりがいがある仕事です。
 社外の活動では業界8社で行う共同研究に携わっており、各社共通で抱えている問題についての研究を行っています。まだまだ奥が深く、いろいろと勉強になります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規開発を手がけて。
新規開発を行うには周辺環境に影響を及ぼさないように、事前に開発によって生じる地盤の変動をシミュレーションで予測・検証する必要があります。そのシミュレーションを入社3年目のときに担当しました。目に見えない地下状態を予測するのは非常に想像力がいる作業で、試行錯誤を繰り返すも上手くいかない期間が続きましました。ただ、こういった場面でも大学で得た知識、培ってきた忍耐力が役立ち、また、先輩方から多くのアドバイスをもらって、無事新規開発に着手できることになりました。終わったときは達成感が大きかったですが、この作業を通して新しい知識をたくさん吸収したことで成長できたと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学んだ知識を活かせる仕事に。
一番は大学で学んだ知識が活かせるからです。学生時代は石油・天然ガス資源の開発にかかわる勉強をしており、将来はその専門性を活かした職に就きたいと考えていました。当社については、在席していた研究室との共同研究をきっかけに深く知り、資源の乏しい日本において、国産の資源の開発に力を入れていることに魅力を感じました。そしてなにより、やりがいのある仕事をたくさん発掘できると思い、入社を決意しました。
 また、大学の先輩が多いのも理由の一つです。なにか困ったことがあれば相談に乗ってくれます。
 
これまでのキャリア 平成26年4月入社
同年7月 千葉事業所 鉱業部 生産課
平成27年10月 同部 管理課 (現在に至る)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は私みたいに大学の専門性を活かした仕事を選ぶ人もいれば、興味のある仕事を選ぶ人、将来性のある会社を選ぶ人などいろいろいるかと思います。ただ、中途半端な志望動機で面接に望んでも結果はついてきません。限られた時間のなかでリクルーターや学校の先輩などから直接情報を聞き、自分が会社に入って何をやりたいのか、しっかりと将来のビジョンを描いた上で面接に望んで欲しいと思います。
 あとは睡眠・食事をちゃんと摂って体調を万全にしてください。

株式会社合同資源の先輩社員

私の仕事は、「有機ヨウ素化合物の製造」です。

千葉事業所 機能ヨウ素製品部 製造グループ(同部 開発試験グループ 兼務)
市野慶祐
東京工業大学 大学院 理工学研究科 物質科学専攻

私の仕事は「有機ヨウ素化合物関連の研究」です。

本社 技術研究所 有機合成グループ
野田鷹裕
北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる