トピー実業株式会社
トピージツギョウ
2021

トピー実業株式会社

鉄鋼専門商社
業種
商社(金属)
商社(自動車・輸送機器)/商社(機械)/商社(建材・エクステリア)/商社(事務機器・OA関連)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【東証一部上場:トピー工業グループの中核を担う鉄鋼専門商社】
当社は、主に鉄鋼原料を扱うマテリアル事業、建設鋼材や建機部品、プラントエンジニアリングを手掛けるプロジェクト事業、自動車用ホイールを扱う自動車部品事業の3つの事業領域を持つ商社として、国内を中心に様々な業界と密接に関わっています。
「名前を聞けば知っている」企業ではないですが、「縁の下の力持ち」として経済と産業の発展に貢献しています!

当社の魅力はここ!!

仕事内容

社会を支える「鉄」を扱う。

当社は、鉄鋼専門商社として「鉄」に関するあらゆる商材を取り扱っています。主にマテリアル事業では『鉄スクラップを中心とした鉄鋼原料の販売・輸出入』、プロジェクト事業では『鋼材の販売・総合エンジニアリングサービスの展開・建機部品の販売・輸出入』、自動車部品事業では『各種車輌用ホイールの企画・販売・輸出入』をメインに、それぞれメーカー・ゼネコン・ディーラー・量販店等の幅広い業界のお客様と関わっています。BtoBの商材がメインとなるため知名度は高くありませんが、実は各分野で高いシェアを誇る豊富な商材を多数取り扱い、見えないところで社会の基盤を支える仕事をしています。

魅力的な人材

個の力を活かす“少数精鋭主義”

当社では創業当初から「少数精鋭主義」を貫いており、社員1人1人がプロフェッショナルとして活躍しています。若手社員も一戦力として、入社直後から主要な業務に関わる機会が多いため、早期から活躍できるフィールドが整っています。また、1人の営業パーソンがビジネスの受注から、商材の仕入・販売、代金回収にいたるまでの一連のプロセスを幅広く担当しているのも特徴です。ビジネスの流れに一貫して携わることができるため、多様な視点から考察する能力を養うことができます。そして、こうして培われた個の力を結集し、チーム一丸となって行動することで、新たなビジネスの創出を実現しているのです。

戦略・ビジョン

創業70周年を超えて、次の未来へ。

創業72周年を迎える今年は、2019年4月にスタートする第8次中期経営計画の初年度にもあたります。前回の第7次中計では『豊潤なる企業』をキーワードに、“経済的な豊かさ”と“精神的な潤い”を兼ね備えた企業の実現を目指して、社員と企業が共に充実し、発展していくことを重視したテーマを設定していました。また、今後の成長戦略として、これまで国内をメインに築いてきた既存領域のビジネスの深化、更なる新規商材・販売先の開拓、グローバル展開を含めた事業領域の拡大という目標も掲げています。当社を支える3つの事業領域のそれぞれにおいて目標を達成するために、新しく始まる中計でも全社一丸となって様々な取り組みを行っていきます。

会社データ

事業内容 当社の主要3事業部のビジネスについてご紹介します!
それぞれの部署で働く個性豊かな社員たちのプロフィールは、当社マイページに掲載しておりますので、エントリーフォームからご登録をお願いいたします。


■マテリアル事業部

《主要業務》
鉄スクラップを中心に、各種鉄鋼原料・関連資材等の輸出入および販売を行っています。原料を安定的に供給することを使命とし、国内外の鉄鋼メーカーに商品を納入しています。

《主要取扱商材》
鉄鋼原料関連:鉄スクラップ・銑鉄・粒銑・シュレッダー母材・配合材etc.
副原料・資材関連:合金鉄・電極・耐火物・加炭材etc.
非鉄金属関連:アルミ地金・錫地金・鉛地金etc.
レアメタル関連:ニッケル・ビスマス・タングステンetc.

《主要取引先》
東京製鐵株式会社・株式会社日本フィラーメタルズ・三興製鋼株式会社etc

《特 徴》
マテリアル事業部が鉄鋼メーカー向けに販売する鉄・非鉄スクラップの総量は、年間およそ100万トン!基本的には既存取引先へのルート営業がメインですが、新たなビジネスフィールドを開拓するため新規開拓営業にも注力しているのが特徴です。


■プロジェクト事業部

《主要業務》
当事業部は、取扱商材ごとに営業部が分かれているのが特徴です。
□鉄鋼・建設営業部:各種鋼材の国内販売および輸入
□プロジェクト営業部:生産設備の販売・メンテナンス
□建機部品営業部:建設機械部品の販売および輸出入

《主要取扱商材》
□鉄鋼・建設営業部
 鋼材関連:各種形鋼、鉄塔材、異形棒鋼、広幅平鋼etc
 建築資材関連:鋼構造物、極厚広幅平鋼、アルミサッシetc
 土木加工品関連:支保工、遮音壁支柱、ロックボルト、アーチインバートetc

□プロジェクト営業部
 機械設備関連:スチール製鋼圧延設備、ホイール生産設備、産業用ロボットetc
 その他設備関連:事務用什器備品・空調設備・セキュリティ設備etc

□建機部品営業部
 建設機械部品関連:履帯部品、シティパッド、カッティングエッジetc

《主要取引先》
鹿島建設株式会社・株式会社大林組・株式会社岡村製作所・株式会社加藤製作所・株式会社日立製作所etc

《特 徴》
□鉄鋼・建設営業部
建設関連では、首都圏の交通インフラをはじめとする有名案件を多数手掛けており、年間の工事受注件数は100件以上にも上ります!2020年以降に控える国内大規模イベントに向けて、需要の取り込みを行っています。

□プロジェクト営業部
鉄鋼需要の増加に伴い稼働率の高まる国内メーカー設備の納入・メンテナンスを安定的に行うため、常時1,300社以上の仕入先を有しています!現在はトピーグループ内での取引をメインに行っています。

□建機部品営業部
世界に轟くトピーブランドを武器にした営業で、国内大手建機メーカー5社に対する納入シェアは70%以上を獲得しています!今後は東南アジアでの需要増加を背景に、さらなる飛躍をめざします。


■自動車部品事業

《主要業務》
乗用車・大型車輌・特殊車輌等のスチールホイールからアルミホイールまで、幅広いホイールの企画・調達・販売および輸出入を行っています。

《主要取扱商材》
トラック・バス用ホイール:チューブレスホイール、エクスライトetc
乗用車ホイール:スチールホイール、国産車用アルミ、輸入車用アルミetc
自動車関連部品・用品:タイヤチェーン、エアバルブ・関連用品、LED・省電力パーツetc

《主要取引先》
アイシン精機株式会社・いすゞ自動車株式会社・日産自動車株式会社・日野自動車株式会社・三菱自動車工業株式会社・トピー工業株式会社etc

《特 徴》
自動車部品事業部では、国内シェア90%を誇るトピー工業製のトラック・バス用ホイールを中心に多種多様なホイールの販売を行っています!これまでに築いたネットワークを生かして自社開発アルミホイールの販売も手掛けており、商社としての枠組みに囚われないダイナミックなビジネスを展開しています。
設立 1947年3月31日
資本金 4億8,000万円
従業員数 291名(2018年3月末)
売上高 1,034億8,068万円(2018年3月末)
代表者 代表取締役社長 木嶋 伸一
事業所 《国内21拠点の幅広いネットワーク》
■本社(1):東京都(品川区)
■支店(4):宮城県(仙台市)、愛知県(豊橋市、名古屋市)、大阪府(大阪市)
■営業所(13): 北海道(札幌市)、埼玉県(さいたま市)、東京都(中央区)、神奈川県(綾瀬市)、新潟県(新潟市、長岡市)、長野県(松本市)、石川県(白山市)、愛知県(豊川市、安城市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市、京都郡)
■加工センター(1):愛知県(豊橋市)
■スタジオ(1):東京都(江戸川区)
■出張所(1):香川県(高松市)
□海外拠点(1):台湾支店
グループ会社 トピー工業(株)、(株)オートピア、(株)トージツ、エヌイー・トージツ(株)、三和工業(株)、トピー実業(大連保税区)有限公司、トピーファスナー工業(株)、トピーファスナー(タイランド)リミテッド、トピープレシジョン マニファクチャリング、トピーファスナー・ベトナム・カンパニー・リミテッド、トピーファスナーメキシコ、トピー海運(株)、明海リサイクルセンター(株)、明海ガス(株)、九州ホイール工業(株)、トピーアメリカ,INC.、福建トピー汽車零件有限公司、トピー パリンダ マニファクチャリング インドネシア、トピー・エムダブリュ・マニファクチャリング・メキシコ S.A. DE C.V、(株)三和部品、トピー履帯(中国)有限公司、トピー履帯インドネシア、明海発電(株)、(株)トピーレック、(株)トピーエージェンシー、北越メタル(株)、(株)北越タンバックル、北越工業(株)、(株)メタルトランスポート
沿革 1947年 3月
東都製鋼(株)(現トピー工業(株))の鋼材指定問屋として、
萩原商事(株)を設立。(資本金18万円)

1950年12月
東和綱機(株)に商号変更。

1955年12月
東都実業(株)に商号変更。

1956年 4月
東豊実業(株)を吸収合併し資本金を1,000万円に増資。

1964年 7月
日本車輪販売(株)の営業権を譲り受ける形で統合し、
商号をトピー実業(株)に変更。

1984年11月
台北に台湾支店を開設。

1991年 1月
明海リサイクルセンター(株)(鉄屑加工処理業)を設立。

2004年 3月
中国大連に東碧貿易(大連保税区)有限公司を設立。

2007年 5月
本社を東京都品川区大崎に移転。

2010年 4月
遮音壁支柱、支保工の供給体制確保のため、
豊橋加工センターを設立。

2012年7月
支保工事加工拠点の確保を目的に、
三和工業株式会社を買収。

2013年9月
インドネシアに、トピー工業(株)との共同出資にて
トピー履帯インドネシアを設立。

2015年10月
トピー工業(株)より「屋外メディア事業」及び「耐熱シート事業」を譲受。

2017年5月
設立70周年を迎える。
平均年齢 男 性:44.5歳 
女 性:41.0歳
男女計:43.7歳 
平均勤続年数 男 性:15.5年 
女 性:14.5年
男女計:15.3年
月平均所定外労働時間 8.5時間
※2017年4月~2018年3月実績
※当該残業時間は、残業時間の上限を保証するものではありません
有休取得状況 【取得率】
 69.8%
【平均有給休暇取得日数】
 13.5日
 ※2017年4月~2018年3月実績
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)