株式会社宮崎観光ホテル
ミヤザキカンコウホテル
2021
業種
ホテル
本社
宮崎

私たちはこんな事業をしています

宮崎県随一の老舗ホテルとしての伝統に培われたお客様との信頼関係を大切に保ち続けるとともに、積極的に新しい施設、サービススタイルを追求し、進化を続けているホテルです。
また、調理課に関しては、一流の職人による和食、洋食、中華など幅広い視点、ジャンルから喜んでもらえるように日々味はもちろんのこと、空間作りやサービスの追求を行っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

創業60年の歴史は宮崎県の歴史とともに。

弊社は1954年の創業以来、宮崎の観光を支えてきた由緒あるホテルです。宮崎を代表する宿泊施設として、数々の有名な方著名な方々に長く愛されてきました。その歴史を紐解くと、宮崎における交通網の整備や大きなイベントの際に、当ホテルも変革の局面を迎えております。例えば弊社設立の翌年に、日南海岸が国定公園に指定されました。国鉄日南線が全線開通した1963年の前年には、新館が完成。最近では2006年の国道218号開通にあわせて立体駐車場をオープンさせるなど、時代の流れを先読みした企業戦略を展開しております。これからも宮崎とともに歩み続けていくつもりです。

事業優位性

ホテルだけじゃない。新たな可能性を探って。

宮崎観光ホテルは宮交グループ6社のうち観光に携わるサービス分野を主に担う企業です。ホテルとしては、伝統に培われたお客様との信頼関係を維持しつつ、積極的に新しい施設、サービススタイルを追求することで、多くの方に「選ばれるホテル」となりました。一方でホテル業に付随するインショップやブライダルサロンなども運営。最近ではフィットネスや英会話、ホテル運営の受託(コンサルティング)などの新しい業態への挑戦にも積極的に取り組み、新たな可能性を探っているところ。弊社には伝統と挑戦の精神が息づいています。

社風・風土

トップクラスのサービスは人材力により支えられています。

宮崎観光ホテルでは、従業員に“人間としての自立”を求めます。自分という人間を理解し、主体性を持ち自ら企て行動する。そして達成に向けて努力をする。もちろん結果が出る時もあれば、そうでない時もあるでしょう。しかし、反省を次の“企て”に活用できる、そんな人物を願わずにいられません。現在、スタッフの30%が20代。各々が資格取得や語学力向上に励み、社外のコンクールへも自発的に参加するなど、自立への道を歩んでいます。「技能五輪全国大会」の「レストランサービス部門」へ、宮崎県代表として幾度も出場しており、大会優勝者、世界大会出場者も輩出し、全国トップレベルのサービスが実現しているのです。

会社データ

事業内容 ■ホテル業、ホテルの運営事業・運営指導
・客室    宮崎観光ホテル(洋室・和室・和洋室 全348室)
       エムズホテルクレール宮崎 全156室
       他、特別室など11タイプの客室
・宴会場   12会場(大ホール2 中ホール5 小ホール5) 
・温泉
・レストラン 宮崎観光ホテル(レストラン・ラウンジなど全7店舗)
       エムズホテルクレール宮崎 1店舗
○現在、レストラン2店舗をリニューアル中。
 平成30年2月と6月にリニューアルオープン
・インショップ
・パン、ケーキ
・フラワーショップ
・ブライダルサロン
・マッサージ
・英会話教室
・フィットネスジム
・雑貨
設立 1954(昭和29)年10月8日
資本金 1億円
従業員数 340名(2018年1月26日現在)
売上高 36億9,000万円(2016年度実績)
代表者 代表取締役社長 田川 勝美
事業所 宮崎観光ホテル
〒880-0865 宮崎県宮崎市松山1丁目1-1
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)