社会福祉法人 みのり村ミノリムラ
業種 福祉・介護
本社 大分

先輩社員にインタビュー

高齢者福祉部
末次 恵美(32歳)
【出身】別府大学短期大学部  専攻科福祉専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 高齢者の自立した生活を支援
デイサービスセンターは高齢者がご自宅から通いながら、入浴、食事、レクリエーション、リハビリテーションなどのサービスを受けられる施設です。 ご利用者とご家族の方の精神的・体力的な負担を軽減し、日々の楽しみを見つられるよう支援する大切な仕事です。
 みのり村の菩提樹デイサービスセンターでは、血圧や体温といった健康管理だけではなく、レッドコードというリハビリ器具を用いた筋力アップに力を入れ、ご利用者の機能向上を図り介護予防に取り組んでいます。その他にも、ゲームや頭の体操、創作活動などのレクレーション活動を通して、ご利用者と共に笑い、共に楽しむことができる仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ご利用者やスタッフから元気がもらえる
ご利用者が入浴した後に「気持ちがよかったぁ」と笑ってくれたり、一生懸命考えたレクリエーションを「楽しかった!準備とか大変やったやろ?」と労ってくれたりすると、私の顔にも自然と笑みがこぼれます。また、「あんたの声を聞いて元気が出た!」と声をかけてくれたり、スタッフ同士のやり取りをみんなで大笑いしたり、挙げたらキリがないくらい、みなさんにいつも元気をもらっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 和やかなで、助け合う職場環境
私がみのり村に就職するきっかけは福祉の職場説明会でした。短大の時と専攻科の時と2回、説明会に参加しました。担当されていた方の話し方や雰囲気がとても柔らかく、そして何より2回目の説明会で1年前に受けた私のことを覚えていてくれた事が「縁」だと感じ、ここで働こうと思いました。実際に働くと入職前の印象通り、優しい先輩や同僚、職場のスタッフに恵まれ、楽しく充実した仕事ができ、子育てにも協力的で感謝しています。
 
これまでのキャリア みのり村に入職(平成20年度)→特養菩提樹にて介護士を2年(産休・育休)→デイサービス菩提樹にて介護士を1年(産休・育休)→復帰後、介護士兼相談員を1年(産休・育休)→復帰後、介護士(現在に至る)

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 高齢化社会について考える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は保育士を目指して短大に入りました。2年間学び、就職を考えましたが、実習や授業の中でもっと福祉について学びたいという思いもあり、福祉専攻科へ進学しました。結果、進学したことで介護福祉士の資格も取れ、自分のやりたいことを見つけることが出来ました。在学中に取れる資格はできるだけ取り、学んで、就職できる職業の幅を広げてほしいと思います。

社会福祉法人 みのり村の先輩社員

施設・スタッフを支える縁の下の力持ち

高齢者福祉部
高森一暢
日本文理大学 工学部 情報メディア学科

目指せ福祉ジェネラリスト

杵築障がい福祉部
河野世里香
西南女学院大学 保健福祉学部福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる