株式会社 宮城県食肉流通公社
ミヤギケンショクニクリュウツウコウシャ
2021
業種
食品
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

【説明会随時開催中】当社は国・県・市町村・農業団体の出資を受け昭和54年に設立されました。宮城県を中心として広域をカバーし、公共性を有する近代的な食肉流通の拠点として昭和56年に操業を開始しています。以来、生産者と消費者を結び「安全・安心な食肉」を提供する役割を果たし続けています。平成19年には食品の安全と高品質を確保するため国際的マネジメントシステムであるSQF認証の取得など意欲的に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

国際規格に準拠し、安全と安心を追求し続ける生産体制を構築

食品の安全と高品質を確保するための国際的マネジメントシステムであるSQFを平成19年に取得しました。また、細菌検査室を設置することで検査体制のスピード化を確立するなどの取り組みを実施し、平成30年には工場の全行程においてHACCPシステムの導入が完了しています。HACCPはアメリカのNASAなどで宇宙開発をおこなう上での食品に関する危険因子を特定し、安全を確保するためのシステムで、その有効性が実証されている国際規格です。このように常に最新の安全管理手法を取り入れ、消費者への責任を果たすための努力を続けています。今後も関係各機関との連携を緊密にし、社会的に貢献できる事業の推進をめざしています。

企業理念

社会的使命を担い、日本の食文化の安全と安心を守るために

日本人は世界でも有名な和食だけでなく、洋風・中華など世界各国の素材や料理を取り入れた豊かな食文化を築いています。安全で安心して口にすることができる食肉を消費者に届けること、食文化を守りそれを支える生産者にとって幅広い流通経路を確保することなど、社会的使命を持って日々の事業に誠心誠意取り組んでいます。常により高いレベルでの食品管理をするために、最先端機器を導入し、IT技術を活用したトレーサビリティなどの最新の情報提供をおこなっています。また、社員に対する教育にも力を入れ、高い倫理観と責任感を持って日々の業務に携わっています。社員一丸となって求められる役割を高い信頼で応えるために努力しています。

会社データ

事業内容 ○肉畜のと殺・解体
○食肉・副産物の処理加工および売買
○食肉の冷蔵・冷凍保管
○上記に付随する一切の業務
設立 1980年(昭和54年)5月31日
資本金 11億1400万円
従業員数 93名(平成30年9月末現在)
売上高 17億4800万円(2017年3月実績)
代表者 代表取締役社長 横山 亮一
事業所 ■所在地
〒987-0311
宮城県登米市米山町字桜岡今泉314番地
沿革 1980年(昭和54年)5月 会社設立
1982年(昭和56年)4月 操業開始 と畜枠(豚換算1日あたり800頭)
1985年(昭和60年)9月 と畜枠拡大(豚換算1日あたり900頭)
1989年(平成元年)11月 と畜枠拡大(豚換算1日あたり1,050頭)
1993年(平成4年)9月 伊藤ハム株式会社が当社工場併設事業所を開設
2001年(平成13年)4月 と畜枠拡大(豚換算1日あたり1,200頭)
2002年(平成14年)4月 と畜枠拡大(豚換算1日あたり1,450頭)
2004年(平成16年)4月 対香港輸出と畜場選定
2007年(平成19年)5月 国際認証「SQF2000」取得(豚と畜、部分肉加工、精肉加工部門)
2013年(平成25年)5月 認証規格が「SQF2000」から「SQF」に変更
2014年(平成26年)7月 対ベトナム輸出施設登録
2017年(平成29年)3月 細菌検査室設置により、自社での検査体制構築(外部委託との併用)
2018年(平成30年)4月 工場内全行程においてHACCP導入
2018年(平成30年)7月 対香港輸出食肉処理場選定
2018年(平成30年)8月 みやぎHACCP認証(SQF認証取得部門)
ホームページ http://www.m-mcc.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)