社会福祉法人 みのり村ミノリムラ
業種 福祉・介護
本社 大分

先輩社員にインタビュー

杵築障がい福祉部
河野世里香(26歳)
【出身】西南女学院大学  保健福祉学部福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 目指せ福祉ジェネラリスト
私たち生活支援員は、施設で生活する障がいがある方が、安全により快適に生活してもらえるようお手伝いをさせて頂いてます。障がいの特性を把握しご利用者に寄り添い、安心して生活が送れるよう日々支援しています。
主な仕事内容としては、食事などの日常生活の支援やレクリエーション、障がい者アート活動を行なっています。知的障がいや発達障がい、認知症といった幅広い知識を必要としますが、働きながら得られることが多くあり、福祉ジェネラリストを目指すことができます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
シンプルだけどやっぱり嬉しい「ありがとう」の言葉
シンプルなことですが、ご利用者から「ありがとう」と言われると嬉しいです。以前片麻痺のあるご利用者の介助中、当事新人の私が上手く介助できず時間がかかり、そのご利用者に「すみません」とお詫びをしたら、「こちらこそ、すみませんやわー、ありがとう」と笑顔で応えてくださいました。時間がかかり申し訳なく感じていた私に、御礼まで返してくれたことにとても驚きました。
その時の想いがいまだに忘れられません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 暖かく笑顔いっぱいの雰囲気が好き
生まれ育った杵築市で、大学で学んだ福祉の知識を活かしたい、地元に貢献したいという気持ちがあり、福祉施設を調べていると、西日本で一番歴史のある「みのり村」が目に留まりました。 
実際に施設を見学してみると、暖かく清潔感のある館内には、ご利用者とスタッフの笑顔に包まれていました。障がいがある方とどう接して良いかわからずドキドキしていた私に、屈託のない笑顔で声をかけてくれたご利用者にホッとさせてもらったことを今でもはっきりと覚えています。
「この暖かい雰囲気」と「ご利用者の笑顔と優しさ」を多くの人に知ってもらいたい思い、この職場を選びました。
 
これまでのキャリア 卒業後、みのり村に入職(平成27年度)→障がい者支援施設白萩園に配属(現在に至る)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私の場合は地元で働きたいという気持ちが強かったので、杵築市近辺にある福祉施設を調べ、興味がある施設はすべて見学しました。また、福祉の仕事就職説明会へ行き働いているスタッフの話を聞き、自分が働きたい施設像を明確にしました。実際に職場へ足を運ぶことで、働く職場の雰囲気を肌で感じることが大切だと思います。

社会福祉法人 みのり村の先輩社員

施設・スタッフを支える縁の下の力持ち

高齢者福祉部
高森一暢
日本文理大学 工学部 情報メディア学科

高齢者の自立した生活を支援

高齢者福祉部
末次 恵美
別府大学短期大学部 専攻科福祉専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる